旅館・ホテル向け3密対策LINEシステム「三密代官」をキャディッシュ社と共同開発!本日よりベータ版を申込受付開始! - PR TIMES|RBB TODAY

旅館・ホテル向け3密対策LINEシステム「三密代官」をキャディッシュ社と共同開発!本日よりベータ版を申込受付開始!

IoTゲートウェイとBLEビーコン、LINEプラットフォームを活用したウィズコロナ時代の宿泊施設向けソリューション

LINE公式アカウント正規代理店のITソリューション企業 株式会社コネクター・ジャパンは、全国1,300以上の旅館・ホテルなどの宿泊施設が利用する宿泊予約システム「予約番」を提供する企業 株式会社キャディッシュと共同で、 旅館・ホテル向け3密対策LINEシステム「三密代官」を開発し、ベータ版の申込みを受付開始いたしました。



宿泊施設を利用する際の新型コロナウィルス感染症への対策・対応への関心は、旅行者の中でも日々高まっております。また、日本旅館協会や全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会などの宿泊施設関連団体は、業界団体におけるガイドラインを観光庁などの助言等を得ながら作成しており、各宿泊施設は規模や業態、地域などを考慮し、各施設の実情に合わせた対策を求められております。

三密代官は、コロナ禍において宿泊施設のゲストエンゲージメントの向上に寄与するソリューションとして、館内施設の予約機能、ルームサービス機能、チェックイン・チェックアウト機能など随時実装を予定しております。まずは、現在最も注目されている館内施設の混雑確認機能をベータ版としてリリースいたします。


■ ポイント


IoTゲートウェイとBLEビーコンを活用した混雑確認機能
圧倒的コストパフォーマンスで導入施設の負担を軽減
宿泊者はLINEを使った簡単操作でプライバシーも安心



■ 説明
1.宿泊者が館内施設を移動する際に持ち歩くルームキー等に、BLEビーコンタグを付けることで、レストラン会場や温浴施設などの館内施設に設置されたIoTゲートウェイが宿泊者の位置を検知し、各館内施設の宿泊者の人数を把握し、混雑状況としてスマホに表示することができます。




2.施設スタッフの操作は必要なく、自動化されているため生産性の向上、省力化に貢献します。 他社の類似ソリューションは、AIカメラやセンサーなどを用いるため、高額な端末代や工事費用など初期費用がかさみ、メンテナスや保守などの月額費用も導入施設の負担にになりがちですが、三密代官はIoTゲートウェイとBLEビーコンを活用することにより安価に環境を構築することができました。

3.宿泊者はスマホでQRコードを読み込み、施設のLINE公式アカウントと友だちになるだけで、LINEアプリから混雑状況の確認ができます。 ワンクリックで複数の館内施設の状況を一気に確認することができ、UI/UXにこだわった操作性で誰でも簡単に使用できます。システムにはカメラを用いないため、大浴場や脱衣所など温浴施設でもプライバシーの懸念もなく安心してお使いいただけます。

本システムを通して、お客様に安心・快適を提供するとともに、宿泊施設様の生産性の向上と省力化にも貢献してまいります。

■ LINEデモ

URL: https://line.me/R/ti/p/%40992atvxv


■ お問合せ
URL: https://3daikan.com/lp/


■ 販売元
会社名: 株式会社キャディッシュ
代表者: 代表取締役社長 千垣内順
本社所在地: 〒506-0045 岐阜県高山市赤保木町1169-7
設立: 1994年7月
事業内容:
1.インターネットホームページの企画・制作
2.旅館ホテル向けASPサービス「予約番」の開発及び販売
3.旅館ホテル売上アップコンサルティング
4.PC、ハードウェアおよびソフトウェアの販売
5.ソフトウェアの開発
6.企業内ネットワークシステム構築、サポート
URL: https://www.cadish.co.jp/


■ 開発元
会社名: 株式会社コネクター・ジャパン
代表者: 代表取締役 中濱康広
本社所在地: 〒101-0031 東京都千代田区東神田1丁目15-9 セントピア東神田ビル 4F
設立: 2013年12月
事業内容:
1.ホテルマーケティング事業
2.アウトソーシング事業
3.プロダクト事業
URL: https://cnctor.jp/


■ 商標について
「LINE」は、LINE株式会社の商標または登録商標です。
「QRコード」は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top