アジア各国の人気YouTuberが夢の共演!アジアのトップアーティストNameweeプロデュースによる話題作「東京盆踊り2020」リリース。 - PR TIMES|RBB TODAY

アジア各国の人気YouTuberが夢の共演!アジアのトップアーティストNameweeプロデュースによる話題作「東京盆踊り2020」リリース。

Cポップ史上最多のミリオンビューヒットを持つ人気アーティストNameweeとアジア国際映画祭2017で新人女優賞を受賞した二宮芽生が共演。アジアの人気YouTuberと共に斬新な盆踊りを世界配信。

Cポップ史上最多のミリオンビューヒットを持つ人気アーティストのNamewee(黃明志)は、アジア国際映画祭2017で新人女優賞を受賞した二宮芽生を新作の共演者として起用。創作日本舞踊家として世界的に活躍する孝藤右近に振り付けを依頼して、日本の和製英語(ジャパングリッシュ)と盆踊りをテーマにしたポップで斬新な新曲「東京盆踊り2020」のミュージックビデオを本日リリースした。Namewee(所属 : RED People、CEO : Kokee Lau)の日本国内におけるマネジメントを行い、本作の共同プロデュースを担当した、海外インフルエンサーマーケティング事業を展開する株式会社Cool Japan TV(本社 : 東京都渋谷区、支社 : 台湾台北市、マレーシア・クアラルンプール、代表取締役 : 赤峰俊治)は、YouTube上でワールドワイドな「踊ってみた」キャンペーンを実施することを発表。優秀作品は「日本旅行航空券」のプレゼントを行うなど、2020年の東京オリンピックへ向けて、海外の人気インフルエンサーとソーシャルエンターテイメントを活用したユニークなインバウンドプロモーションを行う。


前作「Stranger In The North」のYouTubeの視聴回数が本日時点で9,500万に達する勢いのアジアのトップアーティスト Nameweeは、世界最大の盆踊り大会が開催されるマレーシア出身であり、新作のテーマとして日本の和製英語(ジャパングリッシュ)と盆踊りを選んだ。海外で知名度の高い人気アーティストが日本の伝統文化である「盆踊り(Bon Dance)」を作曲するのは世界初であり、東京都内各所にて撮影が行われたミュージックビデオにはアジアの人気インフルエンサーが多数参加していることもあり、リリース前からSNS投稿などにより情報拡散されて大きな話題を呼んだ。


音楽・映画プロデューサーとして活躍する “鬼才” Nameweeは、本作「東京盆踊り2020」において、アジア国際映画祭2017で新人女優賞を受賞した日本人映画女優の二宮芽生を共演者として起用。ミュージックビデオには「I Miss You(好想你)」の大ヒットで知られる中華圏のトップアイドル Joyce Chu(四葉草)、80万超のフォロワー数を持つ人気YouTubeチャンネル「RyuuuTV」のRyu WanSianとYuma Oe、台湾の人気YouTubeチャンネル「MaoMao TV」のTsaiTi Mao、香港の人気YouTubeチャンネル「Mira's Garden」のMira Yim、マレーシアの人気YouTubeチャンネル「ShenLim TV」のShen Lim、アジア最大のライブメディア「17LIVE」の日本人トップライバー葉山柚子など、アジア各国から多数のインフルエンサーが出演。本作に盆踊りの振り付けと三味線の演奏で参加した創作日本舞踊家の孝藤右近はミュージックビデオの中で連獅子に扮し、夢乃屋エンターテイメントのダンスチーム SAMURAI6と花魁Girlsは踊りと衣装で日本の伝統文化の色を添えている。


Nameweeは本作に関して「今回の作品は、世界各国の文化の違いと面白さ、その国々が持つ固有の文化の魅力や素晴らしさを、愛と敬意とユーモアを持って表現することに挑戦した作品。仕上がりにはとても満足しています」と語っている。又、YouTube上で開催される「踊ってみた」キャンペーンについて「盆踊りの参加者が手を取り合い作る輪は、日本の精神である和の心が表現されているという話を聴きました。この歌で踊ってみた人たちが手をつなげば、地球を一周する輪ができるほど、たくさんの人たちが楽しく踊ってくれたら嬉しい」とその意気込みを語った。


11月25日より台湾台北市を皮切りにスタートするNameweeのワールドツアーには、二宮芽生のゲスト出演も決定。アジア各国のコンサート会場で新曲「東京盆踊り2020」を披露する。








企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top