シンガポール科学技術研究庁のDxD HubとEpigeneron、戦略的グローバルパートナーシップ契約締結。ファーストインクラス創薬標的研究を対象 - PR TIMES|RBB TODAY

シンガポール科学技術研究庁のDxD HubとEpigeneron、戦略的グローバルパートナーシップ契約締結。ファーストインクラス創薬標的研究を対象








シンガポール科学技術研究庁(A*STAR)の商業化部門であるAccelerate Technologies Pte Ltdの診断開発部門(DxD Hub)と大阪大学及び弘前大学発スタートアップ企業である株式会社Epigeneron(Epigeneron)は本日、がん領域における未知の創薬標的同定を目的とした戦略的パートナーシップのための趣意書(MOU)を締結したことを発表しました。本パートナーシップはDxD HubのNexGene部門との提携です。A*STARのシンガポールゲノム研究所(GIS)及びDxD Hubによって開発されたNexGeneの技術プラットフォームは、がんのエピジェネティック情報に基づく創薬技術です。

本契約に基づきNexGeneは数万の臨床サンプルの分析を通じて得られた臨床的妥当性が担保された新規病原性遺伝子情報を提供します。Epigeneronは、enChIP(R)及びiChIP(R)から構成される独自の遺伝子座特異的クロマチン免疫沈降法(遺伝子座特異的ChIP法)を通じて、病原性遺伝子の発現を制御するクロマチン修飾酵素などのエピジェネティック制御因子を同定します。EpigeneronとNexGeneは、同定されたエピジェネティック因子を標的とする治療薬を開発する製薬会社との提携に関し緊密に協力していきます。

エピジェネティック創薬の成功は、スーパーエンハンサーなどの原因遺伝子の発現調節ゲノム領域の特定、及び遺伝子発現を制御するゲノム領域の機能発現に不可欠な分子の特定に依存します。NexGeneの技術は前者を、Epigeneronの技術は後者を可能とします。このような両社の協力は真に補完的であり、エピジェネティクス研究の最前線を開拓し、がんの有効な治療法の開発へ通じます。

DxD HubのCEOであるシドニー・イー博士は、「Epigeneronとのパートナーシップは、2つの強力な技術を補完的に組み合わせることで、エピジェネティックなメカニズムを解明し、がんの新規な創薬標的を同定するという我々のコミットメントであると言えます」と述べています。

「この趣意書の締結は、遺伝子座特異的ChIP法を用いて疾患特異的なエピジェネティック創薬標的を見出していくというEpigeneronの戦略を実行する上で重要です。我々のプラットフォーム技術がNexGeneによって評価され選択されたことをうれしく思うとともに、この協力関係は、難治性疾患と闘うために必要な研究能力を相乗的に高める早期ステージにおける根幹的なものになることを確信しています」と、Epigeneronの代表取締役社長である藤井穂高博士は述べています。


DxD Hubについて
Diagnostics Development Hub(DxD Hub)は、A*ccelerate主導で臨床的妥当性が担保された診断機器の国家的な知的財産権移転プラットフォームです。A*ccelerateはA*STARの商業化部門であり、イノベーションを促進し、研究成果を商業化することで経済の変革を支援しています。

NexGeneはDxD Hubの1部門であり、NexGene独自のゲノムワイドなエピジェネティック情報によってがんの薬剤耐性獲得メカニズムの特定が可能です。このデータに基づく精密化医療プラットフォームによって、新しい創薬ターゲット及び診断予測方法を生み出していきます。


Epigeneronについて
当社は、藤井穂高研究室の大学における研究成果を社会に還元すべく設立した大学発バイオベンチャー企業です。難治疾患の治療法の開発を目指して、新規エピジェネティック創薬及びその受託サービス等の提供等を行っています。癌や中枢神経系疾患などの難治疾患に苦しむ患者さんに、当社独自の創薬標的同定系を用いて開発した治療薬をお届けし、健康で充実した生活を送っていただけることを目指すことを企業理念といたします。詳細については、https://epigeneron.comをご覧ください。


