アデコ、東京都の「東京キャリア・トライアル65」事業を2年連続で受託 - PR TIMES|RBB TODAY

アデコ、東京都の「東京キャリア・トライアル65」事業を2年連続で受託

- 都内事業所で就業を希望する65歳以上のシニア層の派遣就業を支援-

アデコ、東京都の「東京キャリア・トライアル65」事業の実施事業者として昨年に続き2年連続で選定されました。アデコは同事業を通じ、東京都内に事業所を置く企業と就業を希望する65歳以上のシニア層の事務職、営業職、IT技術職としての派遣就業を支援いたします。


人財サービスのグローバルリーダーであるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎健一郎、以下アデコ)は、この度、東京都による平成31 年度「東京キャリア・トライアル65」事業の実施事業者として昨年に続き2年連続で選定されました。アデコは同事業を通じ、東京都内に事業所を置く企業と就業を希望する65歳以上のシニア層の事務職、営業職、IT技術職としての派遣就業を支援いたします。


【東京キャリア・トライアル65】https://www.biz-senior.tokyo/trial/


東京都は、超高齢社会に対応するため、シニア層が「生涯現役」として活躍できる場を拡充し、働く人々が就業を通じてスキルと経験の幅を広げることで、生きがいを感じながら活躍できる社会の創出を目指しています。本事業では、派遣先企業の労働者派遣に伴う料金の支払いは全額免除とし、直接雇用時の紹介料等も一切かかりません。派遣就業者には就業時間に応じた賃金と交通費を支給いたします。


昨年、実施した本事業では300名以上のシニア層に対して事務職、営業職、IT技術職等の仕事を紹介するとともに、受け入れ先企業の開拓を500社以上実施いたしました。また、派遣就業の契約終了後に企業へ直接雇用に繋げられた実例も数多くあり、シニア層の活躍機会の創出に貢献しています。

弊社がシニア層を対象に実施した調査※1によると、シニア層の働く目的は「経済上の理由」よりも「社会との繋がり」を重視する傾向にあり、これまでの経験を活かせる業務であれば労働参加したいと回答する方が多くいることがわかりました。その一方で、企業からは「65歳以上の労働者を採用した実績がない」、「就業規定が整っていない」といった高齢者を積極的に採用するための職場環境の整備が進んでいないという課題もあげられています。本事業を通じてシニア層の就業支援を促進することで、今後、企業が積極的な採用に転じるよう働きかけてまいります。

今後もアデコでは、人財サービスのグローバルリーダーとして、雇用・労働に関わるさまざまな施策を実施することで、働く人々のキャリア開発と雇用の安定化を支援するだけでなく、企業の生産性および業績の向上にも寄与してまいります。

– 東京都の平成31 年度「東京キャリア・トライアル65」事業概要 –
●日程:2019年8月20日から2020年3月31 日
●事業内容:
1)65歳以上で都内事業所へ就業意欲があるシニア層への派遣就業支援(仕事紹介、キャリアコンサルティング等)
2)派遣先企業の開拓・選定
●詳細: https://www.biz-senior.tokyo/trial/



■アデコ株式会社について
アデコ株式会社は、世界60の国と地域で事業を展開する人財サービスのグローバルリーダー、The Adecco Groupの日本法人です。コンサルテーションを通じ、働くすべての人々のキャリア形成を支援すると同時に、人財派遣、人財紹介、アウトソーシングをはじめ、企業の多岐にわたる業務を最適化するソリューションを提供します。アデコはより働きがいを感じられる社会の実現を目指し、さらなるサービスの強化に取り組んでいます。当社に関するより詳しい情報は、www.adecco.co.jpをご覧ください。

【本事業に関するお問い合わせ】
 アデコ株式会社 首都圏西事業本部 ソリューションセールス課
 Tel. 03-5909-2723
 Email: ADE.JP.senior-trial@jp.adecco.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top