AngelがGPIC買収へ - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

AngelがGPIC買収へ

AngelがGPIC買収へ

AsiaNet 76502 (2222)

【ラスベガス2018年11月28日PR Newswire=共同通信JBN】Gaming Partners International Corporation(NASDAQ: GPIC)(以下「GPIC」)は28日、Angel Holdings Godo Kaisha(以下「Angel」)と合併契約を結んだと発表した。これにより、AngelはGPICを約1億1000万ドル相当の現金取引で買収する。GPIC株主への対価は、GPIC普通株1株に対し現金で13.75ドル。合併契約はGPIC取締役会(以下「取締役会」)の社外取締役による特別取引委員会と取締役会全体会議がいずれも全会一致で承認した。さらに、GPICの発行済み株式の約51%を保有する株主らが取引に賛成する議決権契約に署名した。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/370198/gaming_partners_international_corporation_logo.jpg

▽取引の詳細
合併契約の条件によると、GPICの株主は1株につき13.75ドルの現金支払いを受ける。取引完了で、AngelはGPICを100%保有する。

合併契約には「ゴーショップ」条項があり、それに基づき、契約に含まれる一定の制約と条件に従い、GPICとその取締役会は2019年2月2日まで、この合併案に対する代替案を提示する関係者に積極的に接触し、提案を受け、評価し、可能性として交渉を始めることができる。Angelが合併契約で同意したものよりGPIC株主にとって有利な提案を誰かがしないという保証はない。GPICは取締役会が有利な可能性がある提案に関して決定しない限り、また決定するまで、この提案についての進展を公表しない。

2019年に完了する予定の取引はGPIC株主とゲーミング規制当局に承認され、他の通常の取引完了条件を満たす必要がある。

▽顧問
B. Riley FBR, Inc.がGPICの財務顧問、Saul Ewing Arnstein & Lehr LLPとHolland & Hart, LLPがGPICの法律顧問を務めている。

▽ANGEL HOLDINGS GODO KAISHAについて
Angelはゲーミング業界と小売市場向けにトランプとカードゲームを製造、販売している。カジノのトランプとテーブルゲーム設備の世界的大手であるAngelには、ベストセラーのAngel Protect Pre-shuffled Cards、エレクトロニックシューズのAngel Eye(R)シリーズなど、多くの画期的イノベーションがある。Angelの本社は日本の京都にあり、日本とシンガポールに製造施設を持つ。米国、マカオ、オーストラリア、フィリピンにも事務所がある。

▽GPICについて
GPICは世界中の認可カジノ用のテーブルゲーム設備を製造、供給している。Paulson(R)、 Bourgogne et Grasset(R)、Gemaco(R)、Dolphin(R)、Bud Jones(R)のブランド名で、GPICはチップ、プラク、ジェトンなどのカジノ用代用通貨、トランプ、テーブルレイアウト、ゲーミング家具とテーブルアクセサリー、サイコロ、ルーレット盤を供給する。GPICはカジノ代用通貨に無線周波数識別装置(RFID)技術のようなセキュリティー機能を利用する先駆者で、RFIDリーダー、ソフトウエア、ディスプレーを含むRFIDソリューションを提供している。GPICはネバダ州ノースラスベガスに本社があり、フランスのボーヌ、メキシコのサンルイスリオコロラド、ミズーリ州ブルースプリングズ、ニュージャージー州アトランティックシティー、ミシシッピ州ガルフポート、中国のマカオ特別行政区に施設を持つ。詳細は次を参照:www.gpigaming.com

▽取引に関する重要な追加情報と入手先
この文書はGaming Partners International Corporation(「GPIC」)とAngel Holdings Godo Kaisha (「Angel」)に関係する合併取引提案(「合併」)についてのものである。この文書はいかなる証券の売買のオファーも、いかなる議決または承認も求めるものではない。

取引案に関連して、GPICは証券取引委員会(SEC)に委任勧誘状と他の文書を提出する。GPICの投資家と株主はいかなる投票態度決定の前にも、GPIC、Angelと合併に関する重要情報を含む正式の委任勧誘状を入手した際、注意深く読むよう要請する。

正式の委任勧誘状と委任状書式が、取引の承認を求めるためGPIC株主に送付される。この報道用発表は、委任勧誘状、またはGPICが取引案に関連してSECに提出するいかなる他の文書の代替でもない。GPICの投資家と株主はSECに提出される委任勧誘状と他のいかなる関係文書、さらにこれら文書のいかなる修正、補足も、取引案に関する重要情報が含まれているので、入手すれば注意深く全体を読むよう要請する。GPICがSECに提出する正式の委任勧誘状(入手可能になれば)と他の文書は、SECのウェブサイトwww.sec.gov で無料で入手できる。さらに、GPICの提出文書はGPICからもwww.gpigaming.com で無料で入手できる。

▽勧誘の参加
GPICとその各取締役、役員、他の経営幹部や従業員はSECの規則に従い、合併に関連した委任勧誘の「参加者」と見なされる。勧誘の「参加者」となり得る人物の利害関係に関する情報は、SECに提出される際に委任勧誘状に記載される。GPICの経営幹部と取締役に関する詳細な情報は2018年4月18日にSECに提出された正式の委任勧誘状に記載されている。

▽問い合わせ先
info@gpigaming.com

ソース:Gaming Partners International Corporation

page top