「エプソンのスマートチャージ」に本体サイズの小型化を実現した、A4カラーインクジェット複合機/プリンターの新商品投入 - PR TIMES|RBB TODAY

「エプソンのスマートチャージ」に本体サイズの小型化を実現した、A4カラーインクジェット複合機/プリンターの新商品投入

- 安心の定額制、月々5,000円(税別)※1からのA4カラープリンターなど2モデル -

エプソンは、機器本体を購入することなく※2本体・インク・保守サービスが毎月定額従量料金でご利用できるプリントサービス「エプソンのスマートチャージ」に、A4カラーインクジェット複合機/プリンターの新商品2モデルを投入します。A4カラープリンターで月々5,000円(税別)※1からという、導入いただきやすい低コストはそのままに、本体サイズの小型化を実現して2018年10月3日より提供を開始します。



【新商品の主な特長】
■月々安心の定額「オール・イン・ワンプラン」
 機器本体を購入することなく※2、月々の定額費用だけで規定枚数までプリントができます。インクやメンテナンスボックス、保守サービスも含まれます。カラーもモノクロも気兼ねなく、安心してプリントができます。




コンパクトサイズで、狭小スペースにも柔軟に設置が可能
 従来機(PX-M840FX※3)と比較して、設置面積比が約64%という小型化を実現。バックヤードやカウンターなど限られたスペースにも設置が可能です。



■使いやすさを徹底的に追及
1.インクパックを前面に設置し、インク交換の手間がかかりません。また、最大1,430枚の給紙容量※4で用紙補充の手間を軽減しました。



2.『PX-M880FX』の操作パネルは、見やすい角度に調整が可能なチルト機構を採用。さまざまな場所で操作しやすくなりました。また、4.3型の光学式タッチパネルは大型で見やすく、スマートフォンのように軽く滑らせるだけで快適な操作を実現。大きく押しやすくなったテンキーなど、プリンター操作に不慣れな人にもストレスなく操作ができます。





■高生産性、高画質、環境性能。オフィスで活躍の高いビジネススペックを搭載
1.高生産性
・ファーストプリントがカラー5.3秒※5、モノクロ4.3秒※5の高速印刷
・スキャン速度は30ipmと高速で、標準搭載のADF(オートドキュメントフィーダ)使用で1分間両面60ページの自動両面スキャンが可能

2.高画質
・にじみにくい全色顔料インク
・用紙に応じた画像調整技術とノズル自己診断システムにより、高品質なプリントを実現

3.環境性能
・『PX-M880FX』動作時※6の消費電力は、約29W※7以下と環境負荷を低減
・TEC値※8は0.2kWhと高水準

4.管理機能
・有償オプションで認証印刷Epson Print Adminにも対応
・IPsec、IPフィルタリング、IEEE802.1xなどの高いセキュリティー機能に対応


【新商品の主な機能と提供開始日】




※1:PX-S880X基本モデル契約年数5年の場合。中途解約の場合は解約金が発生します。
※2:搬入・設置をご希望される場合は、別途料金がかかります。ご契約期間中は、リース会社から機器本体をお客様に貸与します。
※3:2015年7月発売。
※4:大容量給紙モデルの場合。
※5:印刷スピード・ファーストプリントの印刷時間の計測データおよび測定条件については、エプソンのホームページでご確認ください。
エプソンのホームページ URL:www.epson.jp
※6:ISO/IEC24712パターンコピー時。
※7:PX-M880FXの場合。PX-S880X基本モデルの場合は約23W。
※8:オフィスでの使用を想定した1週間の平均消費電力量。国際エネルギースタープログラムVer.2.0で定められた測定法による数値。


以上




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top