SHLが台湾の桃園で六福事業所のグランドオープンを祝う - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

SHLが台湾の桃園で六福事業所のグランドオープンを祝う

SHLが台湾の桃園で六福事業所のグランドオープンを祝う

AsiaNet 81420 (2176)

【桃園(台湾)2019年11月6日PR Newswire=共同通信JBN】薬物送達デバイスの設計、開発、製造のグローバルリーダーであるSHL Groupは11月5日、台湾の桃園市で同社の新しい六福事業所の開所式を行った。

Photo-https://photos.prnasia.com/prnh/20191101/2629435-1-a
Photo-https://photos.prnasia.com/prnh/20191105/2629435-1-b

SHL史上最大の施設、六福事業所は6万3000平方メートルの現代的なオフィス空間と高度な製造力を持つ。SHLはすでに60台の全く新しい完全電動射出成形機を設置し、さらにSHL Medicalの自己注射器の大量生産を可能にするよう100台以上に拡大することを計画している。この現場には12台の最先端の完全自動高出力組立装置もある。同施設は最適な生産だけでなく、高度で精度の高い検査・実験装置を用い、SHL Medicalの薬物送達デバイスの品質を確実に維持するよう設計された。

最新鋭のビル、六福事業所はエネルギー効率の良い特徴を備えて設計された。その中でも、完全電動成形機によって生まれた熱は、節電消費の用途に使うことができる。また、同施設はエネルギー消費を自動的に管理するため集中型の監視システムを活用し、効率的な電力の使用を保証している。

開所式には様々な専門家や政府の要人が出席した。台湾立法院の蘇嘉全院長と王美花経済部政務次長も祝いの席に同席した。中央政府と桃園市の役員らは、SHLのロジャー・サミュエルソン創業者とSHL Medicalのウルリッヒ・フェスラー最高経営責任者(CEO)の歓迎を受けた。

SHL Medicalのウルリッヒ・フェスラーCEOは「何十年にもわたる業界の実績を積み、われわれは従業員と施設の前例のない拡大に移行する。六福の施設開設は、当社のビジョンと自己注射器生産前進に対するコミットメントの一環だ。これは何年もかけて患者の自己注射体験を再定義するのに役立ってきた」と述べた。

薬物デバイス業界において30年続く比類なきリーダーシップを祝して、SHLはデジタル技術の到来、そしてその技術が医療の未来にもたらす本質的な利点を歓迎する。ネットワークにつながった治療法を開発する必要性を強く認識しており、SHLはデジタル医療企業と共同してエンドユーザーの薬物デバイス体験を向上させるのに役立つコネクテッドデバイスを確立するだろう。SHLは持続可能な食品生産のための浄水を維持する課題の一部として、太陽光エネルギーの配水システム開発の支援にも意欲的に取り組んでいる。

SHLは六福工場の自動製造業務の開始に準備万端だ。

▽問い合わせ先
Gene Rhode Fuensalida Pantig
+886-3217-0303x1416
media@shl-group.com
https://www.shl.group/

ソース:SHL Group

画像添付リンク:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=349727
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=349985

page top