インド最大のSchool EdTech企業LEADが1億ドルを資金調達して2022年初の「EdTechユニコーン」になる - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

インド最大のSchool EdTech企業LEADが1億ドルを資金調達して2022年初の「EdTechユニコーン」になる

AsiaNet 94051 (0104)

【ムンバイ(インド)2022年1月13日PR Newswire=共同通信JBN】
*WestBridge CapitalとGSV Venturesが率いる資金調達によって、同社の企業価値は11億ドルになる

インド最大のSchool EdTechプレーヤーのLEAD(https://leadschool.in/ )は、1億米ドルを調達して企業価値を11億ドルに引き上げ、インドの学校変革のミッションを継続する。この資金調達はいくつかのフロントで歴史を創り出す。

*LEADをユニコーンクラブ入りする最初のSchool EdTechプレーヤーにする
*LEAD を2022年で最初のEdTechユニコーンにする

シリーズE資金調達ラウンドはWestBridge CapitalとGSV Venturesによって率いられ、これは両社最大のEdTech投資で、すべての子供に優れた教育を提供するというLEAD の野心的なビジョンを拡充する。

大半のEdTech企業はK-12ないしは高等教育の補習教育を提供しているが、LEADは同社のテクノロジーを統合したソリューションによってインドの中核の学校教育を変革することに専念する唯一のEdTechユニコーンである。同社は年間経常利益8000万ドルを使用して、この4年で迅速な採用を実施、インドの500以上の都市の5000の学校で2022年-23年の学年度に加わる。同社は約200万人の学生にサービスを提供し、学校における学生の学習成果の大幅な向上を約束し、それを提供する。

同社は、10億ドルの年間経常利益の収益を利用して2500万人以上の学生に高品質で手の届く授業料の教育を提供するという同社のビジョンを実現する計画である。当面の目標は、プロダクトおよびカリキュラムのイノベーション、同社フットプリントの拡大、全職能におけるトップタレントの雇用を目指している。長期的には、同社はインド国内でさらに浸透し、より低授業料の学校の学生にサービスを提供し、同様な分野で国際的に拡大することを計画している。

LEAD の共同創設者であるスミート・ヤシュパル・メータ(Sumeet Yashpal Mehta)氏とスミタ・デボラ(Smita Deorah)氏は「子供は学校で6時間過ごすが、授業は1時間しか受けない。学校の変革は、それが適切に実行されれば、わが国の未来を変える巨大な潜在能力を秘めている。LEADは同社の統合学校システムによって、この方向性に向かって新天地を切り開いた。われわれは、EdTechではサラスバティーがラクシュミーよりも重要であると確信している。われわれが最も重視してきたのは、学生の学習成果と、人生の成功である。これは、学校による強力な採用とつなぎ止めだけでなく、真の効果を伴う収益を重視する投資家からの関心をもたらした。われわれは、当社のミッションに忠実であり続け、LEADをインド全域に浸透させることに寄与したLEADersのチームに大いに感謝する。幸運にも、この過程でWestBridge Capital、Elevar Equity、GSVなどのパートナーの信頼と支援を勝ち得ることができた。これは、すべての子供のための優れた教育を追求する当社にとって小さなマイルストーンである」と語った。

WestBridge CapitalのSandeep Singhalマネジングディレクターは「LEADがインド最大のSchool EdTechプロバイダーとして成功したことを極めて誇りに思う。COVIDによる混乱にもかかわらずLEADが昨年成長したのは、消費者ファーストのアプローチと学習成果への深い注力によるものである。われわれはLEADへの投資を強化し、インドの教育セクターを変革し、数百万人の学生の生活に影響を与えるという同社のミッションをサポートできることを大変うれしく思う」と語った。

GSV VenturesのDeborah Quazzoマネジングパートナーは「LEADはインドのK-12教育を変革する代表的企業として登場した。同社は手の届く授業料の学校向けに『インテル入っている(Intel inside)』としての役割を果たし、低/中所得層の学生向けのすべての学科およびすべての学年で70%以上の習得を保証し、その保証を上回っている。われわれGSVは、習得保証はk-12教育スペースにおける革命的な贈り物であり、学生にとって社会的に転換できる可能性を秘めていると確信している。この強力かつユニークなバリュープロポジションとずば抜けた管理チームによって、LEADは世界最大かつ最も影響力のあるSchool EdTech企業になる道を進んでいる」と語った。

同社の企業価値は、経営および財務の評価指標の大幅な拡大を背景にして、過去9カ月で2倍になった。今回のラウンドは、2017年から5回目となる機関投資家による資金調達である。

スミート・ヤシュパル・メータ(Sumeet Yashpal Mehta)、スミタ・デボラ(Smita Deorah)両氏によって2012年に創設されたLEADは、革新的なフルスタックSchool EdTechソリューションによってインドの中核の学校教育を変革してきた。長年にわたってLEADは国際基準の教育を、特に主要都市以外の学生に利用可能にし、それを手の届くものにしてきた。LEADが運営する学校のカリキュラムは、シンガポール、カナダ、米国を含む世界で最高水準である。

▽LEAD(https://leadschool.in/ )について
LEADは、スミート・ヤシュパル・メータ(Sumeet Yashpal Mehta)、スミタ・デボラ(Smita Deorah)両氏が推進するSchool EdTechカテゴリでインドを代表するプレーヤーであり、インドの学校教育を変革することを使命としている。 テクノロジー、カリキュラム、教育学を統合教育・学習システムに組み合わせることで、全国の学校での生徒の学習成果と教師のパフォーマンスを向上させる。 LEADの革新的で非常に効果的な統合学習システムでは、最高品質の教育を提供することにより、すべての子供たちの全体的な成長と発達を促進するために、学校、教師、保護者の役割を大幅に強化する。

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1725782/LEAD.jpg

ソース:LEAD

page top