体験型スポーツブランド『レジェンドスポーツヒーローズ』における、商業施設向け最新ラインナップ「レジェンドピンポン(LEGEND PING PONG)」をご紹介!! - PR TIMES|RBB TODAY

体験型スポーツブランド『レジェンドスポーツヒーローズ』における、商業施設向け最新ラインナップ「レジェンドピンポン(LEGEND PING PONG)」をご紹介!!

“卓球”にデジタル要素を吹き込んだ次世代サイバースポーツ!

レジェンドベースボール株式会社(本社:東京都新宿区、以下レジェンドベースボール社、代表取締役社長 山内恵一)と株式会社ポニーキャニオン(本社:東京都港区、以下ポニーキャニオン、代表取締役社長 吉村隆)は、全国の商業施設向けに導入が進む体験型スポーツブランド「レジェンドスポーツヒーローズ」の最新ラインナップとして、“卓球”にデジタル要素を吹き込んだ次世代サイバースポーツ「レジェンドピンポン(LEGEND PING PONG)」をご紹介いたします。



「レジェンドスポーツヒーローズ」では、野球やサッカー、バスケットボールなど、昔馴れ親しんだスポーツ種目をより身近に、大人も子供もみんなで一緒に汗を流せる、オリジナリティ溢れるデジタルスポーツマシン開発を進めております。
この度提供開始する体験型スポーツマシン「レジェンドピンポン(LEGEND PING PONG)」は、「レジェンドピッチング」「ダイナマイトポーズ」などに続くシリーズ最新作として、「卓球(ピンポン)」にデジタル要素を吹き込んだ新感覚のサイバースポーツコンテンツとなります。

現在「レジェンドピンポン(LEGEND PING PONG)」は「レジェンドスポーツヒーローズ イオンモール幕張新都心」にて本日より稼働開始しており、商業施設向けの体験型スポーツマシンとして皆様にご満足いただけるものと存じます。


◆ ラリー継続とコントロールが鍵。“卓球”だけど“卓球”に終わらない新感覚のサイバーピンポンスポーツ。
  それが「レジェンドピンポン(LEGEND PING PONG)」です。



◆ 「レジェンドピンポン(LEGEND PING PONG)」の特徴
1. 現時点では、1対1で楽しくピンポンしあう「協力モード」、1対1で、本気で点数を競い合う「競争モード」が搭載され、卓球と同じくラケットとピンポン玉を使用して、テーブル上でラリーを行うプレイスタイルとなります。

2. このマシンは、プロジェクションマッピング機能を卓球テーブル上に具現化しており、ピンポン玉の軌跡、挙動によって、卓球(ピンポン)では感じえなかった、鮮やかなプレイアクションをお楽しみいただけます。


3.「競争モード」では、相手のブロックを破壊する事で、勝機を得ることが出来ます。
 まずはボールをラリー。敵陣地のブロックを破壊するとスコアが加算、敵がミスをすると自身の得点に。
 体力よりかは、集中力とコントロール、判断力が重視、鍛えられます。


4. 「協力モード」では、1対1での息ぴったりのラリーで与えられたミッションに挑戦する事が出来ます。
 時間内にラリーを継続させ、ブロックをクリアラインまで押し上げることで、ステージをクリア!
 ラリーを継続させることが“ミッション”でもあるため、パワーよりも体力が必要で、集中力、判断力も共に必要となります。


5. サウンドや艶やかなグラフィック演出にも力を入れておりますので、親子で、恋人同士で、みんなで一緒にお楽しみいただける事でしょう。


◆『レジェンドスポーツヒーローズ』とは?
レジェンドスポーツヒーローズは、IT情報技術と機械、電子工学などの先端科学に、スポーツを掛け合わせた自社開発の体験型アクティビティ、それらを数多く取りそろえた、体験型施設、E-Sports(エレクトロニック・スポーツ)テーマパークです。

リアルを再現する野球やサッカーなどの身近なスポーツから、あまり馴染みの無いクレー射撃やカーリングなど、色々取り揃えております。ここにあるもの以外にも、現在空手やラグビー、スキーなど色々開発投入予定です。

【レジェンドスポーツヒーローズ店舗について】
公式ホームページ : http://www.legendheroes.co.jp/

【レジェンドベースボール株式会社について】
会社名: レジェンドベースボール株式会社
代表者名: 代表取締役社長 山内恵一
本社所在地: 東京都新宿区住吉町1-15 並木ビル 5F
URL: http://legend-bb.com/

【株式会社ポニーキャニオンについて】
会社名: 株式会社ポニーキャニオン
代表者名: 代表取締役社長 吉村隆
本社所在地: 東京都港区虎ノ門2-5-10
URL: http://www.ponycanyon.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top