米州でトップ10に入る通信会社の1社がDarktraceと数百万ドル規模の契約に調印 - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

米州でトップ10に入る通信会社の1社がDarktraceと数百万ドル規模の契約に調印

AsiaNet 93235 (2957)

【ケンブリッジ(英国)2021年11月23日PR Newswire=共同通信JBN】
*2020年の初め以来、ラテンアメリカの顧客基盤が45%増加

サイバーセキュリティーAIで世界をリードするDarktrace(ダークトレース)は23日、ラテンアメリカでの事業が拡大を続けている中、米州でトップ10の通信会社の中の1社がサイバーAI技術を導入する数百万ドル規模の契約に調印したことを発表した。

その大手通信会社はDarktraceの自動対処製品Darktrace Antigenaを含む検知、調査、対処の製品ファミリー全体のソリューションを選択し、DarktraceのAI駆動による手法をサイバー防御に採用するラテンアメリカの顧客は増加を続けており、同通信会社もそこに加わる。こうした顧客にはGMX Seguros、Totalsec、ペルー税務監督庁(SUNAT、)、Orbia、アルベルト・アインシュタイン病院、Grupo Energia Bogotaなどがある。

DarktraceのPoppy Gustafsson OBE最高経営責任者(CEO)は「Darktraceのチームがブラジル、メキシコ、コロンビアで成長を続けている中、ラテンアメリカで新しい大手顧客を迎え、同地域における当社のプレゼンスを拡大することを大変うれしく思う。当社の自己学習型AIは、通常の業務を中断することなく、デジタルインフラ全体でエスカレートするサイバー脅威を迅速に阻止できるため、組織にとってユニークな味方になる」と述べた。

DarktraceはAGT Networks、Neosecure、Datawarden、iSecurityQA、Mainsoftなどと提携し、ラテンアメリカでのパートナーシップ拡大を続けている。

▽Darktraceについて
Darktrace(DARK:L)はサイバーセキュリティーAIのグローバルリーダーで、ランサムウェア、クラウド、SaaS攻撃などの高度な脅威から、全世界で6000近い顧客を保護する世界クラスのテクノロジーを提供している。Darktraceの根本的に異なるアプローチは自己学習型AIを利用し、自律的にビジネスを保護するためにマシンがビジネスを理解できるようにする。Darktraceは英国ケンブリッジに本社を置き、同グループは全世界で30を超えるオフィスを展開し、1600人の従業員を擁している。DarktraceはTIME(タイム)誌の2021年「Most Influential Companies(最も影響力のある企業)」の1社に選ばれた。

▽メディア問い合わせ先
Elly Williamson / Jane Glover
Powerscourt
Tel: +44 (0)7970 246 725
darktrace@powerscourt-group.com

Hecry Colmenares
Speyside Group (Mexico)
+52 55 2737 6497
darktracemx@speyside-group.com

Bryce Tom
Rubenstein (US)
+1 917 733 9494
darktrace@rubenstein.com

ソース:Darktrace

page top