製造機器一括分析ソリューション「FAAP」の提供を開始 - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

製造機器一括分析ソリューション「FAAP」の提供を開始



~機器の故障予兆検知や生産品検品の自動化をトータルでサポートし、製造現場の生産性向上を実現~

2020年6月30日
株式会社NTTドコモ
株式会社シナプスイノベーション
ブレインズテクノロジー株式会社

 
 株式会社NTTドコモ(代表取締役社長:吉澤 和弘/以下、ドコモ)と、株式会社シナプスイノベーション(代表取締役社長 藤本 繁夫/以下、シナプスイノベーション)、ブレインズテクノロジー株式会社(代表取締役:濱中 佐和子/以下、ブレインズテクノロジー)は、機器の故障予兆の検知や生産品検品の自動化など製造現場の生産性向上を目的に、5Gにも対応した製造機器一括分析ソリューション「FAAP™(以下、FAAP)」を、2020年6月30日(火)よりドコモから法人のお客様向けに提供開始します。

 「FAAP」は、工場内のロボット、制御機器、センサー、カメラなど多様な現場機器から取得したデータをリアルタイムに収集、クラウド上でAI分析・判定、判定結果を現場にフィードバックし、機器の故障時期の予測や生産品の不良検知を自動化するソリューションです。ソリューションを活用することで故障・メンテンナンスによる機器の稼働率低下の抑制や人手に頼る生産品の検品作業の自動化が可能となり、工場における生産性の向上、人手不足の解消や技能の平準化を実現します。また、「FAAP」は、現場の要望に合わせたソリューション設計だけでなく、データ収集に必要な機器の手配・接続確認、通信環境・クラウド・通知用アプリケーションの提供などシステム構築・運用ならびに保守までをドコモがトータルで提供するため、導入までの時間を短縮しコストを削減できるだけでなく、運用開始後もソリューションに係る現場稼働を必要としません。
 「FAAP」では、シナプスイノベーションが構築したシステムを利用してデータを収集し、ドコモネットワークに設置した低遅延、高セキュリティなどMEC(Multi-access Edge Computing)※1の特徴を持つクラウドサービス「ドコモオープンイノベーションクラウド®」にデータを送信します。さらに、ブレインズテクノロジーが提供する、機械学習を利用することで高度な分析が可能となるプラットフォーム「Impulse™」を活用して、取得した膨大な現場機器データから製造現場の要望に最適なAIモデルを生成します。

 なお、「FAAP」は4G(LTE)ネットワークでも利用可能ですが、5Gの高速・大容量なネットワークを利用することで、より大容量の画像分析を可能にします。また、「ドコモオープンイノベーションクラウド」で本日より提供開始する「クラウドダイレクト™※2」と併用することで、より高セキュリティな環境でお使いいただけるようになります。

 今後3社は、それぞれのノウハウを持ち寄り、製造現場でのリアルタイムなデータを活用した生産性向上などスマートファクトリーの実現に貢献してまいります。

 
※1 「MEC」とは、移動通信網において、お客さまにより近い位置にサーバーやストレージを配備する仕組みです。
※2 「クラウドダイレクト」は、ドコモ網と接続したクラウドコンピューティング設備を用いたサービスである「ドコモオープンイノベーションクラウド」のオプションサービスです。通信端末とドコモオープンイノベーションクラウド間の通信経路を最適化することで、5Gによる低遅延・高セキュリティ通信を実現します。(各種条件により遅延時間は変動するため、ネットワークの伝送遅延が必ず一定以下になるといった保証をするものではありません。)
*「FAAP」、「ドコモオープンイノベーションクラウド」および「クラウドダイレクト」は、株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。
*「Impulse」は、ブレインズテクノロジー株式会社の商標です。

 

 
別紙
 


製造機器一括分析ソリューション「FAAP」の概要


1.特徴
(1)データ収集・分析から分析結果の活用まで、システム構築・運用・保守をトータルで提供
 現場の要望に合わせたソリューション設計だけでなく、データ収集に必要な機器の手配・接続確認、通信環境・クラウド・通知用アプリケーションの提供などシステム構築・運用ならびに保守までをドコモがトータルで提供するため、導入までの時間を短縮しコストを削減します。

