Amazon Fashion Week TOKYOにて、ファッションデザイナーVIVIANO SUE と新型LEDサイネージドローン「ANDRONE」を発表 - PR TIMES|RBB TODAY

Amazon Fashion Week TOKYOにて、ファッションデザイナーVIVIANO SUE と新型LEDサイネージドローン「ANDRONE」を発表

ph+は、小型無人機クワッドコプター(ドローン)の技術を応用し、航空法飛行許可不要でどこでも飛ばせるLEDサイネージデバイスを発表しました。

映像サービスを提供するph+は、ドローンの技術を応用し、航空法飛行許可不要でどこでも飛ばせるLEDサイネージデバイスを発表しました。



ドローンなど最新の映像機器により様々な課題を解決するph+(ピーエイチ・プラス株式会社)は、
10月19日に渋谷ヒカリエにて開催のファッションデザイナーVIVIANO SUEによるショーにおいて、ドローン技術を応用したLEDサイネージデバイスで演出協力を行いました。

このショー演出で用いたデバイスは、ph+が開発した新型LEDサイネージドローン「ANDRONE」です。
ANDRONEは、小型無人機クワッドコプター(ドローン)の飛行技術を応用した、安全にファッションショーや各種イベントで活用できるデバイスです。
空中にふわりと浮き上がり、機体に内蔵された50個のLEDがコンピュータープログラムによって発光、外部フィルムのブランドロゴとともに、ショーの演出を可能にします。

一般的なドローンでは、飛行の安定性などのリスクから、ファッションショーなど人の近くで飛行させることが困難でした。また、重量が200g以上の場合には、場所等の飛行条件により国土交通省による飛行許可が必要です。
一方でこのANDRONEは、飛行に必要な構造的重量が200g未満となっており、国土交通省の飛行許可が不要です。さらに、フロアもしくは人とデバイスと繋がり、万が一のアクシデントの際にはそのコードによって意図しない落下を抑止します。また、外殻にはスプリング機構が備わり、衝撃を吸収する機能があります。

ANDRONEの外殻は、スプリング構造になっており、着陸時の衝撃を吸収する設計となってます。
TYPE-1は、比較的軽量なスケルトンとなっており、アクションカメラでライブストリーミングするなど、演出の幅を広げます。
ph+では、このANDRONEを国内外で開催される各種イベント等で広く活用いただけるよう準備しております。




Amazon Fashion Week TOKYOについて
"ファッション・ウィーク" とは、年2回、世界のファッション都市で開催されているファッションの祭典で、
ファッション・ショーや展示会で発表される最新コレクションから、次のシーズンのトレンドが生まれています。

東京のファッション・ウィークが「Amazon Fashion Week TOKYO(アマゾン ファッション ウィーク東京)」です。一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)が主催し、毎年3月と10月に開催しています。

オペレーター
北川 哲一郎 / grid_FPV
grid_FPV代表、DPA認定インストラクター、マイクロドローン普及委員会チーフパイロット、公立小学校でのドローン教室開催、有名アーティストのPV用空撮や大型イベントでのドローン使用のディレクションを手掛け、FPVシネマトグラファーとして海外でのFPVフリースタイル空撮ツアーを開始。
official HP:https://www.instagram.com/grid_fpv
Instaglam:http://grid-fpv.com

白石麻衣 / Shiromai
FPV•空撮ドローンパイロットNamaiki FPVとして日本や海外のイベント、レース等でfpvドローンパイロットとして活動中。日本人女性初fpvドローンレース出場者。
Instaglam:https://instagram.com/namaikifpv

VIVIANO SUE ヴィヴィアンノ スー
中国出身、アメリカ育ち。
2008年来日。
文化ファッション大学院大学を修了した後、デザインへの情熱から、自身のブランドを設立した。ヴィヴィアンノのキャリアは初期のブライダルとクチュールの仕事からはじまり、今ではプレタポルテもデザインしています。アジアや海外でショーを行い、Vogue、SuperiorMagazine、GlamourUK、L'Officielなどのようなメディアで紹介されています。

ピーエイチ・プラス株式会社
ドローンのみならず、革新的で誰も見たことがない映像体験をご提供する写真創造企業のピーエイチ・プラス株式会社(ph+)は2017年4月に設立。ドローンによる空撮素材のマーケットプレイスを始め、最新の技術によって写真や映像制作の創造を引き出していきます。
official HP:http://ph-plus.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top