アエロフロートがグローバルリーダーシップを再確認:World Travel Awards 2019で - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

アエロフロートがグローバルリーダーシップを再確認:World Travel Awards 2019で

アエロフロートがグローバルリーダーシップを再確認:World Travel Awards 2019で

AsiaNet 81945(2419)


【モスクワ2019年11月29日PR Newswire=共同通信JBN】
*World's Leading Airline BrandおよびWorld's Best Business Classを受賞

アエロフロート(Aeroflot)は、権威あるWorld Travel Awards 2019のグランドファイナルで、World's Leading Airline BrandおよびWorld's Leading Airline - Business Classの2つのトップ賞を受賞し、再び世界の航空業界のリーダーとしての地位を確認した。

アエロフロートは、3年連続で世界の航空業界で最も認知度の高いブランドとしての地位を保持し、World Travel Awards史上初で唯一の同タイトル保持者となった。アエロフロートはまた、2年連続でWorld's Leading Airline - Business Class部門を受賞した。

World Travel Awards 2019のグランドファイナルは、11月28日にオマーン・スルタン国のマスカット王立歌劇場で開催された。伝統に従い、第26回World Travel Awardsの式典には、世界の旅行業界、ホテルビジネス、民間航空会社の代表が集まった。

この賞は1993年に英国で設立され、それ以来、非公式ながら旅行業界のオスカーとしての地位を獲得してきた。年間を通して、国、地域、世界の3つのレベルで表彰される。受賞者は、数十万人の旅行専門家と数百万人の旅行者によるオンライン投票によって決まる。カギとなる基準は、商品の質とサービスの質だ。

アエロフロートのビタリー・サベリエフ最高経営責任者(CEO)は「主要なグローバル観光賞であるWorld Travel Awardsの権威ある2つの部門で認められたことは、当社が正しい方向で発展しつつあることをはっきりと示している。当社の最高レベルの商品引き渡し、世界最高の時間厳守率、便利な路線ネットワーク、デジタルテクノロジーの開発への注力。これらすべてが国際的な旅行コミュニティーから積極的に評価されている」と述べた。

今年、アエロフロートはすでに欧州地域のWorld Travel Awards for Europeで、Europe's Leading Airline Brand、Europe's Leading Airline - Business Class、およびEurope's Leading Airline to Asia(欧州-アジアのトランジットのトップ航空会社に対して)の3つの主要部門で賞を獲得している。

▽アエロフロート(Aeroflot)について
アエロフロートはロシアを代表する航空会社で、グローバルなスカイチーム(SkyTeam)加盟航空会社の誇りあるメンバーである。アエロフロートは、54カ国の159都市に運航している。

アエロフロートの249機の保有航空機材は、100機以上の航空機を運航する全世界の航空会社の中で最も機体年齢が若い。2018年、アエロフロートの旅客数は3580万人(子会社を含むアエロフロートグループ全体では5570万人)。

アエロフロートはスカイトラックスにより4つ星航空会社の評価を受けており、2019年スカイトラックス・ワールド・エアライン・アワードで8度目の東欧のベスト・エアラインに選ばれた。アエロフロートはまた、米航空協会APEXから5つ星国際航空の評価を得ている。大手ブランド戦略コンサルタントであるBrand Financeによると、アエロフロートは世界最強の航空会社ブランドである。

詳細はhttp://www.aeroflot.com/ を参照。

ソース:Aeroflot

page top