デジタルヘルスケアプラットフォームのメディカルノート、アフラックのご契約者向けサービスとして「オンライン医療相談サービス」の提供開始 - PR TIMES|RBB TODAY

デジタルヘルスケアプラットフォームのメディカルノート、アフラックのご契約者向けサービスとして「オンライン医療相談サービス」の提供開始

メディカルノートの「オンライン医療相談サービス」をアフラックの全てのご契約者に(法人を除く)対象を拡大しました。


株式会社メディカルノート(東京都渋谷区:代表取締役CEO梅田裕真、代表取締役 井上祥/以下、メディカルノート)は、11月18日よりアフラック生命保険株式会社のご契約者向けのサービスとして「オンライン医療相談サービス」の提供を開始します。


これまで本サービスは、アフラックの健康応援医療保険のご契約者様にのみ提供していましたが、お客様から寄せられる病気や身体に関するさまざまな疑問やお悩みに幅広くお応えするために、全てのご契約者様に対象を拡大します。(ご契約者様が法人の場合を除く)


メディカルノートの「オンライン医療相談サービス」は、症状や治療方針に不安を抱える方々の健康相談に対して、専門医を中心とした医療従事者に、パソコンやスマートフォンなどから手軽に、直接個別相談質問ができるサービスです。一人ひとりのご相談内容に合わせ、メディカルノートの信頼性の高い情報をもとに丁寧にお応えし、適切な受診選択の支援に取り組んでまいります。


▼オンライン医療相談サービスの相談例


自身や自身の家族についての悩みを相談するだけではなく、他の方の相談内容を検索、閲覧することも可能です。似た悩みを持つ方の相談内容や、症状によって様々に異なる事例は、読み物としても参考にしていただくことができます。



メディカルノートでは、ITを活用し「人々が医療において迷わない」環境を整えるべく、これまで玉石混淆であったインターネット上の医療情報において、第一線で活躍を続ける医師や専門家の協力のもと、信頼できるわかりやすい情報を提供するだけでなく、「医師と患者をつなぐ」ことによって多くの選択肢を人々に提供することを目指しています。


■「Medical Note」について
「Medical Note」は、患者にとって最良の医療に出会うためのサービスを提供するヘルスケアプラットフォームです。医療の最前線で活躍する医師や専門家が保有する最新の症例や治療例、経験に基づいた信頼できる情報を、一人でも多くの方々に伝えることを目指し、病気や症状等をわかりやすく伝える医療情報と、オンライン上で医師や専門家に相談できるサービスを提供しております。
現在、「Medical Note」には医療の第一線で活躍する約2,000名の医師や専門家に参加・ご協力いただいており、医師・医療機関と患者をインターネットによってつなげることで、双方にとってより良い医療の実現を今後も目指してまいります。
【サービスURL】https://medicalnote.jp/
【スマートフォンアプリURL】https://bit.ly/2ByS1nk


■株式会社メディカルノートの概要
会社名:株式会社メディカルノート
設立:2014年10月
所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-11-11 IVYイーストビル9F
代表取締役CEO  梅田 裕真
代表取締役   井上 祥
事業内容:ヘルスケアプラットフォーム事業、医療プラットフォーム事業
【コーポレートサイト】 https://medicalnote.co.jp/

特別顧問:
・ 高久 史麿 医師(地域医療振興協会会長、日本医学会前会長)

医療アドバイザー:
・五十嵐 隆 医師(国立成育医療研究センター理事長、日本小児科学会 前会長)
・糸山 泰人 医師(国立精神・神経医療研究センター 元院長、国際医療福祉大学 前副学長)
・小畑 正孝 医師(医療法人社団ときわ 理事長)
・垣添 忠生医師(公益財団法人日本対がん協会 会長、国立がんセンター 名誉総長)
・堺 常雄 医師(株式会社日本病院共済会 代表取締役、日本病院会 名誉会長)
・白石 吉彦 医師(隠岐島前病院 院長)
・羽鳥 裕医師(日本医師会 常任理事)
・平田 公一医師(札幌医科大学附属病院 元病院長、JR札幌病院 顧問)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top