杭州-世界クラスのビジネス環境を創出し、質の高い経済発展を促進 - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

杭州-世界クラスのビジネス環境を創出し、質の高い経済発展を促進

杭州-世界クラスのビジネス環境を創出し、質の高い経済発展を促進

AsiaNet 77009 (0050)

【杭州(中国)2019年1月9日新華社=共同通信JBN】高級レベルの動員会議が11月9日中国東部の杭州で開催され、世界クラスのビジネス環境を創出し、中国の民間経済の質の高い発展に向けたデモンストレーション地区となるよう努力することを提唱した。会議では、政府サービス、投資・貿易、産業開発、起業家精神とイノベーション、エコロジーと生活、法の支配のための環境が焦点となり、6つの主要なイニシアチブと28項目の措置が紹介された。

杭州市発展改革委員会(Hangzhou Municipal Development and Reform Commission)の当局者は「ハードウエア・ソフトウエア環境や産業開発などの数分野を含むこれらの措置は近年、杭州で達成された最も豊かで強力な取り組みであり、新たなエネルギーを杭州に注入し、世界クラスのビジネス環境を創出し、質の高い経済発展を促進することを目標としている」と語った。

杭州は近年、国際的基準、規則、慣行に準拠した世界クラスのビジネス環境を創出すべく懸命に努力し、組織やメカニズムを継続的に最適化し、実体経済の開発をアップグレードし、一流のビジネス環境を備えた質の高い経済発展を促進してきた。このようにして、高水準のビジネス環境と質の高い経済発展とのポジティブな相互作用が徐々に形成されてきた。

チェン・ヤーリン氏がセルフサービスのビジネスサービス端末を通じてビジネス免許を取得するのにわずか30分しかかからなかった。彼女とビジネスパートナーが設立した会社は、Hangzhou Xiasha Science and Technology City(杭州下沙科学技術都市)に首尾よく居を定めた。

ビジネス登記面での改革の促進により、政府サービスに必要なプロセスと時間は大幅に短縮され、新たな市場テーマが生じてきた。2018年上半期だけで前年同期比約30%増の6万4000社の新会社が設立された。杭州はまた、企業の競争力強化を支援するため、減税を推進した。杭州市徴税当局は2018年1-9月の法人税収を前年同期比15.43%削減し、企業の税負担を軽減し、営業コストと金融コストを減らした。

中小企業やニューエコノミー企業については、杭州は、減税、資金面での報奨と贈与などの支援措置に加え、具体的に資金を供与したり、幾つかのガイドファンドを設けた。その中で起業・投資向けガイドファンドは2018年9月までに473件のプロジェクトに投資し、約50億元の社会的投資を引き起こし、社会的資本をイノベーションとビジネスに誘導した。その支援により、クラウド・イノベーション・スペース、テクノロジー・ビジネス・インキュベーター、フィーチャード・タウンなどの「Mass Entrepreneurship and Innovation」のための多くのプラットフォームが立ち上げられた。

さらに、杭州は非地元投資家に投資コンサルティング、投資プロモーション、投資保護など一連の無料の特別サービスも提供している。

これらの支援措置から利益を得た企業の1つは、2010年に設立されたWeDoctorである。WeDoctorは「オンライン病院」の実践企業として、広州市政府の支援で急速に成長してきた。同社は2018年5月「World's Top 30 Most Valuable Private Technology Companies(世界のトップ30の最も価値ある民間テクノロジー企業)」リストに入った世界初のヘルスケア企業となった。今までのところ、WeDoctorの株価時価総額は55億ドルで、世界最大のヘルスケアテクノロジーの「ユニコーン」に成長した。

WeDoctorの創設者リアオ・ジエユアン氏は「政府は太陽と雨に責任を持ち、企業は健全な成長への責任を負っている。これは杭州のビジネス環境を真に描写するものである」と語った。同氏は、自社の特色を発展させることは別として、民間企業にとって最も重要なことは、同じ周波数で政府と共鳴することであると述べた。

「自分の目のように民間経済を大切にし、家族のように民間企業を扱いなさい」。中国共産党浙江省委員会常務委員会委員で杭州市委員会書記のチョウ・ジァンヨン氏は、民間経済は同地域の経済発展のための内生的な力であり、ビジネス環境は民間経済を育み強化する日光、雨、肥沃な土壌であると指摘した。

民間経済が重要な市場の力である杭州では、民間経済の活力や民間企業のトレンドは、杭州のビジネス環境と経済発展の質を見るための風向計である。

網易(NetEase)の会長兼最高経営責任者(CEO)であるディン・レイ氏は「私は、杭州が大好きだ。杭州市委員会および政府のエンタープライズ向けサービスは私を感動させてきた。私の取り組みを通じて杭州のために多くのハイテク企業を生み出すことを期待している」と情熱的に語った。網易は中国の大手インターネット・テクノロジー企業であり、ゲーム、電子商取引、ニュース、電子メール、文化、エンターテインメント、オンライン教育など、さまざまなビジネス分野で良い評判を得ている。

杭州は、ビジネス環境が最適化するに伴い、中国で強力な民間経済を持つ主要都市になりつつある。「2018年の中国のトップ500民間企業」リストのうち、36社が杭州から生まれており、杭州の上場企業の数は16年連続で国内第1位である。

「杭州はビジネス環境最適化のため、質の高い発展を推進する重要拠点と考えられている」。チョウ・ジァンヨン氏は、市政府が効果的な市場と積極的な政府の完璧なコンビネーションを順守し、産業発展の政策システムの改善を継続し「ウェイタースタイル」サービスの提供を続け、企業や起業家の健全な成長に資する環境を創造するためのあらゆる努力を行うと語った。同氏は、彼らが非地元企業を杭州への投資に前向きにさせるだけでなく、地元企業を杭州でより良く発展させ、そして「常緑樹」にするだろうと述べた。

ソース:Hangzhou Municipal Development and Reform Commission

page top