アイリッジ、「Amazon Alexa スキル開発エージェンシープログラム」認定を取得 - PR TIMES|RBB TODAY

アイリッジ、「Amazon Alexa スキル開発エージェンシープログラム」認定を取得

~さまざまなプロセスでAlexaスキル開発を支援する経験豊富なチームとして認定~

 株式会社アイリッジ(本社:東京都港区、代表取締役社長:小田健太郎、東京証券取引所マザーズ:3917、以下「アイリッジ」)は、2018年10月、Amazon Alexa スキル開発のパートナー認定制度である「Amazon Alexa スキル開発エージェンシープログラム」に認定されました。


・アイリッジが提供するAlexa開発支援サービスについて

 アイリッジでは2008年の創業以来、企業のO2O支援を事業の軸とする中で、各業界のマーケットリーダー企業の公式アプリを中心に、数多くのスマートフォンアプリ開発支援をしてまいりました。日本でスマートスピーカーが発売された昨年からは、アプリの機能拡充の一環としていち早くスマートスピーカースキル開発にも着手し、各プラットフォームにて実績を積み上げています。さらに9月からは、現在普及期を迎えているスマートスピーカー市場の成長を加速化させるためのツールとして、短納期・低価格開発を可能にするノンプログラミングスキル開発プラットフォーム「NOID(ノイド)」も提供開始しており、さまざまなニーズに対応可能なサービス展開をしています。

 今後はVUI分野におけるリーディングカンパニーとして、スクラッチ開発とNOIDを通じた開発サポートの両面からスキル開発を支援し、新たなタッチポイントとしてのスマートスピーカー市場の拡大に貢献してまいります。

Amazon Alexa スキル開発エージェンシープログラムについて
Amazon Alexa スキル開発エージェンシープログラムとは、企業や個人からスキル開発を受託されている開発会社が、一定の条件を満たしている場合に「Amazon Alexa スキル開発エージェンシー」としてAmazon AlexaのWebサイトなどで紹介されるものです。
https://developer.amazon.com/ja/alexa/agencies-and-tools

NOIDについて
 NOIDは「まるでノートに書き出すように」をコンセプトにしている、プログラミング不要で簡単にスマートスピーカーアプリが作れるクラウドサービスです。WebブラウザからNOID管理画面にアクセスし、画面に従って「ユーザーのどんな呼びかけに対して(input)」「音声アシスタントに何をさせるか(output)」をマウス操作あるいはテキスト入力していくだけで、アプリの制作からストア公開まで直感的にワンストップで行うことが可能です。利用には無料/有料の2つのプランをご用意しており、自分用のスキルを作りたい個人の方から商用にスキル開発を行いたいプロクリエイターや法人の方まで幅広く利用していただけます。
https://www.noid.ai/

株式会社アイリッジについて
 株式会社アイリッジは、「Tech Tomorrow:テクノロジーを活用して、わたしたちがつくった新しいサービスで、昨日よりも便利な生活を創る。」という理念のもと、企業のO2O(オンラインとオフラインの相互送客)支援を行っています。スマートフォン向け位置情報連動型プッシュ通知ASP「popinfo」の提供や、アプリの企画・開発、アプリを活用した集客・販促支援を行っており、O2Oやアプリ開発の分野では業界トップクラスの実績があります。
https://iridge.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top