ラッセル・レイノルズ・アソシエイツ、輿石幸広を採用 - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

ラッセル・レイノルズ・アソシエイツ、輿石幸広を採用



 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201136023-O1-a0jftk13

AsiaNet 94046

【東京2022年1月13日PR Newswire】リーダーシップ・アドバイザリーおよび人材サーチのグローバル企業であるラッセル・レイノルズ・アソシエイツhttps://www.russellreynolds.com/ )は、本日、輿石幸広Yukihiro Koshiishihttps://www.russellreynolds.com/en/people/consultant-directory/yukihiro-koshiishi )がグローバル金融サービス分野担当のシニアメンバーとして入社したと発表しました。東京を拠点として、輿石は20年以上にわたって日本企業やグローバル企業のためのエグゼクティブ人材サーチ、グローバル・リーダーシップ・アセスメントに従事した経験を有しています。

ラッセル・レイノルズ・アソシエイツの日本代表を務める岸田雅裕は、「輿石はリーダーシップ・アドバイザリーの経験がきわめて豊富なプロフェッショナルであり、彼を東京チームに迎えることが出来たことを大変喜ばしく思っております。」と述べています。「輿石の積み重ねてきた豊富な経験と知識により弊社の金融サービスチームはお客さまに真の価値をお届け出来るものと考えております。金融サービスにおいてお客さまが直面する課題に関して輿石は深い知見と知識を有しております。ビジネスの目標を達成するためにはどのようなリーダーシップのソリューションが必要であるかをお客さまが見極めることに輿石はお役に立てると考えております。」

ラッセル・レイノルズ・アソシエイツ入社以前に、輿石はグローバルなエグゼクティブ・サーチ会社において、シニア・クライアント・パートナーとして日本のグローバル金融市場ビジネスを統括していました。またそれ以前には、ラッセル・レイノルズ・アソシエイツに16年間在籍し、日本および海外の大手金融機関、プライベート・エクイティ・ファーム、日本企業などのCEOや経営幹部のサーチを担当していました。
輿石は、慶応義塾大学において経済学学士、ハーバード大学のジョン・F・ケネディ・スクールにおいて行政学修士の学位を取得しています。

ラッセル・レイノルズ・アソシエイツについて
ラッセル・レイノルズ・アソシエイツは、リーダーシップ・アドバイザリーのグローバル企業です。世界47拠点、520名超のコンサルタントが、あらゆる業界と地域の公共機関、民間企業、非営利団体にサービスを提供しています。当社は、クライアントが今日の課題に対処し、グローバルなビジネス環境を作り変えるデジタル・経済・政治面の動向を予測できる、変化をもたらすリーダーのチームを構築する事を支援します。また、取締役会の構造、文化、有効性にかかわる支援から、組織にとって最適なリーダーシップの特定、評価、定義に至るまで、当社のチームは長年にわたって積み上げてきた専門知識を駆使して、クライアントがその最も複雑なリーダーシップの問題を解決できるようサポートします。ラッセル・レイノルズは、世界のリーダーシップの在り方をより良いものにするために存在しています。www.russellreynolds.com

問い合わせ先:
ジョアン・チン(Joann Chin) ラッセル・レイノルズ・アソシエイツ(Russell Reynolds Associates)
+65 6496 0614
joann.chin@russellreynolds.com

ソース:Russell Reynolds Associates Japan

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=412728
(画像説明:ラッセル・レイノルズ・アソシエイツ、輿石幸広を採用)

(日本語リリース:クライアント提供)

page top