家族経営者はデジタル時代に繁栄するため次世代リーダーを信頼しなければならない - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

家族経営者はデジタル時代に繁栄するため次世代リーダーを信頼しなければならない

家族経営者はデジタル時代に繁栄するため次世代リーダーを信頼しなければならない

AsiaNet 81483 (2203)


【ロンドン2019年11月6日PR Newswire=共同通信JBN】
*PwCのGlobal NextGen Survey 2019によると、次世代(NextGens)家族経営者の41%は今後5年で管理職に就きたいと願っている

*すでに70%は家族経営に深くかかわっており、48%は重要な社内業務をこなしている

*少数だが無視できない数の人々は、自分に「経営免許」があるとは考えていない

*現世代は、将来のデジタル転換リーダーとして次世代を育むため、今こそ行動しなければならない。

PwCの新報告によると、次世代の家族経営者は自身をデジタル転換の変化をもたらす主体とみているが、現世代リーダーの支援、信頼の増大を求めている。

PwCのGlobal NextGen Survey 2019は、次世代の過半数がすでに家族経営に深くかかわり、半数近く(48%)が重要な社内業務をこなしていると回答したとしている。4分の1(26%)はすでに管理職に就いている。

この関与レベルは、将来の大望にも符合しており、41%が5年以内の管理職を求め、3分の1近く(29%)が多数株主を目指している。

次世代はスキル面で、彼らがもたらす価値を深く信頼している。回答者の3分の2以上は、自身の最大の強み(問題解決とリーダーシップ)が将来の経営状況に不可欠のスキルになるとみている。64%は、将来の経営戦略をデジタル時代に適合させるため、価値を付加できると述べている。

PwCドイツのグローバル家族経営リーダー、ペーター・エングリッシュ氏は以下のように語った。

「調査結果は、次世代が野心的で、家族経営に深くかかわっているという前向きのニュースを強調している。彼らは深刻な破壊と転換の時代に、家族遺産を守る明確な役割をみている。だが、機会不足に妨げられ、不満を抱えていることも分かっている」

「しかし、われわれはこれらの不満が現実的、実際的であることを認めなければならない。次世代が求めているのは、成功するために必要な専門知識と経験を発展させるサポートである。彼らの見方は以下のようにまとめることができる。『自分が求めるリーダーシップの役割を引き受けるのに必要なスキルと経験を得られるように、可能性を解き放つ手助けをしてほしい』」

「彼らはニーズと野心の面で多様なグループである。次世代は、自身のニーズと野心に対する理解を深めるアプローチを必要としており、この調査は彼らがとるべき次のステップの重要なガイドを提供する」

調査はスキル、寄与、キャリア目標に対する彼らの見方に基づいて、次世代の主要な4つの役割を特定している。これらの役割は以下の通り。

*転換者(Transformer):自信を持つ将来のリーダー(回答者の46%)
転換者は家族経営変革のリードを目指し、5年以内の管理職就任を求める可能性が高い(転換者の56% vs. 全回答者956人の41%)。

*執事(Steward):伝統と既存のネットワークを維持(回答者の26%)
執事はほかの次世代と比べて、35歳以上(42% vs. 全回答者の36%)で、管理職に就いている(44% vs. 全回答者の39%)可能性が高い。

*企業内事業家(Intrapreneur):家族傘下のベンチャー経営で自身を証明(回答者の20%)
企業内事業家は変革のアイデアを提案する前に自身を証明する必要があると感じている可能性が高い(27% vs. 全回答者の21%)。

*起業家(Entrepreneur):家族経営の外部で自身の道を追求(回答者の8%)
起業家は自身の事業をリードしたいと望んでいるが、自身を家族経営の将来のリーダーとはみておらず、家族経営の中でガバナンスの役割を望んでいる可能性が高い(たとえば家族会議)。

調査はそれぞれの役割の専門的開発にどうアプローチするか、具体的なガイダンスを提供している。

PwC新ベンチャーの米国・グローバルリーダー、ビッキ・ハフ・エッカート氏は以下のように語った。

「世代を超えたアプローチの重要性を理解することが不可欠である。一部の家族経営は、最大5世代までが1企業で一緒に働いているとみられる。各世代は周囲と衝突する特性があることが多いが、彼らは事業の利益になる知見、経験、スキルも持っている」

「いつ若い人に指揮をとらせ、いつ抑制するかを知って、各世代の最良の特徴を織り合わせることは、単なる生き残りと次世代に繁栄する企業の引き継ぎの違いを生む」

編集者注意:
「Agents of change: Earning your licence to operate」(変革の主体:経営免許の取得)と題するこの調査は5大陸の69カ国・地域、11業界の次世代950人以上から意見を集約した。

報告閲覧はwww.pwc.com/nextgensurvey を参照。

▽PwCについて
PwCが目指しているのは、社会に信頼を築き、重要な問題を解決することである。われわれは、世界157カ国にあるファームのネットワークであり、27万6000人以上のスタッフを抱え、高品質の保険、助言、税務サービスを提供している。詳細およびPwCへの要望については、ウェブサイトwww.pwc.com を参照。

PwCとは、PwCネットワークおよび/ないしは独立法人である1社あるいはそれ以上のメンバーファームのことである。詳細については、www.pwc.com/structure を参照。

(C) 2019 PwC. All rights reserved

ソース:PwC

page top