Xinhua Silk Road:2019年中国石炭鉱業博覧会で新しい採炭技術が注目集める - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

Xinhua Silk Road:2019年中国石炭鉱業博覧会で新しい採炭技術が注目集める

Xinhua Silk Road:2019年中国石炭鉱業博覧会で新しい採炭技術が注目集める

AsiaNet 81494(2211)


【北京2019年11月6日PR Newswire=共同通信JBN】Shendong Coal Group Ltd.が開発したインテリジェントな石炭採掘技術は、10月30日に北京で開催された第18回China Coal & Mining Expo(中国石炭鉱業博覧会)で関心を集めた。

この技術は、China Energy Investment Corporation傘下のShendong Coal Group Ltd.とTiandi-Marco Electro-Hydraulic Control System Company Ltd.が共同開発したものである。

博覧会では、コンソールの前に座っているShendong Coal Groupの技術者が幾つかの大規模な高精度カラーLCDスクリーンを通して800キロ離れた採炭作業の現場をモニターすることができる。

Shendong Groupの技術者であるチャオ・ユンフェイ氏は、このインテリジェントな石炭切削技術は世界で同グループによってなされたイノベーションを代表するものであると語り、採炭時の石炭と岩石の識別という長期にわたる問題を解決したと付け加えた。

Yujialiang炭鉱で採炭チームの電気機械操作を担当するチャオ・ユンフェイ氏は、独立した石炭切削と遠隔制御を特徴とするこの技術は、1年以上にわたってYujialiang炭鉱での採炭に使用されていると語った。

この技術者によると、同技術を装備した採炭システムは、採掘面の3D地質モデルと測定されたスキャンモデルを比較して炭層トレンドと採掘面の平坦度のビッグデータを包括的に分析することにより、独立したインテリジェントな石炭切削を実現するための最適化アルゴリズムを開発し、コールカッターのナイフカーブを調整することができる。

チャオ氏は、インテリジェントな石炭切削技術の採用により、必要とされる採鉱労働者の数が63人から49人に減り、露天掘り炭鉱の月間石炭産出量は約30%増の15万トンとなったと語った。

Shendong Groupが予備の5Gインターフェイスを装備した10ギガビットのリング・イーサネット・ネットワークを構築したことが明らかになった。5G時代には、リモートコンソールは鉱山から地上に移動する。

オリジナルリンクはhttps://en.imsilkroad.com/p/309196.html を参照

ソース:Xinhua Silk Road

page top