SIMComがラスベガスで開催のInternational Consumer Electronics Show 2020で輝く - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

SIMComがラスベガスで開催のInternational Consumer Electronics Show 2020で輝く



SIMComがラスベガスで開催のInternational Consumer Electronics Show 2020で輝く

AsiaNet 82467 (0059)


【ラスベガス2020年1月10日 PR Newswire=共同通信JBN】International Consumer Electronics Show(CES)2020が1月7日にラスベガスで開幕し、広範で多岐にわたる展示が非常に多くの展示者や訪問者を引き付けた。SIMComは世界をリードするマシンツーマシン(M2M)無線モジュールとソリューションのサプライヤーとして、十分な誠意と多くの製品をもって出展した。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200110/2686803-1

このショーでSIMComはLTE CAT1モジュールSIM7600NAとLTE CAT4モジュールSIM7600-Hを展示した。これは共に北米向けに設計された4Gマルチバンドモジュールである。LCC+LGAのパッケージにより、この2つのモジュールはB14(AT&T FirstNet)、B71(T-Mobile)、B41(Sprint)、B13(Verizon)といった特別な周波数バンド、そしてmPCIeのサポートで北米の4オペレーターをカバーするいくつかのLTEバンドに対応する。その主要なアプリケーションとしてはライドシェア、スマートホーム、トレースとトラッキング、フリートマネジメントや他のIoT産業などがある。それに加え、このモジュールのATコマンドはSIM7500/SIM7600モジュールに対応する。

SIMComの5GモジュールであるSIM8200G、SIM8300G-M2、SIM8200EA-M2も展示された。これらのモジュールはQualcomm Snapdragon X55 5Gモデムプラットフォームをベースにし、スタンドアロン(SA)と非スタンドアロン(NSA)のネットワーク展開をサポートする。
強調すべき点としては、5G NSAネットワーク上のSIM8200とSIM8300モジュール向けのデータトラフィックがオープンし、SIM8200EA-M2と統合されたネットブックは5Gネットワークに確実に接続でき、これによってNSAネットワーク上のSIMCom 5Gモジュールのデータ通信能力が完全にエンドツーエンドになったことである。

もう1つのハイライトはSIM7070GとSIM7080GといったNBモジュールで、給水サービス、ガス、電池車、煙探知、家電機器などで大きな可能性があることを実証した。

ブース2820のSIMComで詳しいプレゼンテーションと、向上を続けるサービスに関してさらに詳しい情報を得ることができる。

SIMComウェブサイトのフルテキスト・リンク:https://www.simcom.com/mediao/1219-en.html

▽SIMComについて
SIMCom Wireless Solutions Co., LtdはSUNSEA AIOT(002313. SZ)の持株子会社で、マシンツーマシン(M2M)無線モジュールとソリューションで世界をリードするサプライヤーである。SIMComは2002年に創立されて以来、5G、C-V2X、LPWA、LTE-A、スマートモジュール、LTE、WCDMA/HSPA(+)、GSM/GPRS、GNSSモジュールといったさまざまな無線技術プラットフォーム・モジュールと端末レベルのソリューションを全世界で提供している。合計1万以上のB2Bの設置ベース顧客を持つSIMComはエッジネットワークソリューションの積極的なイノベーションに注力している。SIMComのアプリケーションはスマートメーター、バイクシェア、スマートコネクテッドカー、スマートペイ、スマート輸送、ヘルスケア、スマートシティー、セキュリティー、スマート農業などをカバーする。より詳しい情報はSIMComのウェブサイト、LinkedIn、Twitter、Facebookを参照のこと。

ソース:SIMCom Wireless Solutions

画像添付リンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=355442

page top