Desay SVがCES Asia 2019で最新のインテリジェントドライビングソリューションを発表 - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

Desay SVがCES Asia 2019で最新のインテリジェントドライビングソリューションを発表

Desay SVがCES Asia 2019で最新のインテリジェントドライビングソリューションを発表

AsiaNet 79190(1065)


【上海2019年6月12日PR Newswire=共同通信JBN】自動車エレクトロニクスの大手プロバイダーであるDesay SV Automotive(以下「Desay SV」または「同社」)は、6月11日から13日まで開催のCES Asia 2019で、レベル3自律運転シナリオに基づく最新のインテリジェントドライビングソリューションを紹介している。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190612/2494326-1

人々が同社の技術をより良く理解できるように、CES 2019のDesay SVのブースは、最新のインテリジェントキャビン(車内)システムと、複数のシナリオにわたり人と車を統合するように設計された多角的なテクノロジーを組み込んだインターネット・オブ・ビークル(IoV)に焦点を当てている。

Desay SVのタン・チューン・リム会長は「CES Asia 2019に当社の第3世代のインテリジェントキャビンを紹介できてうれしく思う。未来のインテリジェントキャビンはオリジナルなハードウエア構成とオープンアーキテクチャーソフトウエアを統合した車載エレクトロニクスに基づくものになると当社は考えている。自動車およびインターネット技術の急発展によるこのかつてない機会を利用して、われわれは、探求をさらに前進させ、IoVテクノロジーの実生活への応用を再考し続けることを目指す」と述べた。

5つの典型的な初心者ドライバーのシナリオをシミュレートし、その多様な機能性を実証することにより、Desay SVは、外部のドライバー状況とのより深くかつより豊富なインタラクション(相互作用)に加え、より相互接続された車載コンテクストを創出する第3世代のインテリジェントキャビンおよびシステムの能力を強調している。

インテリジェントキャビンと並行して紹介されているのは、IoV事業区分である。これは、IoVテクノロジー、インテリジェントキャビン、およびインテリジェントドライビングの統合を通じて、Desay SVのバックエンドサービスの情報セキュリティーと持続可能性に関する洞察を提供する。同社の3つの戦略的事業区分の1つとして、現場におけるIoVの適用は、ヒトと車、車と車の間の直観的相互作用、そしてケア、セキュリティー、IoTを伴うスマートトラベルの未来を示している。

CES AsiaにおけるDesay SVの展示ブースでは、ハイテクビデオとサンドボックスディスプレーモードを利用してV2X、前方衝突警報(V2V)、およびカメラ、超音波レーダーなどを備えた交差点衝突警報、自動駐車システムなどの自動運転機能の適用についてシミュレートしている。

タン会長は「CES Asia 2019は、当社の最新のサービスと製品を世界に展示紹介し、顧客や業界リーダーとコミュニケートするとてつもなく大きな機会を与えてくれた。未来の顧客の自律運転サービスに対する需要に応えるため、われわれはIoVの可能性を探求し続け、より優れたドライビング体験を提供し続けるつもりだ」と語った。

▽Desay SV Automotiveについて
自動車エレクトロニクス企業大手の1つであるDesay SV (SZSE: 002920)は、スマートキャビン分野の活発なプレーヤーである。同社は、スマートドライビングとスマートコネクテッドサービスのために革新的でスマートで競争力の高いエレクトロニクスソリューションとサービスを提供している。Desay SVは、フォルクスワーゲン・グループ、マツダ、ボルボ・カーズ、FAW Group(中国第一汽車集団)、SAIC Group(上海汽車集団)、Geely Auto(吉利汽車)、Great Wall Motors(長城汽車)、GAC Group、Chery、NIO、XPENGなどその他多くの国内外のOEM顧客と長期的なパートナーシップを構築してきた。恵州に本社を置くDesay SVは、南京、成都、上海、シンガポール、欧州、日本に研究開発部門とオフィス構えている。

詳細は以下を参照:http://en.desaysv.com/index.php

ソース:Desay SV Automotive

page top