Regor Therapeuticsが9000万ドルのシリーズB資金調達を完了 - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

Regor Therapeuticsが9000万ドルのシリーズB資金調達を完了

AsiaNet 88137 (0370)

【上海2021年2月19日PR Newswire=共同通信JBN】がん、免疫障害、代謝性疾患を治療する革新的創薬が専門の臨床段階のバイオテクノロジー企業Regor Therapeuticsは、9000万ドルのシリーズB資金調達の成功裏の完了を発表する。

一流多国籍製薬企業での幅広い研究と経営幹部の経験豊富なドラッグハンターのグループが2018年7月に設立したRegorは、世界クラスの革新能力の確立を目指しており、臨床的に差別化された最高かつ画期的な医薬品を世界の患者にもたらすことに専念している。チームは、独自の実現技術プラットフォームであるCARD(Computer Accelerated Rational Discovery)を活用し、このチームはアイデアから2年間で臨床開始など、劇的に加速された手法で多くの創薬プログラムを成功裏に進展させてきた。

シリーズB資金調達はLilly Asia Venturesが主導し、Loyal Valley Capital、Lanting Capital、TF Capital、Vertex Ventures Chinaなどが参加した。Regor Therapeuticsは中国の有名製薬企業Qilu PharmaceuticalGroupのシリーズA戦略的初期投資で設立された。

Regor創業者兼最高経営責任者(CEO)のXiayang Qiu博士は「この資金調達ラウンドへの主要ライフサイエンス投資企業からの強力な支持に非常に満足している。当社は現在、多様なプログラムの前臨床・臨床研究を進める強力な立場にある。当社は慢性疾患、がん、その他の生死に関わる疾患の世界中の患者の治療成果向上を目指しており、投資家との長期的な協力を期待している」と語った。

Lilly Asia VenturesマネージングパートナーのYi Shi博士は「Regor Therapeuticsの世界クラスのチームを支援し、命を救う未来の治療法を開発するより多くのプログラムと治療分野の取り組みを拡大することを誇りに思う」と述べた。

Loyal Valley CapitalのAndy Lin創業パートナーは「中国の飛躍の歴史的瞬間が次の10年で訪れる。バイオ医薬品業界の経験豊富な研究者、一流起業家、投資パートナーと協力できることは喜ばしい。われわれは共に、世界の患者に有意義な影響をもたらす革新的で斬新な医薬品によってより良い世界の実現に懸命に取り組んでいる」と語った。

▽Regor Therapeutics Groupについて
Regor Therapeuticsは、独自のCARD(Computer Accelerated Rational Discovery)プラットフォームを活用し、構造生物学、計算化学、治療生物学、医薬品化学と臨床開発をシームレスに統合することによる革新的で臨床的に差別化された医薬品の発見と開発を専門とする臨床段階の企業である。Regorは世界クラスの研究チームを集め、最高のクラスインクラスの分子の生産で高効率を実証した。

▽Lilly Asia Venturesについて
Lilly Asia Ventures(LAV)は2008年に設立された大手生物医学ベンチャーキャピタルであり、上海、香港、パロアルトにオフィスを構えている。当社のビジョンは、スマートキャピタルを求める優れた起業家の信頼できるパートナーになり、病気を治療して人間の健康を向上させる画期的な商品を開発する一流企業を構築することである。

▽Loyal Valley Capitalについて
2015年に設立されたLoyalValleyCapital(LVC)は、テーマ別の研究指向の未公開株投資企業で、中国の最も有望な企業の「えり抜きのパートナー」となってきた。LVCは、Tik Tok、Didi、Bilibili、Junshi、InnoCare、Akeso、Pop Mart、SUPCONなどの主要プレーヤーに影響を与えてきた。LVCは2020年に「中国で最も影響力のある未公開株投資企業上位10社」「中国の医療投資家上位20社」「中国の革新的医薬品投資家上位10社」「中国のコンシューマー投資家上位20社」にみごとに選ばれた。

▽Lanting Capitalについて
LanTing Capital(LTC)は国境を越えて製薬業界に焦点を当てた戦略的未公開株投資企業である。経験豊富な製薬業界と資産管理の専門家が設立したLTCは、比類のない業界知識とネットワークに加えて、米国、中国、欧州にわたる金融市場の幅広いノウハウを活用して、ポートフォリオ企業と投資家に独自の国境を越えた成長の機会をもたらす。LanTingは現在、プリンストン(米国)、ミラノ(イタリア)、ザーネン(スイス)、杭州(中国)で活動している。

▽TF Capitalについて
TF Capitalはライフサイエンス業界への投資に重点を置き、主として潜在力の高い初期段階の企業に投資している。TF Capitalは、さまざまな重要分野への戦略的投資と適切な提携を通じて、急成長する中国のライフサイエンス市場でチャンスを捉えようとしている。当社の投資チームは、ポートフォリオ企業を支援するために、業界で豊富な経験とリソースを備えている。

▽Vertex Ventures Chinaについて
Vertex Venturesはベンチャーキャピタルファンドの世界的ネットワークで、Tamasek Holdingsのメンバーである。オペレーター投資家は中国、米国、イスラエル、インド、東南アジアのポートフォリオを管理している。2008年に設立されたVertex Ventures Chinaは北京、上海、深センに事務所を持つ。現在、ドルと人民元の両方のファンドを運用しており、運用資産は100億円を超える。Vertex Ventures Chinaは中国本土全体で高成長の革新的新興企業に投資し、ディープテク、新しいデジタルエコノミー、医療の分野を網羅している。その注目すべき投資先には91 Wireless、Chipscreen、mobike、Horizo​​n Robotics、Harbor Biomed、Changba、Edge Medical、Inmagene、Infinovoなどがある。

www.regor.com

ソース:Regor Therapeutics Group

page top