世界遺産の地域を舞台に「ローカルITサービス創発塾」を開講 - PR TIMES|RBB TODAY

世界遺産の地域を舞台に「ローカルITサービス創発塾」を開講

エイチタスが、全国のITエンジニア、クリエーターを対象に、長崎県南島原市をフィールドとしたITサービス開発のスクール(南島原市主催)を実施。IoTを活用した地域発のサービス創出を目指します。

エイチタス株式会社(東京都千代田区/代表 原亮、小澤剛、以下、当社)は、昨年に続き「南島原ローカルITサービス創発塾」(以下、本スクール)を開講。南島原市(以下、同市)の人や地域資源などへの理解、体験、交流を通じ、同市を舞台とした地域の産業・生活における新たな価値創出となるサービスを、地元住民と参加者が共創で立ち上げることを目指します。


本スクールは、南島原市の事業として実施されるもので、2016年の「いなかソンin南島原」、2017年の「南島原ローカルITサービス創発塾」に続き、エイチタスとして同市では三度目のハッカソン型の事業創発支援の取り組みとなります。


過去の開催では、地元しいたけ生産事業者と参加者のエンジニアとのコラボレーションによる高級シイタケ菌床のオンライン販売サービスや、地元クリーニング店が展開するオンラインクリーニング受注のシステム改善、さらには地元特産の手延べそうめんの、商品企画を含めたブランディングなど、複数の事業創発に成果を挙げました。


今年度は、「人の行動を変えるソリューションとは!?」をテーマに、同市を含む地域が世界遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」や、移住、民泊などの個別のお題に挑む場を提供します。


また、南島原市役所が同市で展開するIoT推進ラボ等との連携で、IoTサービスの創発に向けても注力。IoTの専家らをメンターとして招聘するほか、同市の地域資源に触れる体験メニューなども用意し、地元住民と参加者による共創を加速させます。


<開催概要>
WEBサイト https://www.hack-msb.net/
▼プログラム構成/日時・会場
■アイデアソン(南島原)
2018年9月7日(金)-9日(日)
エコ・パーク論所原(長崎県南島原市北有馬町丙4731-1)
■ブラッシュアップ講座(東京または長崎)
日時:調整中
■ハッカソン(南島原)
2018年10月19日(金)-21日(日)
エコ・パーク論所原

▼お申し込み
以下のフォームより必要事項をご記入の上、お申込みをお願い致します。
https://pro.form-mailer.jp/fms/4fce6f41149847

▼参加費、旅費について
参加費およびアイデアソン・ハッカソンでの現地宿泊費は無料です。
開催地までの旅費については、自己負担となります(飛行機の時間帯などは別途ご案内させていただきます。9月のアイデアソンについては上記に記載あり)。
また、南島原での体験、食事、土産購入等の費用は参加者にて実費負担となります。

<個別テーマ>
●南島原を民泊のメッカに
受け入れ先家庭・中間支援・体験者、三方良しを目指し、南島原を民泊のメッカに!修学旅行や外国人(中国、韓国、台湾)が多く、時期により受け入れ件数に波がある。運用はアナログ対応が多く、非効率。そのため、受け入れ先や体験者へのアンケートも取れず、様々な対応が遅れる。

●南島原の世界遺産と歴史を楽しむ
南島原発!長崎?熊本の世界遺産を楽しむサービスとは?南島原の歴史は古く8世紀から記録に残る。世界文化遺産に推薦されている「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産には、原城跡が含まれる。構成資産は長崎?熊本県と幅広く、資産をどのように活用するか、戦略的サービスが必要。

●移住したくなる南島原とは
南島原の仕事と暮らし。移住したくなるサービスを作るには?元地域おこし協力隊の梅野さんが取り組む、自分をシェアリングする「地域の何でも屋さん」は、地域の方から、依頼を受け、選挙の司会から畑仕事まで、一人で対応している。移住してから様々な人と関わることで見える、南島原の暮らし。移住したくなるような南島原をつくりたい。


●フリーテーマ
フィールドワークの中で発見した課題に挑戦!

【お問い合わせ先】
エイチタス株式会社 担当:塚原
メールアドレス:info@htus.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top