JAソーラーが韓国最大のPERC両面二重ガラスPV発電所にモジュール供給 - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

JAソーラーが韓国最大のPERC両面二重ガラスPV発電所にモジュール供給

JAソーラーが韓国最大のPERC両面二重ガラスPV発電所にモジュール供給

AsiaNet 79650(1299)


【北京2019年7月12日PR Newswire=共同通信JBN】高性能太陽光発電(PV)製品メーカーの世界大手であるJAソーラー(JA Solar Co., Ltd.)は12日、韓国最大のPERC両面二重ガラス太陽光発電プラント向けにすべてのモジュールを供給したと発表した。このプロジェクトはPERC両面二重ガラスモジュールのアプリケーションと韓国市場における再生可能エネルギーの発展を大いに推進することになろう。

JAソーラーは2018年12月、PERC両面二重ガラスモジュールに対する韓国規格協会(KS)の製品認証を受けた初のPVメーカーの1つになった。この認証は、JAソーラーの製品が韓国の国家規格に適合することを認証し、韓国市場における同社の競争力とブランド認知を強化する。JAソーラーのPERC両面二重ガラスモジュールは、PVシステムのエネルギー収量をさらに高め、LCOE(均等化発電原価)を効果的に低減し、土地コスト軽減を重視する韓国の顧客に高効率のソーラーエネルギー製品へのアクセス増大を提供する。

同プロジェクトは韓国の全羅南道康津郡に所在し、2段階で建設される2つの2.4MW発電プラントが含まれる。第1段階はすでに完了し、グリッド接続に成功している。この発電プラントは、JAソーラーの両面二重ガラスモジュールを利用しており、高効率のPERC両面電池技術と70%以上の両面受光性ファクターの二重ガラスモジュール構造を備えている。JAソーラーの両面二重ガラスモジュールは、より大きな発電容量、より優れた低放熱性能、PID耐性を備えている。さらにこれらモジュールは、(砂漠や海浜など)厳しい環境や(高温、高湿度など)厳しい気象条件の下でも広く利用することが可能である。権威ある認証テスト機関テュフ ラインランドは、JAソーラーのPERC両面二重ガラスモジュールのエネルギー収量は通常の単結晶モジュール比較して10.5%も高く、発電プラントシステムの信頼性と顧客に対する投資利益率を効果的に保証することを認証した。

JAソーラーのチン・バオファン社長兼最高経営責任者(CEO)は「韓国市場は、高効率ソーラーモジュールに強い関心を抱いている。当社顧客の高まる需要に応えるため、JAソーラーは引き続き高性能PVモジュールの研究・開発と生産に注力する。当社の韓国支店はまた、地域の顧客ニーズに応えるために優れたサービスを提供し、当社のプレゼンスをさらに拡大し、同地域のソーラー産業の発展に貢献することにコミットしている」と語った。

ソース:JA Solar Co, Ltd

page top