Queen Bee Capital(QBC)とNium、日本からの国際送金サービスの拡大で提携 - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

Queen Bee Capital(QBC)とNium、日本からの国際送金サービスの拡大で提携

AsiaNet 93276(2987)

【東京2021年11月25日PRNewswire =共同通信JBN】
*QBCの日本の顧客は数十カ国へリアルタイム送金が可能に

国際送金とカード発行を扱う大手企業のNium(http://www.nium.com/ )と日本の送金企業のQueen Bee Capital(https://www.queenbeecapital.com/en/ )(QBC)は、日本のQBCの法人と個人の顧客向けに国際送金サービスを拡大するために提携した。

この提携を通じてQBCはNiumの高度な送金機能(https://www.nium.com/platform/ )を利用し、日本から30種類の通貨で200カ国・地域以上へ送金するリアルタイムでコスト効率が良く、しかも透明性のある国際決済ソリューションを提供する。送金対象国・地域には米国、オーストラリア、シンガポール、バングラデシュ、英国、欧州、中南米(アルゼンチン、ブラジル、チリ、ウルグアイ、ペルー、メキシコ、コロンビア)が含まれる。

NiumのFrederick Crosby最高収益責任者は「日本で最初のパートナーの1社であるQueen Bee Capitalとの提携を発表できて喜んでいる。当社のプラットフォームによってQBCは、世界中のもっと多くの国々や地域へスムーズでリアルタイムの送金サービスを顧客に提供できる」と語った。

Queen Bee CapitalのShenbo Huang社長は「Niumは国際送金ではグローバルリーダーの地位を確立している。彼らのプラットフォームを統合することでわれわれは、世界のもっと多くの地域へコスト効率よく簡単に到達できる。ほとんどの場合リアルタイムで。この関係を将来的に拡大することに期待している」と述べた。

▽Niumの送金機能(https://www.nium.com/platform/ )がQBCにサービス可能にするのは、
*顧客に対する多くの種類の通貨でのスムーズなB2B、P2P、B2P、P2Bの国際送金
*多くの種類のリアルタイム送金経路へのアクセス
*即時で迅速な決済

▽Queen Bee Capitalについて
会社名               Queen Bee Capital 株式会社
事業内容            資金移動業、決済情報ソリューションの開発・提供
登録                   関東財務局長第00010号
加入団体            日本資金決済業協会第00431号、日本代理収納サービス協会、Fintech協会
設立                   2007年(平成19年)9月
代表取締役         SHENBO HUANG
資本金                576,905,000円
所在地             〒105-7307 東京都港区東新橋一丁目9番1号 東京汐留ビルディング7階
電話/ファクス    TEL: +81-3-6809-2785 / FAX: +81-3-6809-2786
ウェブサイト    https://www.queenbeecapital.com/

▽Niumについて
Niumはあらゆる規模の銀行、決済業者、企業に対し、1つのAPIを経由する国際送金サービスへのアクセスを提供する大手エンベディッド・フィンテック企業である。そのモジュラー型プラットフォームは摩擦のないコマースに力を与え、送金(https://www.nium.com/platform/?tab=pay-out )、預け入れ(https://www.nium.com/platform/?tab=pay-in )、カード発行(https://www.nium.com/platform/?tab=issue-cards )、バンキング・アズ・ア・サービス(https://www.nium.com/platform/?tab=baas )の各サービスによって、企業に世界での支払いや受け取りを助けている。Niumのプラットフォームに接続した企業は、190カ国以上へ100種類を超える通貨で送金が可能になる。そのうち85カ国はリアルタイム処理。資金が受け取れる27市場に含まれるのは、東南アジア、英国、香港、シンガポール、オーストラリア、インド、米国。Niumの拡大するカード発行ビジネスは、欧州(単一ユーロ決済圏=SEPA)、英国、オーストラリア、シンガポールなど33カ国で利用できる。Niumは世界11地域の法域を網羅する最も幅広い事業免許を保有し、国や地域にかかわらず、スムーズな国際送金と迅速な統合を可能にしている。

Niumは、世界で最も有望なフィンテック企業に光を当てるCB Insights Fintech 250に、2020年と2021年に選ばれた。詳しい情報はhttps://www.nium.com を参照。

Niumがリアルタイムサービスを提供する市場の完全な詳細は、https://www.nium.com/network/ を参照。

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/1678669/Nium_Logo.jpg

ソース : Nium

page top