ぐるなび x 映画「火花」オリジナル広告・ポスター - PR TIMES|RBB TODAY

ぐるなび x 映画「火花」オリジナル広告・ポスター

菅田 将暉・桐谷健太・木村文乃・板尾創路監督出演

一緒に忘年会に行きたいタレント・ダブル1位!菅田 将暉・桐谷健太 株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎)は、忘年会シーズンを盛り上げるため、映画「火花」(製作:吉本興業・東宝、配給:東宝)とタイアップした広告・ポスター2種類(バルver/居酒屋ver)を全国で展開します。


 ぐるなびでは、2011年から「忘年会はお祭りだ。」をキャッチフレーズに、1年の労をねぎらい仲間との親交を深める日本の恒例行事『忘年会』の文化的価値を広告を通じて発信してきました。2017年は、映画「火花」とタッグを組んで、忘年会ムードを盛り立てます。店頭ポスターおよび広告は、主演の菅田将暉さん・桐谷健太さん・ヒロインの木村文乃さん・板尾創路監督がプライベートで忘年会をしているような雰囲気を出すため、実際に食事をしながら撮影を行いました。当日は、桐谷さんが盛り上げ、木村さんが料理を取り分けるなど映画同様に和やかな雰囲気で進みました。

 広告は10月19日の都内中吊りを皮切りに、ぐるなびの営業所拠点を中心に首都圏、関西エリア、北海道、宮城、新潟、石川、静岡、愛知、岡山、広島、愛媛、福岡、鹿児島、沖縄で随時展開、ポスターは10月16日から全国のぐるなび加盟店で掲示がスタートしています。また、11月1日からは、火花グッズなどが当たる「ぐるなび×火花 SNSキャンペーン」がスタート予定です。


ぐるなびは、映画「火花」とのタイアップを記念して、忘年会アンケート調査を実施しました。(調査実施日:2017年10月5・6日/対象:ぐるなび会員20~69歳男女)

1.忘年会をしてみたいタレント、徳永(菅田)、神谷(桐谷)堂々の第1位


「あなたが一緒に忘年会をしてみたい芸能人」を尋ねたところ、20代男性俳優・タレント部門では、徳永役を演じた菅田将暉さんが1位、30代男性俳優・タレント部門では神谷役を演じた桐谷健太さんが1位となりました。菅田さんは、20代女性からの支持が圧倒的に高く、50代・60代の女性層からも多く支持されました。桐谷さんは、性別・世代をこえて安定的な支持を得たことで1位に輝きました。

2.一緒にいて笑顔が絶えない先輩はOK、自慢話が多い先輩はNG


 映画「火花」では、先輩・神谷、後輩・徳永が一緒に食事をするシーンが多く描かれていますが、「一緒に忘年会に行きたい先輩」では、1位から5位までが神谷の役柄に当てはまる内容が選ばれました。一方、「一緒に忘年会に行きたくない先輩」では、『自慢話が多い人』が1位に。過去の武勇伝などは控えめにしたほうが良さそうです。

3.先輩後輩の会計事情、おごらなくても、多めに払えば威厳を保てる?!


先輩との忘年会で「全額おごってほしい」は1割以下。「割り勘がいい」も4割近くいることがわかりました。一方、半数以上が「多めに出してほしい」と思っていることから、先輩が少し多めに出すことで後輩からの評価が高まりそうです。

■広告概要
【交通広告】
首都圏   JR東日本 10月19日~         愛知  名古屋地下鉄 10月23日~
関西エリア 大阪・神戸・京都地下鉄 10月22日~ 岡山  岡山鉄道バス 10月27日~
北海道   札幌地下鉄 10月23日~       広島  JR西日本 10月23日~
宮城    仙台地下鉄 10月25日~       愛媛  伊予鉄道 10月27日~
新潟    新潟交通バス 10月26日~      福岡  西日本鉄道、西鉄バス 10月23日~
石川    北陸鉄道バス 10月23日~      鹿児島 鹿児島市電 10月27日~
静岡    静岡鉄道バス 10月28日~      沖縄  ゆいレール 10月27日~

■制作会社・スタッフ
広告会社          :株式会社NKB
制作広告会社        :株式会社電通
制作会社          :株式会社ワークアップたき

クリエイティブディレクター :高崎 卓馬(電通)
アートディレクター     :笹沼 修(電通)
デザイナー         :楮山 直仁(ワークアップたき)
コピーライター       :高崎 卓馬(電通)、鈴木晋太郎(電通)
クリエイティブプロデューサー:和田 耕司(電通)
カメラマン         :若木 信吾(フリー)
フォトプロデューサー    :大槻 香織(横浜スーパー・ファクトリー)
コーディネート       :イイダ ケンジ(シリウス)、鈴木ゆか(シリウス)
レタッチャー        :新部 佳久(スタジオヱビス)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top