YuppTV、Dream 11インドプレミアリーグ2020の放映権取得 - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

YuppTV、Dream 11インドプレミアリーグ2020の放映権取得

AsiaNet 85598



YuppTV、Dream 11インドプレミアリーグ2020の放映権取得



動画配信サービス会社YuppTV、DREAM 11 インドプレミアリーグ2020の放映権を獲得



【アトランタ2020年9月15日PR Newswire】
南アジアのコンテンツ事業者として世界有数のOTT(インターネットによるコンテンツ配信サービス)であるYuppTVは、Dream 11インドプレミアリーグ2020(インドのプロクリケットリーグ)の合計60試合の放映権を取得しました。YuppTVは10を超える連邦直轄領において同リーグの試合を生放送配信します。新型コロナウィルスによるロックダウンの中、多数のスポーツファンがDream 11インドプレミアリーグ(IPL)2020 の観戦を自宅からバーチャル体験します。Dream 11 IPL 2020の放映権がもたらすファン層拡大と莫大な視聴者数により、 YuppTVは、グローバルなターゲット視聴者層の間で破竹の勢いとなることが予想されます。



YuppTVのOTTサービスによるDream11 IPL 2020の放映期間は、2020年9月19日から11月10日までです。ほかのクリケットのトーナメント戦と異なり、IPL のトゥエンティ20方式の試合は試合時間が約3時間のみと非常に短く、観客はその分手に汗握ります。プロモーションも大々的に展開されます。この機会を生かし、YuppTVはDream11 IPL 2020をオーストラリア、ヨーロッパ、マレーシア、東南アジア(シンガポール以外)、スリランカ、ネパール、ブータン、モルディブ、中央アジア、中央・南アメリカでバーチャル生放送配信します。

この提携について、YuppTVの創立者兼CEO Uday Reddy氏 は、「IPLは過去数年の間にインドで最も愛されるクリケットトーナメントになりました。その試合は、ロックダウンの中、視聴者に新たな感動、希望、そして熱狂をもたらすことになります。スタジアムの人混みからではなく自宅で安全に観戦しながらも、IPLの生の雰囲気をリアルタイムでバーチャル体験できる独自のテクノロジーにより、今年のトーナメントはファンの皆様にとってもさらに熱い試合となります。同放映権は、YuppTVの視聴者数の著しい増加にもつながります。」と述べています。

YuppTVは、南アジア発のコンテンツを対象とする世界最大規模のインターネットテレビおよびオンデマンド配信サービスプロバイダであり、テレビチャンネル250以上、映画3000本以上、テレビ番組100本以上を14言語で提供しています。今回、Dream11 IPL 2020の放映権獲得により、視聴者数がさらに増えたYuppTVは、自宅にいてもあたかもスタジアムで観戦しているかのような、最高のバーチャル体験を実現します。

YuppTVについて
YuppTVは、南アジア発のコンテンツを対象とする世界最大級のインターネットテレビおよびオンデマンド配信サービスプロバイダであり、 テレビチャンネル250以上、映画3000本以上、テレビ番組100本以上を14言語で提供しています。YuppTVは、メディアおよびエンターテインメント業界への投資を目的とする主要グローバル投資企業であるKKRにより設立されアジア全域で事業を展開するエメラルドメディアから、YuppTVの相当数の少数株をエメラルドメディアが5000億米ドルで取得した取引において出資を受けました。エメラルドメディアは、業界屈指のベテランであるRajesh Kamat氏とPaul Aiello氏が、経験豊かな経営幹部とともに統率しています。YuppTV は、米国アラバマ州の先住民族ポーチクリーク部族よりシリーズAラウンドの出資を受けました。

YuppTVは現在、インド国外に居住するインド人視聴者をターゲットとするインターネット有料テレビサービスのトップ1位にランク付けされており、インドのプレミアムコンテンツを配信する最大のインターネットテレビプラットフォームです。

詳細については、 https://www.yupptv.com/cricket をご覧ください。



ロゴ: https://mma.prnewswire.com/media/839837/YuppTV_Logo.jpg
写真: https://mma.prnewswire.com/media/1273500/YuppTV_Dream11_IPL2020.jpg



(日本語リリース:クライアント提供)




page top