ファーウェイのCatherine Chen氏:共有する未来に向けた共有責任 - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

ファーウェイのCatherine Chen氏:共有する未来に向けた共有責任



 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007302579-O1-ydra0rwp

AsiaNet 84949 (1211)

 
【深セン(中国)2020年7月29日PR Newswire=共同通信JBN】ファーウェイ(Huawei Corporate、華為技術)のCatherine Chenシニアバイスプレジデント兼取締役は29日、オンライン開催のBetter World Summit2020で基調講演を行った。Chen氏によると、多数の国および業界の通信監督機関は協力して、COVID-19パンデミックで生じた共有課題に対処し、あらゆる人々のための包摂的な未来を生み出さなければならない。

このサミットの他のスピーカーには、国際電気通信連合無線通信部門(ITU-R)、Global System for Mobile Communications(GSMA)、European Competitive Telecommunications Association(ECTA)、南アフリカのDepartment of Communications and Digital Technologies、タイの Office of the National Digital Economy and Society Commission、中国のAcademy of Information and Communications Technology(CAICT)、 Germany Association of the Internet Industry(ECO)、ADL.の代表が含まれていた。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200729/2870617-1

▽あらゆる人々のためのより良い未来は共同の取り組みを必要とする
情報技術(IT)はこの30年で急速に発展し、人々の生活と仕事を極めて容易にしてきた。しかし、COVID-19パンデミックは、デジタルインフラストラクチャーが技術発展と同じペースで発展していなかったことを明らかにした。ITUによると、世界人口の半数以上はインターネットアクセスもなく、その他のデジタルテクノロジーへのアクセスもない。各国の経済は停滞し、政府は経済回復戦略にますます関心を深めている。Chen氏は「われわれは、よりコネクテッドでインテリジェント、かつイノベーティブな未来に思いを巡らせている。何にもまして、われわれは、これがあらゆる人々によるあらゆる人々のための包摂的で持続可能、かつより良い未来であることを保証しなければならない」と語った。

▽経済回復に必要なトップダウンの設計図、ボトムアップのクリエーティビティーとバイタリティー
より多くの国・地域が感染対策措置を講じることに成功してCOVID-19の拡大を減速させており、数カ国の経済活動は正常に戻り始めた。複数の政府は、さまざまな刺激策を打ち出したが、ICTは常にこれらの対策で主要な位置を占めた。中国では、New Infrastructure計画は今後5年間かけて5Gだけに投資する1400億米ドル以上を用意した。これは、中国のデジタルエコノミーを2兆米ドル以上も成長させ、国内の経済回復を押し上げると期待されている。EUも経済回復を強化するために1兆1000億ユーロのパッケージを発表した。

Chen氏は「経済を復興させるためには、われわれはトップダウンの設計図とボトムアップのクリエーティビティーおよびバイタリティーが必要である。産業の積極的なデジタルトランスフォーメーションと一体化した政府政策をサポートすることで、デジタル技術の恩恵をすべての産業にもたらし、その効率性を高め、成長を回復させる」と語った。

▽未来のための種子は、ICTを活用して持続可能な未来を実現することによって希望を広める
Chen氏は、急成長する世界のデジタルエコノミーとデジタル技術の欠如の間で広がるギャップに関する世界銀行の最新リポートに触れ「ファーウェイは同社の主要プログラムSeeds for the Futureを推進している。このプログラムは2008年に開始され、地元のICT人材を育成することを目指している。現在、このプログラムは108の国・地域の400を超える大学の3万人以上の学生に恩恵をもたらしてきた。今回のパンデミックのために、われわれはこのプログラムをオンラインに移行し、これまで以上の優れた学生にこのプログラムを開放している。デジタル技術を採用する産業が増えれば、産業は国連の2030 Strategic Development Goals、特に気候変動に関係するGoalsを促進することになる。

Better World Summitは、中国語、英語、スペイン語、フランス語、ロシア語、韓国語、日本語、アラビア語で生中継された。詳細はウェブサイト
https://bws2020.carrier.huawei.com/en/better_world_summit_2020_live.html を参照。

▽ファーウェイについて
ファーウェイは情報通信技術(ICT)インフラストラクチャーおよびスマートデバイスで世界をリードするプロバイダーである。通信ネットワーク、IT、スマートデバイス、クラウドサービスの4主要部門の統合ソリューションによって、完全にコネクテッドかつインテリジェントな世界に向けて、デジタルをあらゆる人々、家庭、組織に提供することにコミットしている。ファーウェイの製品、ソリューション、サービスのエンドツーエンド・ポートフォリオは競争力がありセキュアでもある。エコシステムパートナーとのオープンなコラボレーションによって、顧客にとって持続的な価値を生み出し、人々を支援し、家庭生活を充実させ、あらゆる形態・規模の組織におけるイノベーションを推進することに取り組んでいる。ファーウェイでは、イノベーションは顧客ニーズに焦点を合わせている。基礎研究に重点的に投資し、世界の発展を促進する技術上の躍進に専念している。19万4000人以上を雇用し、170を超える国・地域で事業展開している。1987年に創設されたファーウェイは完全な従業員持株制の民間企業である。より詳しい情報はウェブサイトwww.huawei.com を参照するか、以下をフォロー。

http://www.linkedin.com/company/Huawei
http://www.twitter.com/Huawei
http://www.facebook.com/Huawei
http://www.google.com/+Huawei
http://www.youtube.com/Huawei

ソース:Huawei

画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=368225
画像説明:Catherine Chen氏が基調講演を行う

page top