第4回世界知能大会は天津で開催され、「オンライン」の新しいモードが現れた - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

第4回世界知能大会は天津で開催され、「オンライン」の新しいモードが現れた

AsiaNet 84551

第4回世界知能大会は天津で開催され、「オンライン」の新しいモードが現れた

天津(中国)、2020年6月25日/PRニュースワイヤー/ --

現地時間の6月23日午後、第4回世界知能大会が天津梅地亜大劇場で開幕した。全国政治協商会議副主席、中国科学技術協会の万鋼主席がオンライン開幕式に出席し、主旨報告を行い、天津市委員会書記の李鴻忠氏が挨拶し、中国工程院の李暁紅院長がビデオを通じて大会に祝意を表した。中国科学技術協会の懐進鵬副主席、天津市の張国清市長、国家インターネット情報事務室の楊小偉副主任らが出席した。韓国のソウルの朴元淳市長がビデオ中継であいさつし、世界エンジニア組織連合会のGong Ke会長が司会を務めた。40社の生放送サイトとプラットフォームは同時にオンラインで開幕式とテーマサミットを観覧する総人数は最高5860万人に達し、総観覧量は3.92億人に達した。

万鋼は、今回の大会の成功は天津市と中国科学技術協会が共同で作った人工知能交流のハイエンドプラットフォームであり、さらに中国の人工知能学者と企業が世界に出す協力の招待であると指摘した。共に、「私たちは疫病防止コントロールの中でビッグデータを通じ、ブロックチェーンを利用し、オンラインサービスを革新する。新産業の発展を促進し、さらに全産業チェーンの知能化、デジタル化を推進し、人工知能と実体経済の緊密な結合を持続的に推進する。雇用の新しいプラットフォームを創造し、オープンソースの共有プラットフォームを構築し、『科学革新中国』ブランドを構築する。基礎研究を引続き深化し、世界的な人工知能開発プラットフォームと産業生態システムを築く。人工知能分野の国際協力を促進する。」と言った。

李鴻忠は挨拶の中で、「天津は次世代の人工知能産業戦略配置を全面的に推進し、知能科学技術は天津の高品質発展の核心駆動力となっている。天津はインテリジェント新時代を積極的に抱擁し、第四回工業革命前衛都市の建設を推進し、より大きな一歩を踏み出す。知能科学技術の革新的な都市、知能産業のエネルギー都市、知能発展の生態都市を全力で作り上げ、ビジネス環境を引き続き最適化し、国内外の各方面の知能分野との協力を強化する。」と言った。

李暁紅は、「天津はすでにスマート技術産業をリードし、発展を駆動する新しい道を出てきた。天津智港の発展の見通しは広いだ」と指摘した。

朴元淳は、「今年は天津で5Gのネットワーク規模が構築される重要な年だ。ソウルと天津が交流を強化し、スマート産業のインフラ構築の経験を共有してほしい」と話した。

主題サミットでは、世界の知能科学技術業界、学界の代表が現場やビデオ接続方式で講演した。彼らの中には、中国工程院院士高文就、騰訊公司取締役会会長の馬化騰、マサチューセッツ工科大学物理学部生涯教授のマイク・テグマーク、レノボ会長の楊元慶、インテルの世界副総裁の楊旭、ノーベル経済学賞受賞者のエドモン・フェルプス、アリババグループ技術委員会の王堅、中国工程院外国人院士、図霊賞受賞者のロジャー·リディを含めた。

今回の大会は「スマート新時代:イノベーション、賦能、生態」をテーマに、「会議、展覧、試合+知能体験」「四部分一体」の方式でオンライン推介、オンライン発表、オンライン二国間会談、オンライン知能体験、オンライン知能科学技術展及び世界知能運転挑戦試合、「第五空間」知能安全試合、天津市「海河英才」創業大会など6つのオンラインの試合及び13回のオンラインの平行フォーラムを開催し、オンライン契約と現場契約活動も行われる。

https://mma.prnewswire.com/media/1196451/Congress_Venue.jpg
https://mma.prnewswire.com/media/1196452/Night_view_of_Tianjin.jpg
https://mma.prnewswire.com/media/1196458/The_4th_World_Intelligence_Congress_Logo.jpg

 
▽メディア連絡先
名前:崔可嘉
連絡先:0086-400-019-0516 0086-15120084132
メール:wic@wicongress.org

 
(日本語リリース:クライアント提供)

page top