HiPhi XがPMLとISDモジュール搭載のプログラム可能でカスタマイズ可能な初のマトリクス照明システムを発表 - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

HiPhi XがPMLとISDモジュール搭載のプログラム可能でカスタマイズ可能な初のマトリクス照明システムを発表



 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009154409-O2-h6JPUnhs

AsiaNet 85581 (1578)

 

【上海2020年9月14日PR Newswire=共同通信JBN】Human Horizonの高級スマート全電動車両ブランドであるHiPhiは、HiPhi XがProgrammable Matrix Lighting(PML)とIntelligent Signal Display(ISD)パネルと搭載するデュアルコア照明モジュールで構成される世界初のプログラム可能かつカスタマイズ可能なマトリクス照明システムを搭載すると発表した。HiPhi Xは道路環境を検知し、それに従って自動的に適応する能力によって、現実の世界に応用できるように設計されている。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200914/2915696-1-a

PMLは、ランプとそのマイクロミラーを直接コントロールできるチップセットが入った内蔵Electronic Control Unit(ECU)を装備する。赤外線カメラが歩行者ないしは車両を検知すると、ECUはインテリジェントアルゴリズムに基づいてミリセカンド以内にソリューションをコンピューターで算出する。照明の方向および照度は、マイクロミラーの角度を調整して変更されるので、結果として、より安全なドライビングのために事実上適切な照明を可能にする。HiPhi Xは、この方法で赤外線暗視テクノロジーとスマートヘッドランプを組み合わせた業界初のモデルである。強力な暗視能力によって、PMLは物体と人をより正確に検知し、照明がいっそう明るく照らすことが可能になる。HiPhi Xは夜間に400メートルの範囲で、歩行者や車両を含む最大6つの存在をリアルタイムで同時に検知できる。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200914/2915696-1-b

照明とミラーをコントロールするメカニズムは、従来の油圧ないしは機械方式ではなく、電圧を利用する。これによって、スピードと精度を大幅に向上させるとともに、サービスライフも向上させる。PMLは、テキスト、画像、ビデオ映像も投影できる。この投影は、フェスティバルのライトショー、カスタマイズ可能なユーザー画像、ムービーなどさまざまな形で使用可能である。

HiPhi Xは、独自のHuman Oriented Architecture(HOA)によって、ユーザーが照明をプログラムすることを可能にする。ユーザーは、編集インターフェースないしはモバイルアプリケーションを使って照明をカスタマイズできる。HOAはオーバー・ジ・エア(OTA)アップデートにも対応できる。

PMLは、車両スピードに基づいて照明を適応させることができる。すなわち、スタンダードロー、ウルトラハイ、スタンダードハイ、クラスターハイの4つのドライビングモードを自動的に切り替える。PMLは、ドライビングコンディションを検知し、車両追跡、軌道予測、車線逸脱警告、車線変更アラートなど6つの独自照明機能に適応する。

HiPhi Xは画期的な液体冷却システムを活用し、異常高温を効果的に除去する。これによって、車両の照明システムは外部温度が低温でセ氏マイナス40℃から高温で100℃まで、正常に機能する。

HiPhi Xは世界初の大量生産ISDも展開している。この車両は1712のLEDで構成される4つのLEDマトリクスを各コーナーに1個ずつ搭載している。ISDスマートインタラクティブライトは、前方衝突警告、後方衝突警告、Uターン方向指示、充電状況モニター、車両ロック注意喚起、リモートコントロール自動駐車モニター、歩行者優先注意喚起の7つの主要ドライビング状況のためにダイナミックなインタラクティブグラフィックスで設計されている。

HiPhi Xは北京で今月開催されるAuto Chinaで発表され、2020年末に生産開始予定で、2021年から発売される。

Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200713/2855724-1LOGO

▽HiPhiについて
HiPhiはHuman Horizonsが創出し、同社のユーザーによって強化される高級ブランドである。HiPhi Xは軽量のハイブリッド・アルミニウム構造で、かつ持続可能な植物由来のレザーとリサイクル可能な素材を使用した電気自動車(EV)であり、持続可能性を高めている。

▽Human Horizonsについて
Human Horizonsは、革新的かつ最先端のインテリジェントモビリティー技術、ならびに未来志向のスマート車両の工業化を研究・開発する目的で設立された。さらに、Human Horizonsはスマート輸送技術を構築してスマートシティーの開発に貢献し、人間のモビリティーを再定義する。

ソース:HiPhi

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=371478
(画像説明:PMLは、テキスト、画像、ビデオ映像も投影できる。この投影は、フェスティバルのライトショー、カスタマイズ可能なユーザー画像、ムービーなどさまざまな形で使用可能である)

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=371480
(画像説明:HiPhi Xは画期的な液体冷却システムを活用し、異常高温を効果的に除去する。これによって、車両の照明システムは外部温度が低温でセ氏マイナス40℃から、高温で100℃でも正常に機能する)

page top