CenturyLinkが世界の商業ベンダーリポートIDC MarketScapeでリーダーに選ばれました - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

CenturyLinkが世界の商業ベンダーリポートIDC MarketScapeでリーダーに選ばれました

CenturyLinkが世界の商業ベンダーリポートIDC MarketScapeでリーダーに選ばれました

AsiaNet 80883


【モンロー(米ルイジアナ州)2019年10月9日PR Newswire】

*同社は技術革新および成長に効果的な戦略で評価されました

世界の商業コンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)ベンダー分野における初の評価で、業界アナリスト企業IDCは、CenturyLink, Inc.(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2600558-1&h=649309742&u=https%3A%2F%2Fnews.centurylink.com%2F&a=CenturyLink%2C+Inc )(NYSE: CTL)をリーダーに選びました。このIDC MarketScapeリポートは、広範にペアリングされたグローバルネットワークおよびCDNサービスの範囲・規模だけでなく、CDN市場における成長および技術革新に関する戦略でCenturyLinkを評価しました。IDCはCDN市場が2023年までに130億ドルに達すると予測しています。

IDC MarketScape:Worldwide Commercial CDN 2019 Vendor Assessment(Doc # US44842119, August 2019)は以下を参照。http://www.centurylink.com/asset/business/enterprise/report/idc-marketscape-worldwide-commercial-cdn-2019-vendor-assessment-report.pdf

IDCのガッサン・アブド副社長(研究・ワールドワイドテレコミュニケーション担当)は「CenturyLinkがリーダー部門での地位を固めたのは、ビデオ配信イノベーターStreamrootの買収によって顧客向けの多面的なCDN戦略のサポートが促進されたことが主な理由です。CenturyLinkは現在、ピアアシスト型CDNアプローチを実現するメッシュ配信テクノロジーを獲得し、ライブ・リニアおよびオンデマンド・ビデオコンテンツの配信をサポートして世界中のロケーションにこのコンテンツを配信できます、これは重要な差別化要因です」と語りました。

CenturyLinkはアジア太平洋および中南米における拡大計画にフォーカスして、メディア配信、ウェブ配信、デジタルダウンロードを含むCDNのコア能力を拡大しています。さらに同社は、最新のエッジベースサービス提供および強力なパートナーエコシステムの成果として、CDNサービス市場におけるリーダーとして傑出しています。

CenturyLinkのビル・ウォヌートカ副社長(グローバルインタ―ネット・コンテンツ配信サービス担当)は「IDC MarketScapeが今年、当社の製品改革の取り組みを評価してくれたことをうれしく思います。われわれは、技術革新、投資、グローバルネットワークの拡大を継続してリーダーであり続ける所存です。CenturyLinkはグローバルCDNの範囲、規模、性能を推進するために積極的に取り組み、当社のグローバルメディア配信モデルを最大に拡大し世界中に普及させるために投資しています。そしてCenturyLinkは顧客に対し競争相手にまさる優位性を提供する革新的能力を増強するために、CDNポートフォリオを拡大していきます」と語りました。

▽主要ファクト
*CenturyLinkは、世界の120 PoPを通じて120Tbps以上のピーク容量で配信するCDNサービスを提供しています。
*CenturyLinkは2019年、世界最大のメディア企業10社のうちの9社にサービスを提供しています。
*CenturyLinkは、包括的なCDNサービスを提供し、ビデオ配信、ウェブ配信、デジタルダウンロード、ピアツーピア・メッシュ配信、オブジェクトおよびファイルベース・ストレージ、エッジベースDevOpsプラットフォームを含むすべての業種にサービスを提供します。

▽追加資料
*CenturyLinkのCDNサービスに関する詳細はウェブサイトhttps://www.centurylink.co.jp/networking/content-delivery.html を参照。

*Streamroot買収がCenturyLinkの顧客向けOTTコンテンツ配信能力をどのように強化したかについては、ウェブサイトhttp://news.centurylink.com/2019-09-26-CenturyLink-Streamroot を参照。

▽CenturyLinkについて
CenturyLink(NYSE:CTL)は、世界中の企業にハイブリッドネットワーキング、クラウド接続、セキュリティーソリューションを提供しているテクノロジーリーダーです。CenturyLinkは、広範なグローバルファイバーネットワークを通じて、安全で信頼性の高いサービスを提供し、企業や消費者の増大するデジタル需要に対応しています。CenturyLinkは、ネットワーク化された世界への信頼できるつなぎ役となるために努力しており、ユーザー体験を向上させる技術の提供に力を注いでいます。詳細についてはhttp://news.centurylink.com/ を参照ください。

▽IDC MarketScapeについて
IDC MarketScapeベンダー評価モデルは、特定市場におけるICT(情報通信技術)サプライヤーの競合的適応の概要を提供することを目的にしています。調査方法は、定性および定量的基準に基づく厳密な得点法を採用し、特定市場の各ベンダーの地位を単一の図解で説明します。IDC MarketScapeは、ITおよび通信ベンダーによる製品およびサービス提供、能力・戦略、現在および将来の市場成功要因を有意義に比較します。さらにこのフレームワークは、現在および将来のベンダーの長所と短所に関する全角度からの評価をテクノロジーの購入者に提供します。

ソース:CenturyLink, Inc.

▽問い合わせ先
Courtney Morton
+1 801-238-0228
courtney.morton@centurylink.com


Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1006854/centurylink_named_leader.jpg
Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1006890/CenturyLink_positioned.jpg
Logo - https://mma.prnewswire.com/media/134213/centurylink_logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

page top