フォーラムエイトの「UC-win/Road地震シミュレータ」が「第30回中小企業優秀新技術・新製品賞 ソフトウェア部門」優良賞を受賞 - PR TIMES|RBB TODAY

フォーラムエイトの「UC-win/Road地震シミュレータ」が「第30回中小企業優秀新技術・新製品賞 ソフトウェア部門」優良賞を受賞


株式会社フォーラムエイト(本社:東京都港区港南2-15-1、社長:伊藤裕二、URL:http://www.forum8.co.jp)の「UC-win/Road地震シミュレータ」が、第30回 中小企業優秀新技術・新製品賞 ソフトウェア部門優良賞(主催:りそな中小企業振興財団、日刊工業新聞社)を受賞し、2018年4月17日(火)に東京・飯田橋のホテルグランドパレスで結果発表・贈賞式が実施されました。

本賞は、中小企業の技術の振興を図り、国内産業の発展に寄与することを目的として毎年1回実施されています。「一般部門」、「ソフトウェア部門」の2部門が設けられ、厳正な審査のうえ優れた新技術・新製品等に対して中小企業庁長官賞、優秀賞、優良賞、奨励賞の各賞が贈賞されます。フォーラムエイトは、2011年の「構造解析プログラム Engineer's Studio(R)」に続いて、2度目のソフトウェア部門優良賞受賞となりました。

今回ソフトウェア部門にて優良賞を受賞した「UC-win/Road地震シミュレータ」は、建物本体の揺れや構造強度シミュレーションに加えて、室内の揺れによる家具や什器などの挙動に着目した業界初の製品です。3次元バーチャルリアリティソフトウェアUC-win/Road上で、家具や照明の揺れ、倒壊等の被害状況や影響を、簡易な入力により3DVRで可視化できます。

具体的には、対象とするモデルに重量・重心・摩擦力等の物性値を与えることで、家具や什器の揺れを再現し、転倒などの様子を即座にシミュレーションを実行。物体同士の接触判定も行われ、机から引き出しが飛び出す様子、家具と家具がぶつかり移動方向が変わるといった動きにも対応し、地鳴りや家具の衝突音も発生します。さらに、気象庁により一般公開されている地震波形情報をインポートして利用し、実際に起きた地震の再現、今後起こり得る地震波形の事前シミュレーション等も行えます。





【UC-win/Road地震シミュレータ の特長】
・解析実行後、ほとんど時間を要さず3秒程度で描画を含むシミュレーションが可能
・GUIでの容易な入力、地震緒元・モデル緒元の独立したインターフェイス
・UC-win/Road上で操作可能であるため、実空間と非常に近い柔軟で高精度な表現
・室内の家具転倒、机の引き出しの飛び出し等を3DVRでリアルに可視化
・戸建て住宅からオフィスビルや商業施設まで幅広く適用
・棚の引き出しなどより詳細な任意パーツのノード追加によりミクロな解析も可能
・気象庁公開の地震波形情報をインポートし被害状況などを再現可能

【関連情報】
▼第30回「中小企業優秀新技術・新製品賞」ソフトウェア部門(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00469080
▼「UC-win/Road地震シミュレータ」ムービー
http://www.forum8.co.jp/product/eq-sim-movie.html
▼地震シミュレーション
http://www.forum8.co.jp/product/eq-sim.htm

〇株式会社フォーラムエイトについて
代表者 : 代表取締役社長 伊藤 裕二
所在地 : 〒108-6021 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟21F
設立  : 1987年5月
事業内容: 設計、解析、CAD及びVR/CGソフトの開発・販売・サポート、技術サービス
URL   : http://www.forum8.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top