CES2018で大反響!しっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo」、ロボット向け音声認識開発キット「AmiVoice Robot SDK」搭載のコミュニケーションロボット「BOCCO」 - PR TIMES|RBB TODAY

CES2018で大反響!しっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo」、ロボット向け音声認識開発キット「AmiVoice Robot SDK」搭載のコミュニケーションロボット「BOCCO」

「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、コミュニケーションロボットなどを企画・開発・販売するユカイ工学株式会社(代表:青木俊介、本社:東京都新宿区 以下、ユカイ工学)は、2018年1月9日~12日の4日間、アメリカ・ネバタ州ラスベガスで開催の世界最大級の家電・エレクトロニクス技術展示会「CES(R)2018」に出展致しました。



世界的にロボットへの注目が高まる昨今、各メーカーでもロボット開発が活発に行われており、個性的な家庭向けロボットの展示も多く見られました。
中でもユカイ工学出展ブースでは、CEATEC JAPAN2017での発表を皮切りに、国内外のメディアから多くの注目を集め続けている、しっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo」や、センサやサービスが増えより便利になったコミュニケーションロボット「BOCCO」も多くのメディアや来場者から注目を集めました。

また、更に精度を上げたロボット向け音声認識開発キット「AmiVoice Robot SDK」搭載のプロトタイプも展示し、音声認識機能への市場からの期待値の高まりを感じました。



ロボット向け音声認識開発キット「AmiVoice Robot SDK」とは?
「AmiVoice Robot SDK」は、これまでアドバンスト・メディアが培ってきた音声認識技術やノウハウをもとに開発した、ロボット向けの音声認識開発キットです。CPU のスペックを問わず、ロボットやIoT デバイスなどへの音声コマンドや入力等に利用ができ、高精度な認識率を誇ります。
ユカイ工学は、ロボットを介して人と人を繋ぐリアルなコミュニケーション、そして、感覚的な触感や動作で人を癒す、当社ならではの様々な“身近なロボット”を提案して参ります。また、ロボットノウハウとデザイン力を活かし、企業様や様々なプロジェクトのロボット開発サポートを行ってまいります。

■「Qoobo」概要


Qooboは、しっぽのついたクッション型セラピーロボットです。
そっと撫でるとふわふわと、たくさん撫でるとぶんぶんと、しっぽを振って応えてくれます。撫で方によって変化するしっぽの反応を、撫でる人自身が解釈して擬似的な心のやりとりを生み出します。毎日の生活に癒やしを求める人やペットを飼いたくても飼えない人に使っていただきたいと考え、ユカイ工学の持つロボティクス技術を活用して開発しました。

\予約受付中/
Qoobo予約販売サイト:https://shop.qoobo.info/
Qoobo WEBサイト:http://qoobo.info

■「BOCCO」概要


BOCCOは、家族間のコミュニケーションを助けるロボットです。留守番中の子どもや離れて暮らす高齢の家族を見守ることができます。インターネット経由でスマートフォン(以下、スマホ)と音声メッセージをやりとりできるほか、BOCCO側から送った声をテキストメッセージに変換したり、スマホから送った文字メッセージをBOCCOが読み上げることができます。

また、宅内に設置したセンサ情報と連動し、外出先からドアや鍵の開閉や部屋の温湿度や照度をスマホに通知することができます。さらに、天気予報などの知りたい情報をBOCCOアプリ内の「BOCCOチャンネル」や組み合わせアプリ(※)を介してBOCCOがしゃべってお知らせしてくれる機能や、指定時間にしゃべってくれるリマインダー機能も追加され、ゴミ出し日のお知らせや目覚まし時計代わりにも役立ちます。
※Yahoo!JAPANの組み合わせアプリ「myThings」
BOCCO WEBサイト:http://www.bocco.me/

■ユカイ工学株式会社
ユカイ工学は、「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、様々な製品を開発・販売するロボティクスベンチャーです。主な製品に、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」や脳波で動く「necomimi」、フィジカル・コンピューティング・ツールキット「konashi」、しっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo」(2018夏発売予定)などがあります。



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top