東京はおしゃれさ・大阪は店員の雰囲気を重視~東西ライフスタイル調査~ - PR TIMES|RBB TODAY

東京はおしゃれさ・大阪は店員の雰囲気を重視~東西ライフスタイル調査~

20代は東京より大阪の方がミーハー傾向

マーケティングリサーチ会社の株式会社アスマーク(旧株式会社マーシュ)(東京都渋谷区東、代表取締役:町田正一)は、東京・大阪の20~40代女性(独身・有職者)に東西のライフスタイル調査を実施し、その結果を2月19日に公開しました。 ※調査日は2019年12月17日(火)~12月20日(金)です。


【 調査結果 】
独身女性の取り込みは、飲食店・小売り・サービス業にとって重要なテーマとなっています。
そこで今回は、独身女性の好みやタイプ、スタイルを解明し、独身女性に支持される商品開発や店づくり、空間提供のヒントを得るための調 査を実施。また、生活文化の異なる東京圏と大阪圏、生活レベルの異なる20代・30代・40代での比較も試みました。

< トピックス >


20代は東京より大阪の方がミーハー傾向
東京は大阪より居酒屋デートが多い
東京はおしゃれさ、大阪は店員の雰囲気をみて店を選ぶ


< 理想のお店 >
Q.あなたが行きたいと思う理想のお店はどんなお店ですか。行きたいと思う順に上位2つまでお知らせください。(2つまで選択可)
東京はおしゃれさ・ドリンクの豊富さ・ソファを求める。大阪はおすすめ/日替わりメニューの有無・店員の雰囲気が東京を上回り、より飲食店のリアルな実力を求めているといえる。
大阪の20代はテレビやSNSの影響を受けやすいことから東京よりもミーハー傾向にある。また、東西ともに30代はソファに執着。




< お店ごとの利用目的 >
Q2.あなたは、前問でお答えのお店をどのような目的で利用することが多いですか。それぞれあてはまるものをすべてお知らせください。(それぞれ複数選択可)

東京は大阪より居酒屋でもデートし、女子会や趣味の集まりはファミリーレストランで行う人が多い。一方大阪では、趣味の集まりにバーを選択。趣味トークにお酒が欠かせないひとがより多いと推察。





【 すべての調査結果はこちら 】
https://www.asmarq.co.jp/data/ex20200218lifestyle/
※上記ページにて、簡易レポートおよび集計表を含むデータを無料でダウンロードしていただけます。

【 調査内容 】
・基本属性(性別、年代、居住地、婚姻状況、職業)
・外食で利用する店
・店ごとの利用目的
・店選びの参考点
・店選びの基準(メニュー関連/設備・サービス)
・理想の店
・リピート理由
・行きたくない店
・飲食店エピソード
・口コミ参考度/投稿経験/投稿頻度/投稿内容

【 調査概要 】
調査名  :ライフスタイル調査 東西比較
調査対象者:東京・大阪の20~40代女性(独身・有職者)
有効回答数:480s
割付   :東京・大阪の20~24歳/25~29歳/30~34歳/35~39歳/40~44歳/45~49歳 各40ss
調査期間 :2019年12月17日(火)~12月20日(金)
調査方法 :インターネット調査
調査機関 :株式会社アスマーク(旧株式会社マーシュ)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top