企業向け新サービス「スリープタフネスセミナー」を開始 - PR TIMES|RBB TODAY

企業向け新サービス「スリープタフネスセミナー」を開始

『質の高い睡眠』で、働く力を引き上げる

株式会社ルネサンス(本社:東京都墨田区、代表取締役社長執行役員:吉田正昭、以下「当社」)は、社員の働く力を引き上げる「スリープタフネスセミナー」を開発し、質の高い睡眠からのアプローチにより、企業が取り組む健康経営への新たなサポートを開始いたします。


■導入の背景
日本は、世界で2番目に労働時間が長く、時間あたりの労働生産性はOECD加盟国35か国中20位というデータがあり、睡眠時間に関しては2番目に短い国と言われています。人生の3分の1を占める睡眠は、生命の休養であり、全ての活動のための源泉です。
睡眠の質と量をおろそかにすることは、生活習慣病やメンタル不調の主な要因となり、社員の健康はもとより、企業の健康経営を脅かすことにもつながります。社員一人ひとりが、睡眠についての正しい知識と、スキルを習得し、自分にフィットする快適な睡眠を取り戻すことで働く力が高まり、企業の成長や発展に貢献できるものと考えています。
5月から企業の健康経営ご担当者向けの説明会を開始し、各回40人の定員に対して、申込率が200%を超えており、社員の睡眠改善への期待の高さが伺えます。

スリープタフネスセミナーの特徴 →参加型体験型実践型プログラム
実行可能性調査における導入IT企業の社員474人のアンケート結果では、理解度98%、役立ち度95%と高いご評価をいただいています。
1.参加型でインタラクティブなプログラム
良質な睡眠を手に入れるためには、食生活や運動等の生活習慣の改善が必要となることを、セミナーを通じて自分ゴトとして参加し、具体的な目標設定を通じて、積極的に考え・行動する力を養います。
2.体験型で実技やワーク中心のプログラム
呼吸法を通じて仮眠の取り方や、入眠の質を高めるために、オフィスや工場で実践できるエクササイズの体験を通じて、知識を理解に変え、実践に結び付けます。
3.持ち帰ることのできる実践型プログラム
モニタリングシート作成を通じて、自身の課題を明確にし、目標を設定し、研修当日から行動に移す力を養います。

プログラムの概要
I.睡眠の必要性
II.睡眠課題をチェックする
III.良質な睡眠を手に入れる8つのソリューション
IV.良質な睡眠のための行動計画立案

■健康経営の第一人者が監修
NPO法人健康経営研究会 理事長 岡田邦夫 氏
 大阪市立大学大学院医学研究科修了、大阪ガス株式会社統括産業医、大阪市立大学医学部臨床教授。
プール学院大学教育学部教授等を経て、女子栄養大学大学院客員教授。
現在大阪成蹊大学教育学部教授。

■今後の展開
当社は、国がすすめる健康づくり「運動・食事・休養(睡眠)」の3つの生活習慣改善のうち、運動と食事面から全国の企業に向け、健康測定&カウンセリング、オフィスや製造現場でのエクササイズ、「カラダかわるNavi」アプリの提供等を実施しております。本セミナーの開発により、休養(睡眠)をサポートする体制が整い、より効果的な健康づくりの支援が可能になりました。
今後は「カラダかわるNavi」と、「専門スタッフ派遣」による、アプリ×リアルのサービス提供を通じ、メンタルヘルスやメタボリックシンドローム、労働安全衛生など、企業が抱える従業員の健康課題の解決に貢献し、健康経営の実現を積極的に支援してまいります。

≪参考URL≫
スリープタフネスセミナーについては→こちら https://bizfit.s-re.jp/recommend
カラダかわるNaviについては→こちら https://hcbiz.s-re.jp/hc/service/karadakawaru/
ルネサンスの各種健康経営サポートプログラムについては→こちら https://hcbiz.s-re.jp/hc/corp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top