Caliber Ophthalmicsが最新技術の眼科センターオブエクセレンスを開設 - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

Caliber Ophthalmicsが最新技術の眼科センターオブエクセレンスを開設

AsiaNet 87534 (0076)

 
【シンキングスプリング(米ペンシルベニア州)2021年1月13日PR Newswire=共同通信JBN】Surgical Specialties Corporation傘下のCaliber Ophthalmicsは米ペンシルベニア州シンキングスプリングに眼科設計・製造の最新技術センターオブエクセレンスの開設を発表する。新たに改修した2万3000平方フィートの施設は医療機器の精密製造用クリーンルーム、工学設計センター、高度ブレード製造機能を備えている。この施設はUnique Technologies Inc.(UTI)とVPM Surgical Inc.(VPM)の買収で得た眼科用メス・器具の設計・製造の数十年の経験を持つ2つの優れたチームを統合する。同施設は2020年12月、ISO 13485を取得した。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1397015/Caliber_Logo.jpg

新施設は機能を強化し、世界の顧客に対する発注から納品までの期間を短縮する。新たな設計センターは世界中の眼科手術の変容するニーズに対応する商品開発の促進を支援するため、エンジニアリングリソースを拡大した。当社は計画的な成長を支えるためチームの拡大を続ける。

Caliber Ophthalmicsは50年以上前にペンシルベニア州レディングで創業したSharpoint Inc.を起源とする。今日、Sharpoint(R)は眼科業界でメスの一流ブランドである。Caliber OphthalmicsはSharpoint(R)、UniqueEdge(R)、VPMで高品質、高性能のメスとブレードの極めて広範な製品ラインを世界の顧客に提供している。

Caliber OphthalmicsのYong Sunゼネラルマネージャーは「Sharpoint、UniqueEdge、VPMは顕微鏡手術用メスと針の50年の歴史的な革新の伝統があり、世界の顧客と販売業者に最高品質と最高のサービスを提供している。当社はこの顧客重視の伝統にコミットしており、この機能拡大、新たな製造技術、エンジニアリング能力の拡大によって顧客サービスを向上できることを非常に喜んでいる」と語った。

▽Caliber Ophthalmicsについて
米ペンシルベニア州シンキングスプリングに本社があるCaliber OphthalmicsはSurgical Specialties Corporationの1事業部門である。Caliber Ophthalmicsは眼科用のメス、縫合糸、涙点プラグ、その他の眼科手術用機器を設計、製造、販売する。当社はSharpoint(R)、Stylus(R)、UniqueEdge(R)、VPM、UltraGlide(R)、UltraPlug(R)などの信頼されるブランドのポートフォリオを提供している。

▽Surgical Specialtiesについて
Surgical Specialties Corporationは米マサチューセッツ州ウェストウッドに本社があり、高性能の眼科用・創傷閉鎖商品の広範なポートフォリオを開発、製造、販売している。縫合糸のポートフォリオにはQuill(TM) Barbed Sutures、Sharpoint(TM) Plus、LOOK(TM)ブランドがある。当社ブランドの眼科・縫合糸商品に加え、プライベートブランドの完成品の主要サプライヤーであり、Pearsalls、FSSB、Caliber Ophthalmics各事業部門を通じた受託製造(OEM)によるメス、縫合糸、縫合針の部品や完成機器の開発、製造で多くの大手医療機器企業の不可欠のパートナーでもある。北米、南米、欧州、アジアに販売チーム、米国、メキシコ、英国、ドイツ、中国に製造施設を擁し、当社は臨床医、販売業者、機器企業の世界的なパートナーである。詳細は次を参照:www.surgicalspecialties.com 、www.caliberophthalmics.com

▽メディア問い合わせ先
Matt Bastardi
SVP Commercial & Strategy
Surgical Specialties Corporation
mbastardi@surgicalspecialties.com

ソース:Surgical Specialties Corporation

page top