サウジアラビアが2020年のG20議長国に - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

サウジアラビアが2020年のG20議長国に

サウジアラビアが2020年のG20議長国に

AsiaNet 81955(2417)


【リヤド(サウジアラビア)2019年12月1日PR Newswire=共同通信JBN】
*サウジアラビア王国が2020年のG20議長国に2019年12月1日就任
*サウジはG20議長国として「みんなのための21世紀の機会実現」を重視
*サウジアラビア王国は2019年の議長国日本の業績を称賛し、世界的協力推進の取り組みを支持し続ける

サウジアラビア王国は1日、20カ国・地域(G20)議長国に就任、2020年11月21、22日のリヤドでの首脳会議(サミット)につなげる。サウジはG20議長国として、2019年の議長国日本の業績を称賛し、世界的協力推進のG20の取り組みを支持し続ける。

副首相のムハンマド・ビン・サルマン・ビン・アブドルアジズ・サウド皇太子は議長国就任について「サウジはG20議長国として大阪からの事業を継続し、多国間合意の促進に全力を尽くす。G20の同僚各国と協力し、未来の課題に取り組めるよう具体的行動を起こし、機会を実現するよう努める」とコメントした。

さらに「サウジアラビア王国はアジア、アフリカ、欧州の3大陸の交差点にある。G20主催に当たり、王国は中東・北アフリカ地域の視点を伝える重要な役割を担うだろう。これは王国に世界を迎えて、国際問題で合意を形成するかけがえのない機会になるだろう」と語った。

王国は「みんなのための21世紀の機会の実現」をテーマにG20の事業を進め、3つの目標を重視する:

*すべての人々、特に女性や若者が生活し、働き、活躍できる条件の創出により、人々に自立する能力を与える

*食料・水の安全保障、気候、エネルギー、環境に関する集団的努力の促進により、地球を守る

*革新と技術的進歩の恩恵を共有する長期的で果敢な戦略の採用により、新たな領域を生み出す

G20議長の任期中、サウジアラビア王国はG20が広範で包摂的な国際的視野を確実に反映し続けるよう全力を尽くす。このコミットメントに沿って、王国はヨルダン・ハシム王国、シンガポール共和国、スペイン王国、スイス連邦を招請した。さらに、アラブ通貨基金(AMF)、イスラム開発銀行(IsDB)と、東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国としてベトナム社会主義共和国、アフリカ連合(AU)議長国として南アフリカ共和国、湾岸協力会議(GCC)議長国としてアラブ首長国連邦(UAE)、アフリカ開発の新パートナーシップ(NEPAD)議長国としてセネガル共和国などの地域機関も招請される。

国際機関は歴史的にG20の政策に大いに寄与してきた。2020年に招請される国際機関は国連食糧農業機関(FAO)、金融安定理事会(FSB)、国際労働機関(ILO)、国際通貨基金(IMF)、経済協力開発機構(OECD)、国連(UN)、世界銀行グループ(WBG)、世界保健機関(WHO)、世界貿易機関(WTO)である。

首脳サミットに向けて、サウジアラビア王国は閣僚会議、当局者、Business 20、Youth 20、 Labour 20、Think 20、Civil 20、Women 20、Science 20、Urban 20など民間団体代表の会合を含め100以上の行事と会議を主催する。

議長国のアジェンダや全プログラムを含む詳細はG20ウェブサイトを参照: www.g20.org

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1037650/G20_Saudi_Arabia_2020_Logo.jpg

▽メディア関係問い合わせ先
G20Media@saudisecretariat.gov.sa  
+966-11-829-6129

ソース: G20 Saudi Secretariat

page top