MLP Careの力強い成長は2019年第2四半期も続く - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

MLP Careの力強い成長は2019年第2四半期も続く

MLP Careの力強い成長は2019年第2四半期も続く

AsiaNet 80020(1486)


【イスタンブール2019年8月9日PR Newswire=共同通信JBN】トルコの大手民間医療サービス事業者であるMLP Saglik Hizmetleri A.S.(BIST: MPARK)は9日、2019年第2四半期および上半期の決算報告書を発表した。

▽決算概要
*2019年第2四半期の収益は、23%増の8億8900万トルコリラとなった(2018年第2四半期は7億2000万トルコリラ)。運営病院の収益を含めると、2019年第2四半期の収益成長率は25%である。この結果、過去12カ月間における実質成長は15.7%のインフレ率を優に上回った。
*2019年第2四半期の調整済みEBITDA(利払い前・税引き前・減価償却前利益)は21%増加し、EBITDAマージンは15.0%となった。単位原価の上昇にもかかわらず、2019年第2四半期の調整済みEBITDAマージンは、2018年第2四半期と同じ水準に維持された。他の所得/(経費)項目を除くと、EBITDA成長は50%であった。
*事業の良好な業績にもかかわらず、1億3000万トルコリラの財務経費により、2019年第2四半期においては4200万トルコリラの純損失が記録された。
*2019年上半期における純負債/調整済みEBITDA率は2.5倍で、IFRS 16に関連するオペレーショナルリースの下での債務を含めると2.6倍であった。

▽事業概要
*外国メディカルツーリズム(FMT)の収益は強力なマーケティング活動のサポートによって引き続き急成長し、2019年第2四半期においては同社の期待に沿って62%増加した。この結果、全収益におけるFMTのシェアは12%に増加した。
*Pendik、Mersin両病院は、昨年上半期における1150万トルコリラのマイナスのEBITDAに対し、2019年上半期においてはわずか140万トルコリラのマイナスのEBITDAを記録するにとどまった。

MLP Careの会長兼最高経営責任者(CEO)であるムハレム・ウスタ博士は「2019年第2四半期において、われわれは収益およびEBITDAの数字の両方でインフレを上回る実質成長を記録した。われわれの外国メディカルツーリズム(FMT)の収益は、順調な広告努力のサポートにより、われわれの期待に沿って成長し続けている」とコメントした。

トルコの医療保険市場が急成長し続ける中で、トップアップ保険を持つ人の数は2019年6月に初めて100万人以上に増加した。この市場において強力な立場を維持することは、同社にとって誇りの源泉である。4月にBupa Acibadem Sigortaとの間で締結した契約は、民間医療保険分野における同社の成長傾向に積極的に貢献し始めた。

さらに、同社は長期戦略の結果として、デジタル化と人工知能の分野の研究を加速しようと張り切っている。医療部門のリーディングカンパニーの1つとして、同社は、これらの分野での取り組みが同国の主要な医療動向の流れに乗って、医療部門を活性化すると確信している。

▽MLP CAREについて
同社はトルコの17都市に31病院と6000床以上のベッドを有しており、病院数、ベッド数、地理的範囲から見ればトルコ最大の民間医療サービス事業者である。年間200万人以上の人々を治療しており、患者は主に市場の上位・中間層から集まっている。婦人科、心臓病、腫瘍、整形外科、集中治療から臓器・骨髄移植などの複合医療まであらゆる医療サービスを提供している。2019年6月30日現在、同社は2200人以上の医師を含む約2万人の人員を擁しており、フィールドオペレーションを統合し、戦略を設定し、全31病院にわたってリアルタイムのパフォーマンスを監視する本社チームによって運営されている。

会計報告とMLP Careに関する詳しい情報は同社ウェブサイトhttp://investor.mlpcare.com/en/ を参照。

▽問い合わせ先
Dr. Deniz Can Yucel
Strategy and Investor Relations Director
T +90-212-227-5555 (Ext: 1148)
E deniz.yucel@mlpcare.com

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/832651/MLP_Care_Logo.jpg

ソース:MLP Care

page top