【NewRereae】未来の文化を生み出すプラットフォーム「THE KYOTO」1周年記念 人気有料記事を特別無料公開 - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

【NewRereae】未来の文化を生み出すプラットフォーム「THE KYOTO」1周年記念 人気有料記事を特別無料公開



「宮田裕章の未来と共鳴する古典『枕草子』」などの人気有料連載を期間限定で無料公開中

THE KYOTO|文化を知る。世界を変える。

報道関係各位
2021年6月9日
THE KYOTO事務局

未来の文化を生み出すプラットフォーム「THE KYOTO」1周年記念 有料連載記事を特別無料公開
 京都をヒントに未来の文化を生み出すためのプラットフォーム「THE KYOTO」は、昨年6月9日にサービスを開始し、1周年を迎えました。これまでご利用いただきました皆さまに、深く感謝申し上げます。
 この度1周年を記念し、人気の有料記事を無料で読んでいただけるキャンペーンを行います。THE KYOTOのホームページ並びにアプリから、期間限定でご覧いただくことができます。この機会にぜひ、ご利用ください。

【特別公開1】宮田裕章の未来と共鳴する古典『枕草子』
データサイエンスの研究者 宮田裕章さんは、未来を考える上で、『枕草子』に普遍的な日本の美意識を求めました。写真家で映画監督の蜷川実花さんとシェフでパティシエの庄司夏子さんとともに、現在の京都で捉えた「春はあけぼの」の世界をお届けします。

■無料特別公開スケジュール
・第1段~第3段:2021/6/7(月)~6/13(日)

■記事URL
宮田裕章の未来と共鳴する古典『枕草子』第1段
https://the.kyoto/article/miyata-makuranosoushi1

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106096070-O2-I52gR8z5

 
【特別公開2】いしいしんじの「禅語」
禅語はことばの豊かな「遊び」―。作家いしいしんじさんが直感でつかんだことばを、ひと筆書きのようにつづります。「主人公」「生涯竹一竿」「休休休」-。思いがけないことばとの出会いが、日常を見つめ直すきっかけになるかもしれません。

■無料特別公開スケジュール
・#1~#10:2021/6/7(月)~6/13(日)
・#11~#20:2021/6/14(月)~6/20(日)
・#21~#30:2021/6/21(月)~6/27(日)
・#31~#40:2021/6/28(月)~7/4(日)
・#31~#50:2021/7/5(月)~7/11(日)

■記事URL
いしいしんじの「禅語」 #1〈主人公〉
https://the.kyoto/article/0e100a34-543f-40d0-869c-0cb997935f34

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106096070-O3-TlL39c2Q

 
【特別公開3】孤高のダンディズム 生田耕作を見よ
その名訳を三島由紀夫が絶賛し、京都大学教授の職を途中で辞して異端文学の翻訳に生涯を賭した仏文学者・生田耕作。その知られざる内実に迫ります。

■無料特別公開スケジュール
・#1~#3:2021/6/7(月)~6/13(日)
・#4~#6:2021/6/14(月)~6/20(日)
・#7~#9:2021/6/21(月)~6/27(日)
・#10~#12:2021/6/28(月)~7/4(日)
・#13~#15:2021/7/5(月)~7/11(日)

■記事URL
孤高のダンディズム生田耕作を見よ#1 雑踏の紳士
https://the.kyoto/article/ikuta1

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106096070-O4-u2jrqIkA

 
【成果レポート】文化特化型「THE KYOTOクラウドファンディング」全10件すべてのプロジェクトで目標達成
 世の中にクラウドファンディングプラットフォームは数多くありますが、THE KYOTOは「文化特化型クラウドファンディング」として、計10件のプロジェクトを実行してきました。そして、その10件すべてで達成率100%を超えることができました。京都の文化を守り、育てるためのクラファンにご支援いただいた皆さまに感謝申し上げます。現在、文化を育てる次なるプロジェクトが開催されておりますので、ぜひご覧ください。

■THE KYOTO クラウドファンディング一覧
https://the-kyoto.en-jine.com/projects

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106096070-O5-36GL7mir

 
【開催中プロジェクト】伝統工芸を日用品へ。京丹後市網野町に海辺のちょうちん屋さん「小嶋庵」を作る!
 京提灯製造卸「小嶋商店」の10代目小嶋俊さんが、コロナ禍でのおうち時間に少しでも安らぎを加えられるよう、日用品として扱える新たなちょうちん作りに挑戦。京都府北部へ移住し、地元の子供から観光客まで気軽に伝統工芸の工房に遊びに来られるような地域に開かれた工房を目指しています。
 ろうそく型LEDライト付きの置き型なのですぐに活用できるインテリア提灯や、網野町でのワークショップにペアで参加できるお楽しみチケットなど、ユニークなリターンも是非ご覧ください。

■クラウドファンディング|伝統工芸を日用品へ。京丹後市網野町に海辺のちょうちん屋さん「小嶋庵」を作る!
https://the-kyoto.en-jine.com/projects/kojimaan

■紹介記事|京提灯の老舗10代目の挑戦 丹後に工房新設へ
https://the.kyoto/article/kojimaan_cf

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106096070-O6-7eHTs2G0

 
【今後注目のプロジェクト】片山家能楽・京舞保存財団 新作能「媽祖」
海の女神「媽祖(まそ)」を題材に、コロナ禍で生まれた新作能。
企画/指揮:片山九郎右衛門、原作/台本:玉岡かおる。
21年9月頃よりクラウドファンディングをスタート予定。(新作能の公演は、22年4月予定)

詳細は、こちらのFBページをご覧ください。
https://www.facebook.com/masoproject/?ref=py_c

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106096070-O7-37tb8tbJ

THE KYOTOとは
美と哲学に触れる新習慣。「THE KYOTO」アプリ
 「THE KYOTO」のスマートフォン用アプリでは、感性を刺激する記事を毎日お届けするほか、文化に携わるFellowたちと出会うイベント、日本文化を育てるクラウドファンディングの支援に参加していただくことができます。「毎日10分で、美意識を磨く」新習慣を、利用者の皆様にご提供します。

「THE KYOTO」スマートフォン用アプリ概要
・ダウンロード、メンバー登録無料
・より深く文化に触れるプレミアムメンバー限定コンテンツあり(月額制)
・プレミアムメンバー特典の無料お試し期間あり(1週間)
・アプリのダウンロードはこちら https://the.kyoto/app
※WEBサイトも引き続きご使用いただけます
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106096070-O8-60r26267】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106096070-O9-X81frLdC

page top