連絡先:




本資料は、2019年10月16日に発表したプレスリリースDxD Hub of A*STAR and Epigeneron enter into global strategic partnerships to discover first-in-class drug targetsの日本語訳であり、内容や解釈については英語が優先されます。


DxD Hub of A*STAR and Epigeneron enter into global strategic partnerships to discover first-in-class drug targets








Accelerate technologies Pte Ltd, the commercialization arm of the Agency for Science, Technology
and Research (A*STAR) based in Singapore, acting through its Diagnostics Development Hub
(“DxD Hub”) and Epigeneron, Inc., the Osaka/Hirosaki Universities-originated start-up based in
Tokyo (“Epigeneron”) today announced that both companies signed a Memorandum of
Understanding (MOU) to enter into strategic partnerships to identify ever-unknown drug
development targets in oncology areas. This partnership is with the DxD Hub’s subdivision called
NexGene. NexGene’s technology platform, developed by A*STAR’s Genome Institute of
Singapore (GIS) and the DxD Hub, is based on epigenetics signatures of cancers as a drug
discovery engine.

Under the terms and conditions, NexGene will provide validated novel pathogenic gene
information obtained though the analysis of double-digit thousands of clinical samples. Epigeneron
will, through its proprietary locus-specific chromatin immunoprecipitation (“locus-specific ChIP”)
consisting of enChIP(R) and iChIP(R) technologies, identify epigenetic regulating factors such as
chromatin modifying enzymes to control such pathogenic genes. Epigeneron and NexGene will
closely collaborate to engage pharmaceutical companies on the development of therapeutic drugs
targeting such identified epigenetic factors.

Successful development of epigenetic drugs depends on the identification of causative gene
regulatory genomic regions such as super-enhancers, and identification of molecules essential for
the function of the gene regulatory genomic regions. NexGene's technology realizes the former
element, whereas Epigeneron's expertise enables the latter one. Thus, collaboration between the
two entities is truly complementary and will open new frontiers in epigenetics, leading to the
development of effective cancer drugs that impact patients.

“The Epigeneron partnership reflects our joint commitment to identify new drug targets for
cancers uncovered through epigenetic mechanisms by combining two powerful complementary
technologies,” said Sidney Yee, Ph.D., CEO of DxD Hub.

“The execution of this MOU marks an important step in executing Epigeneron’s strategy, which is
focused on delivering disease-specific novel epigenetic drug targets by using the locus-specific
ChIP technology. We are proud that our platform technology was evaluated and selected by NexGene
and confident that this collaboration will be a flagship model in early stage collaboration to
synergistically advance our research capabilities to fight intractable disease.” said Hodaka Fujii, M.D,
Ph.D., President and CEO of Epigeneron.


About DxD Hub

Diagnostics Development (DxD) Hub is a national platform led by A*ccelerate with the aim to
accelerate the transformation of IPs into clinically validated diagnostic devices that are ready for
market adoption. A*ccelerate is the commercialisation arm of A*STAR, supporting it in transforming
the economy by driving innovation and commercialising its research outcomes.
NexGene is a sub-division of DxD Hub, NexGene’s proprietary genome-wide epigenetic signature
allows identification of drug resistance mechanisms in cancers. Its data-driven precision oncology
platform generates new targets for drug discovery and predictive diagnostics.

About Epigeneron, Inc.
Epigeneron, Inc., is a bio-venture company utilizing technologies developed in Hodaka Fujii’s lab to
develop drugs and treatments for intractable diseases such as cancer, diseases of the central
nervous system including dementia, metabolic diseases, and infectious diseases. Epigeneron
develops new drugs and offers services for the development of epigenetic drugs and anti-microbial
drugs. Our goal is to provide patients with effective drugs, developed based on our unique
technologies, thereby improving quality of life.

For more information, visit
https://epigeneron.com/

Contacts:


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top