インフルエンサー向けプライベートブランドパッケージ「PATRAコラボブランズ」のインフルエンサー募集開始。影響力を持つ個人のPR投稿以外のマネタイズの提供へ - PR TIMES|RBB TODAY

インフルエンサー向けプライベートブランドパッケージ「PATRAコラボブランズ」のインフルエンサー募集開始。影響力を持つ個人のPR投稿以外のマネタイズの提供へ

自社ブランドmellowneonに続きインフルエンサーブランドリリースへ

株式会社PATRA(代表取締役 海鋒健太 東京都渋谷区)はインフルエンサー向けブランド立ち上げパッケージ「PATRAコラボブランズ」をリリースし、ブランド化したいインフルエンサーの募集を開始しました。「PATRAコラボブランズ」とは自身のアパレルブランドを持ちたいというインフルエンサーをプロデューサーに迎えブランドリリースを行うパッケージとなっております。塩川あかね(@akaneko26)がブランドマネージャーとして参加し、自身のブランド設立とインフルエンサーエコシステムの確立を目指していきます。




PATRAコラボブランズでは自身のブランドを立ち上げたいインフルエンサーさんをプロデューサーに迎え、ブランドを作り上げるのに必要な初期コスト、在庫管理、ECサイト、CS、商品発注をPATRAが行うことで、個人ではなかなかはじめにくい自社ブランドを作り上げていくプランを提供しております。
PATRAでは自社アパレルブランド「mellowneon by PATRA」と動画メディア「PATRA magazine」を運営しており、その運営ノウハウや流通チャネル、ユーザーリーチを活用することでスムーズになおかつ初期のマーケティングコストを抑えてブランドリリースすることが可能となっております。



このパッケージではインフルエンサーへの報酬を「昇給制」の「固定給」で支払う仕組みをとっております。また、必要に応じてPATRAとマネジメント契約を締結し一緒にタレントとしてのブランディングも考えていきます。この背景として、近年インフルエンサーの収益はスポットのPR投稿が主流となっており、中には本人のブランド毀損を引き起こすものあるが、それ以外の収益化方法がなく疲弊していくインフルエンサーも多く存在するという課題があります。そこでPATRAは固定給で支払うことで、インフルエンサーという「職業」として長く活躍できる基盤を提供していきます。


PATRAコラボブランズをリリースするにあたり、Instagramを中心に強い影響力を持つ塩川あかね(@akaneko26)がPATRAにブランドマネージャーとして参加。同時にPATRAとマネジメント契約を締結し、自身のブランドを初夏リリースに向けて準備を行なっております。これからの「職業」としてのインフルエンサーのあり方を一緒に模索していきます。


<塩川あかねについて>
Instagramフォロワー5万人超のファッション系インフルエンサー
・@akaneko26 https://www.instagram.com/akaneko26/



<mellowneon by PATRAについて>
動画メディアPATRAがプロデュースするオンライン販売に特化するセレクトアパレルブランド。フランスのヴィンテージファッションと韓国ファッションをイメージした商品をセレクトしております。
●URL: http://shop.patramag.com/
●Instagram: https://www.instagram.com/mellow_neon/


<動画メディアPATRA magazineについて>
InstagramとYoutubeを中心にメイク、ファッション、DIYのコンテンツを配信する動画メディア。1コンテンツあたりのリーチユーザーは約15万人。PATRA Modelとしてソーシャルメディア上で活躍するモデルも抱える。
●iOS App: https://itunes.apple.com/jp/app/patra-magazine/id1130782004?mt=8
●Instagram: https://www.instagram.com/patra_mag/
●Youtube: https://www.youtube.com/channel/UCu6ffcAx12uA48rLlYuh7IA


<お問い合わせ>
PATRAコラボブランズに関するお問い合わせはこちらからお願いします。 ブランドを出して見たいというインフルエンサーの方もこちらのアドレスかPATRAのinstagramのDMにお願いいたします。
Mail:
press[@]patrainc.jp
Instagram:
https://www.instagram.com/patra_mag/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top