スマートマイクロスピーカー企業のUSoundが2000万ドルの成長資金を調達 - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

スマートマイクロスピーカー企業のUSoundが2000万ドルの成長資金を調達

スマートマイクロスピーカー企業のUSoundが2000万ドルの成長資金を調達

AsiaNet 76524 (2231)

【グラーツ(オーストリア)2018年11月28日PR Newswire=共同通信JBN】MEMSのスピーカー企業USound (https://www.usound.com )は、同社のスマートMEMSオーディオ製品の世界市場への進出を支えるため、2000万ドルの成長投資を調達した。

(Logo: https://mma.prnewswire.com/media/790790/USound_Logo.jpg

USoundは、150以上の特許で保護された世界最小のラウドスピーカーを開発し、量産化している。USoundのスマートデジタルマイクロスピーカーは、革新的なMEMS(マイクロエレクトロメカニカル・システム)技術に基づいており、極小化、際立った音質、最高レベルのエネルギー効率を実現している。USoundのマイクロスピーカーは現在、スマートフォン、イヤホン、拡張現実(AR)用オーディオモジュール、バーチャルリアリティー(VR)用メガネ、多くの消費者ウェアラブル製品のほか、没入型ゲーム体験に最適な3Dサラウンドサウンドヘッドフォンなど広範囲で多数のアプリケーションに実装されている。

USoundは、STMicroelectronics、Flex、AT&Sといった大手のグローバル生産パートナーと連携して、資格要件を満たした半導体サプライチェーンを展開し、このダイナミックで大規模な市場のあらゆる要求を満たしている。

USoundのフェルーチョ・ボットーニ最高経営責任者(CEO)は「当社のスマートシリコンマイクロスピーカーは、生活の多くの場面に影響を与えている。われわれはオーディオ業界全体にパラダイムシフトを引き起こした」と説明する。

このパラダイムシフトは、10月、ロンドンでフロスト&サリバンがUSoundの画期的なMEMSオーディオ技術に対してEuropean Technology Innovation Award(欧州テクノロジー革新賞)を授与したことで実証された。

今回の投資ラウンドは、オーストリアのベンチャーキャピタル企業eQventureと、ARMを共同設立した英国系オーストリア人のベンチャーキャピタリストであるヘルマン・ハウザー氏がリード投資家となっている。

▽USoundについて
USoundは、ファブレスのオーディオ半導体企業で、MEMS(マイクロエレクトロメカニカル・システム)技術に基づいた高性能シリコンスピーカーと高音質サウンドソリューションを提供している。グラーツ、ウィーン、サンフランシスコ、深センに勤務する60人の従業員が世界の顧客に対応し、MEMSスピーカーを使ったまったく新しいスマートオーディオアプリケーションの作成を可能にしている。 詳細は、https://www.usound.com を参照。

▽eQventureについて
 eQventureは、オーストリアのハイテク企業に対し、ビジネスの創業から成長の加速までのあらゆる状況において、成長資本、強力なネットワーク、直接的なサポートを提供している。eQventureは、成長指向のハイテク企業に自身の資金やノウハウを投資して成功した起業家に支えられている。

▽ヘルマン・ハウザー(Hermann Hauser)氏について
 起業家でベンチャーキャピタル投資家のヘルマン・ハウザー氏は、40年以上にわたり世界のハイテク産業で活躍している。同氏の最大の成功の1つは、英国の半導体デベロッパーARMだ。同社の半導体設計は今日、あらゆるスマートフォンで使われている。ARMは2016年、日本のIT大手ソフトバンクに314億ドルで売却された。


ソース:USound GmbH




page top