「エコピアの森 関」で森林整備活動を実施 - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

「エコピアの森 関」で森林整備活動を実施



2019年11月7日

株式会社ブリヂストン

「エコピアの森 関」で森林整備活動を実施

株式会社ブリヂストン関工場(工場長 原 秀一)は、10月26日に関市にある「エコピアの森 関」において、森林整備活動を実施しました。当日は関工場従業員やその家族、岐阜県や関市の職員など、131名が整備活動に参加しました。

当日は雑草の刈り取りや間伐といった森林整備活動を実施し、参加者は清々しい汗を流しました。また、森の素材を用いた木工体験イベントも開催され、参加者はオリジナルの竹とんぼづくりを楽しみました。


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201911073196-O1-4m7n6757
「エコピアの森 関」での記念撮影


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201911073196-O2-7sJWTXOR
森林整備活動(雑草の刈り取り)


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201911073196-O4-cN7wRfHi
木工体験イベント

「エコピアの森 関」は、当社が岐阜県、関市、富乃保財産区、中濃森林組合と2013年から締結している「生きた森林づくり協定」にもとづき、地域の皆様が親しめる森づくりに取り組む活動です。当社は、本協定に基づき、「エコピアの森 関」(約26ha)を計画的に整備しております。

当社グループは、「環境」をグローバルCSR体系「Our Way to Serve」の重点領域の1つとして位置付けています。持続可能な社会の実現を目指し、関工場においても、地域の皆様と共同で「エコピアの森 関」の森林整備活動をはじめとするさまざまな環境保全活動に取り組んでいきます。

【「エコピアの森」プロジェクト概要】
ブリヂストンは、2010年から森林整備活動「エコピアの森」プロジェクトを行っています。工場など国内事業拠点の周辺に森林整備区域「エコピアの森」を設け、間伐などの森林整備活動を実施しています。なお、「エコピア(ECOPIA)」は当社の低燃費タイヤで、「低燃費性能」、「安全性能」と「ライフ性能」を高次元で実現しています。

【関工場 概要】
1. 所在地  : 岐阜県関市新迫間20 関工場団地内
2. 工場長  : 原 秀一
3. 操業開始 : 1990年12月
4. 従業員数 : 251人(2019年9月末現在)
5. 敷地面積 : 149千m2
6. 生産品目 : 高圧ホース、樹脂製プッシュロックパイプ、OA部品(インク吸収体)

【「エコピアの森」 Webサイト】
https://www.bridgestone.co.jp/csr/soc/eco/japan/ecopia_forest/index.html

page top