香港デジタルエンターテインメント協会が東京ゲームショウ2019で初の「香港パビリオン」を開設 - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

香港デジタルエンターテインメント協会が東京ゲームショウ2019で初の「香港パビリオン」を開設

香港デジタルエンターテインメント協会が東京ゲームショウ2019で初の「香港パビリオン」を開設

AsiaNet 80446 (1688)

【香港2019年9月12日PR Newswire=共同通信JBN】
*選ばれた12の香港ゲーム・スタートアップが現地ゲームをプロモート

香港デジタルエンターテインメント協会(Hong Kong Digital Entertainment Association)が企画し、香港特別行政区(HKSAR)政府の創意香港(Create Hong Kong)が後援する「Hong Kong Game Enhancement and Promotion Scheme(香港ゲームの強化と促進計画、(以下「計画」))」は、その第一弾として2019年9月12-15日に開催の、有名な東京ゲームショウ2019で香港パビリオンを開設する。厳選されたゲームのスタートアップがそのゲーム製品を国際的バイヤー、潜在的パートナーにプロモートする便宜を図り、ビジネスチャンスを探るためである。

中国と西洋の文化が結びついたグローバルな大都市として、香港のゲーム産業は常にその多様性、創造性、国際的な雰囲気で有名である。多くの香港製ゲームが国内外の市場進出に成功し、良好な結果を残している。

この計画は東京ゲームショウの香港パビリオン内のブース建築とレンタルに助成金を提供し、香港オリジナルのゲームのプロモーションを支援するという初めての試みである。また、選ばれた各ゲーム・スタートアップの2人分の航空券とホテル代の一部、さらに日本人とのネットワーキングを補佐する現場での日本語通訳サービス全額を負担する。

東京ゲームショウ2019の香港パビリオンの広さは約100平方メートルで、香港製で最新の12のオリジナルゲームを展示する。香港パビリオンは、鮮やかな色彩のデザインで香港からの参加者が際立つように取り組む。東京ゲームショウ2019は最新のゲームトレンドとイノベーションに応えることで選ばれたゲームのスタートアップが彼らの製品をプロモートすることを容易にする。

東京ゲームショウ2019は2019年9月12日から15日まで開催の予定。

「香港パビリオン」に参加の選ばれたゲーム・スタートアップは次の通り。

社名
ゲーム名
ゲームのタイプ

*Anxious Otter games Ltd
Idle Space Farmer(宇宙ファーマー)
シミュレーショ/RPG

*Element Cell Game Ltd
Magic burns 9 times(魔法燒九)
シミュレーション/RPG

*Ember Entertainment Ltd
Realm of Alters
トレーディングカード/RPG

*FEELING GAME COMPANY LTD
Foodie Frog(食通カエル)
アドベンチャー/RPG

*Gamestry Lab Ltd
Balance Breakers(バランス ブレイカーズ)
アクション/eスポーツ

*Genuine Studio Ltd
Dangerous Man(危険な人)
アドベンチャー/パズルビデオ

*Original Workshop Co Ltd
Genki Village(元気動物村)
シミュレーション/パズルビデオ

*Player Two Games
Iron Space(アイアン・スペース)
シミュレーション/アクション

*PLAYMAP LTD
JTS CHALLENGE(JTS大挑戦)
アクション/RPG

*Twitchy Finger Ltd
APEX Racer(アペックスレーサー)
シミュレーション/カーレーシング

*VAR LIVE International Ltd
OVER KiLL EX
シューティング/VR

*Zoomob Ltd
Fall in Love-The Knight Brothers(フォール イン ラブ:貴女の騎士)
シミュレーション/RPG

より詳細はhttps://www.geps.hk を参照。

ソース:The Hong Kong Digital Entertainment Association

page top