(2)閉域通信による高セキュアなクラウド基盤
 製造現場で取得したデータをドコモネットワークに設置したクラウドサービス「ドコモオープンイノベーションクラウド」に送信するため、セキュリティの高い閉域通信を可能にします。

(3)5Gを活用したリアルタイムな大容量データ分析
 5Gの高速大容量通信を利用して、収集した現場機器データや高精細な画像データのリアルタイムな伝送を可能にします。
  
(4)要望に合わせたAIモデル生成
 収集した機器データから最適なAIモデルを作成するため、個々の製造現場の要望に柔軟に対応します。

<ソリューション構成>
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006301450-O6-uf38W526

 
<ソリューションイメージ>
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006301450-O7-215SUgM4

2.各社の役割
<ドコモ>
 ・「FAAP」のサービス提供
 ・5GやLTEなどの無線通信に関するノウハウ・サービスの提供
 ・「ドコモオープンイノベーションクラウド」の提供
 ・「FAAP」導入時のコンサルティング
 ・「FAAP」導入後の保守

<シナプスイノベーション>
 ・製造現場の各機器から取得したデータをクラウド上に送信し、取得データの可視化・蓄積を行うためのシステム構築
 ・AIが判定した結果を現場にフィードバックするためのアプリケーションの開発

<ブレインズテクノロジー>
 ・クラウド上で機械学習を利用して高度な分析が可能なプラットフォーム「Impulse」の提供
 ・取得したデータの特性に応じたAIモデルの生成と推論

3.提供開始日
 2020年6月30日(火)

4.ご利用料金
 ・初期費用:900万円前後~
 ・月額費用:90万円~
※ お客さま毎にソリューションの利用方法をヒアリングの上、料金および提供条件をご提案します

5.お申込み方法
 ・全国のドコモ法人営業担当者
 ・https://www.nttdocomo.co.jp/biz/support/inquiry/

 
6.ソリューション紹介ページ
 https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/faap/

 
参考

 
各社の製造業における取り組み概要

 
■株式会社NTTドコモ
 ドコモは、工場内の各機械やセンサーから取得したデータを見える化し、データ分析結果を製品の品質向上や、工場の生産性向上に活用するなど、スマートファクトリーの実現に取り組んでいます。製造機器を一括分析するアプリケーションを提供する「FAAP」と併せて、高速大容量・低遅延の特徴をもつ5GやLTE・Wi-Fi®などの無線通信技術を活用して、最適な工場内のネットワーク環境の構築を支援する「ワイヤレスコンサルティング※」をセットでご提供いたします。

※「ワイヤレスコンサルティング」とは、5Gをはじめとした通信ネットワークをお客さまのご要望に合わせて、エリア調査から構築設計・導入支援までをサポートするネットワークの総合的なコンサルティングサービス「ネットワークカスタマイゼーション™」のメニューのひとつです。企業などのネットワーク全般に関するお困りごとを伺い、ドコモの5Gだけでなく、LTEやWi-Fiなどの汎用ネットワーク技術も含めてお客さまに最適なご提案を実施します。

■株式会社シナプスイノベーション
 シナプスイノベーションは、生産管理ソリューションの開発・導入支援およびIoT事業を行う企業です。設備・生産情報の自動収集・見える化をワンストップで実現します。また、生産現場で取得したデータをERP(統合基幹業務システム)・生産管理システム・MES(製造実行システム)・生産スケジューラ・BI(ビジネス・インテリジェンス)などに展開し、製造現場における課題解決に最適な各種データを提供します。

■ブレインズテクノロジー株式会社
 ブレインズテクノロジーが提供する「Impulse」は、生産工程のあらゆる場面で必要となる故障予兆の検知、故障要因分析、不良品の検出、外観検査といった多様な分析アプリケーションを取り揃えており、複雑で膨大なセンサーや動画像データとAI技術を用いた新たなアプローチで製造現場の課題を解決します。

*「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
*「ネットワークカスタマイゼーション」は、株式会社NTTドコモの商標です。

 

page top