テンセントゲームズ、年次カンファレンスにおいて新作ゲームおよびパートナーシップを発表 - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

テンセントゲームズ、年次カンファレンスにおいて新作ゲームおよびパートナーシップを発表



【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006291386-O1-3S8FuZTJ

AsiaNet 84569

                                                                                                                                            2020年6月28日
                                                                                                                                     テンセントゲームズ

テンセントゲームズ、年次カンファレンスにおいて
新作ゲームおよびパートナーシップを発表

次世代のインタラクティブ・エンターテインメント体験の実現に向け
40以上の新作ゲームとアップデートおよびファン待望のフランチャイズを紹介

【2020年6月28日 深セン発/PR Newswire】ゲーム開発・パブリッシュ・運用プラットフォームにおいて世界をリードするテンセントゲームズ(本社:中国・ 深セン 、以下テンセントゲームズ)は去る6月27日、オンライン開催された年次カンファレンス「Tencent Games Annual Conference」において、40以上にのぼるゲーム作品のロードマップを発表しました。

高品質なゲームが提供する革新的なプレイ体験の新たな幕開けとなった本発表には、ゲームの自社開発ならびにファンが待ち望んでいた知的財産(IP)のライセンス契約も含まれています。さらに、クロスプラットフォーム市場において、テンセントゲームズが世界的なフランチャイズに適応を進めていることも示しました。

「Spark More!」(もっと刺激的に!)をテーマとした本カンファレンスでは、革新的でエキサイティングなゲーム体験を届けるために、テンセントゲームズが自社開発した新作ゲームに加え、世界有数のIPオーナーやゲームソフト開発会社およびパブリッシャーとの提携も発表されました。

テンセントのシニア・バイスプレジデントであるスティーブン・マー(Steven Ma)は開会にあたり、テンセントゲームズが掲げる戦略の3つの軸をテクノロジー、ゲームプレイ、ストーリーラインであると説明し、これらがゲーム業界を未来への進化へと導くものであると語りました。

https://photos.prnasia.com/prnh/20200628/2843128-1
(テンセント シニア・バイスプレジデント スティーブン・マー)

マーは、「新たなテクノロジーへの人気は世界的な加速を見せ、ゲームプレイのイノベーション・サイクルが短縮され、ストーリーのIP創出がこれまで以上に豊富になっています。ゲーム業界がエキサイティングな可能性に満ちた新しい時代に直面しています。この大きなチャンスを生かし、想像力を育み、クリエイティビティの新たな可能性を探索することで、ゲームコミュニティーに向けて新たな価値を提供できる絶好のタイミングです」と述べています。テンセントはグローバルなコラボレーションを可能にするネットワーク体制を保有し、全世界で100を超えるゲーム会社やスタジオに対して新たなゲーム開発を目的とする技術的リソースを提供しています。

ゲーム業界で最も重要な資源を人材であると考えるテンセントは、将来の成長を牽引する優秀な人材育成のために、世界をリードする複数の大学と協力体制も構築しています。 テンセント・インスティテュート・オブ・ゲームズ(Tencent Institute of Games)が始動したテンセント・ファイヤーワーク・プラン(Tencent’s Firework Plan)によって、人材育成とゲーム業界の創造性の開発に努めています。

テンセントゲームズは、本日の年次カンファレンスにおいて、人気ゲームIPとの新たなパートナーシップと新作ゲームタイトルを発表しました。

・メタルスラッグ系モバイルゲーム(名称未定):テンセントゲームズでゲーム開発を担当するTiMi Studiosは、長期にわたり人気が高いアーケードゲームシリーズ「メタルスラッグ」の新作モバイルゲーム(名称未定)の開発において、株式会社SNKと新たなパートナーシップを締結しました。このゲームは「メタルスラッグ」のアーケードゲームでおなじみのシューティングプレイを、どこででもプレイできるモバイル版として忠実に再現するものとして、新作トレーラーもあわせて公開されました。今回のパートナーシップは、世界中で多くの人々にプレイされている「コール オブ デューティ モバイル(Call of Duty: Mobile)」と「伝説対決 -Arena of Valor」のグローバル展開の実績としてTiMi Studiosが認められた結果、実現しました。

・モバイル版アラド戦記:「アラド戦記(Dungeon&Fighter)」は、世界的に有名なエンターテインメントシリーズであり、モバイル版はオンラインゲームデベロッパーの韓国ネオプル(Neople)社が開発、テンセントゲームズが中国でパブリッシュしています。新たなモバイル版「アラド戦記」は、同シリーズの象徴でもあるアーケードスタイルの2D横スクロールタイプによるアクションゲームプレイを残しながら、深い没入感が味わえるマルチプレイ型RPG(ロールプレイングゲーム)として、絶えず展開が進むストーリーが特徴です。モバイル機器向けに最適化されたモバイル版「アラド戦記」は、シリーズの代名詞でもある、スピード感とおもしろさ、豊富なアクションプレイ体験をお届けします。

さらに、テンセントゲームズは、PCおよびコンソール向けに販売されるFPSゲーム「SYN」のデモを世界で初公開しました。テンセントゲームズのLightspeed and Quantum Studiosが開発を担当し、Epic Gamesのストランドベースで微細な髪の毛を表現するシステムを採用しています。最新鋭のリアルタイム・グラフィクスを深化させ、好奇心を高める印象的なビジュアルにより、サイバーパンクスタイルの世界を作り出しています。

 
テンセントゲームズについて
テンセントゲームズは、世界トップレベルのゲーム開発・パブリッシュを行うとともに運用プラットフォームの提供、中国最大のオンラインゲームコミュニティを運営しています。あらゆるプレーヤーに、高品質で魅力あるインタラクティブ・エンターテインメント体験をお届けすることに注力しています。テンセントゲームズは現在、200以上の国と地域に、140タイトル以上の自社開発およびライセンス契約のゲームを提供し、多くのユーザーにクロスプラットフォームのインタラクティブ・エンターテインメント体験を提供しています。世界で人気の高い代表的なタイトルとして「王者栄耀(Honor of Kings)」や「PUBG MOBILE」、「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)」などを有しています。ゲームのさらなる可能性を追求するため、文学からアニメ、映画、テレビにわたりテンセントの豊富なIPリソースを活用し、テンセントゲームズは高品質なインタラクティブ・エンターテインメント体験を創出していきます。

 
(日本語リリース:クライアント提供)

page top