ドイツのジン・ブランド「ジンスター」がアジアに進出 - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

ドイツのジン・ブランド「ジンスター」がアジアに進出

ドイツのジン・ブランド「ジンスター」がアジアに進出

AsiaNet 77367


香港(中国)、2019年2月7日/PRニュースワイヤー/ --

わずか2年間で、シュトゥットガルト・ドライジン(Stuttgart Dry Gin)のジンスター(GINSTR)はドイツで最も有名なジン・ブランドの一つとなりました。このシュトゥットガルト・ジンはこの度アジアでも販売され、卸売・小売の双方で人気を博すと共に世界有数の一流ホテルでのプレミアが行われました。初めてジンスターが定番メニューとなったのは、香港のリッツ・カールトン(Ritz Carlton)です。

ジンスターの創立者であるアレクサンダー・フランケ(34)とマルクス・エッシャー(27)は、1本目のボトルをリッツ・カールトンのバー支配人オスカー・メナ氏に公式に手渡すため、春節の香港に招かれました。ジンスターは、リッツ・カールトン118階、地上490メートルにある世界最上階のバー、オゾン・バー(OZONE Bar)で提供されることになったのです。

高級ホテルチェーンとの提携や香港への招待の基になったのは、先ごろこの種ではアジア最大のコンテストである中国ワイン&スピリッツ賞(CWSA:China Wine & Spirits Awards)でダブルゴールドメダルを受賞したことです。昨年ジンスターはロンドンにおいて90か国600以上のブランドを退け、「世界最高のジントニックのためのジン」としてIWSCジン&トニック・トロフィー(IWSC Gin & Tonic Trophy)を受賞しました。趣味が高じてできたこのブランドは、今なお社内の醸造所で少量ずつ生産し、手作業で番号が付けられています。1回のボトリングは、わずか711本です。

ジンスターは現在、香港および中国をはじめマカオ、ベトナム、シンガポール、韓国で販売。今後2か月間でタイと台湾がこれに加わります。

写真: http://www.epa.eu

ジンスター- シュトゥットガルト・ドライジン
Stuttgart Distillers
Alexander Franke & Markus Escher方
Naststr. 15c
70376 Stuttgart
電話: +49 (0)711/2551218-1
presse@stuttgartdrygin.com
www.stuttgartdrygin.com
www.facebook.com/stuttgartdrygin
www.instagram.com/stuttgartdrygin

(日本語リリース:クライアント提供)

page top