杉良太郎特別防犯対策監が日本労働組合総連合会会長を表敬訪問「巧妙化している特殊詐欺を侮らずに、日頃から危機感を持ってください。」 - PR TIMES|RBB TODAY

杉良太郎特別防犯対策監が日本労働組合総連合会会長を表敬訪問「巧妙化している特殊詐欺を侮らずに、日頃から危機感を持ってください。」

~ストップ・オレオレ詐欺47 家族の絆作戦~


警察庁の「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」プロジェクトチーム(略称:SOS47)は、2018年より、全国で被害が相次ぐオレオレ詐欺などの特殊詐欺に関する知識や被害防止策を分かりやすく伝え、全国47都道府県警察と共に特殊詐欺被害を防止する為の広報啓発活動を行なっています。この度、同プロジェクトチームで特別防犯対策監を委嘱されている杉 良太郎氏が、日本労働組合総連合会を表敬訪問し、特殊詐欺に関する啓発活動を行いました。



訪問先レポート

『ご家族が支えとなって、ご両親・お爺ちゃん・お婆ちゃんを特殊詐欺からを守って欲しい。』
杉良太郎特別防犯対策監は、「特殊詐欺は、全国47都道府県警察が躍起になって対策を講じている結果、件数・被害額ともに減少傾向にありますが、まだまだ撲滅には至っていません。特殊詐欺の啓発活動をしておりますと、皆さん”自分は大丈夫です”とおっしゃる方が大勢いるのですが、犯人の手口は非常に巧妙になっており、簡単に詐欺と分かるものではなくなっています。その為、ご家族が支えとなって、高齢者の皆様を詐欺から守ってあげて頂きたいです。」と訴えました。

神津会長は、「今日、お越し頂いてお話を伺う中で、杉さんが熱意を傾けてご活動されていることは、とても大事な内容だと思いました。私共もしっかりと受け止めて、このプロジェクトの意義を広めていきたいと思います。」とお応えになりました。

懇談終了後に行われた囲み取材で、杉対策監は、「一生懸命貯めたお金が一瞬のうちに奪われてしまう。こんなに悲惨なことはないと思うんです。ですから日頃からご家族の中で、”特殊詐欺に騙されないで、気を付けてね。”といった会話やコミュニケーションをとることで、特殊詐欺に対する危機感を持っていただきたいです。」と、家族の絆を強めて、特殊詐欺から身を守って欲しいと呼びかけました。

今後も当プロジェクトでは、特殊詐欺の撲滅を目指し、国民一人ひとりが特殊詐欺への危機感をもって被害防止対策に取り組むよう、啓発活動を行って参ります。

実施概要

■催事名
日本労働組合総連合会表敬訪問

■実施日
2019年11月21日(木)

■実施会場
日本労働組合総連合会

■出席者
日本労働組合総連合会 会長 神津 里季生 氏
日本労働組合総連合会 総合政策推進局 井村 和夫 氏
「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」プロジェクトチーム
特別防犯対策監 杉 良太郎 氏
警察庁 長官官房参事官 鶴代 隆造 氏
厚生労働省健康局 肝炎対策調整官 小野 雄大 氏

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top