Makeblockが3億人民元のシリーズC資金調達完了を発表 - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

Makeblockが3億人民元のシリーズC資金調達完了を発表

Makeblockが3億人民元のシリーズC資金調達完了を発表

AsiaNet 74949 (1493)

【深セン(中国)2018年8月30日PR Newswire=共同通信JBN】
*調達資金はR&D、マーケティング、グローバル活動の加速に使用

STEAM教育ソリューションの大手プロバイダーであるMakeblockは30日、3億人民元(4400万米ドル)のシリーズC資金調達をこのほど完了し、総資金調達額は25億人民元(約3億6700万米ドル)に達したと発表した。今回のシリーズC資金調達を主導したのはCICC ALPHA。Yuexiu Industrial Investment Fund、GX Capital、Everest Capital(LMFVC)も資金調達に参加した。For-CapitalはFAである。

Makeblockはこの資金を使い、研究開発、マーケティング、子会社活動を加速する。同社は今年10月に新製品を発表する予定。Makeblockの王建軍・創設者兼最高経営責任者(CEO)は「われわれは、家庭用、学校用により閾値の低い製品を導入する予定だ。われわれは、ソフトウエア-ハードウエア・ソリューション、システマティック教育ソリューション、世界的ロボット競技会の3本の柱からなる戦略により過去1年間にわたり欧州、アジア太平洋、米州、中国で市場シェアの急速な拡大を経験してきた。現在、製品ポートフォリオを拡大し、最新の技術を当社のSTEAMソリューションに統合する勢いが大きく増している。当社は、より良い製品とサービスを地元ユーザーに提供することに専念している」と語った。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180830/2224571-1
写真説明:MakeblockのSTEAM教育ソリューション

MakeblockのSTEAMソリューションは米国の2018 Family Choice Awards(2018年ファミリーチョイス賞)、Gold Edison Awards(エジソン賞・ゴールド)、IDEA Gold Award(IDEA賞・ゴールド)、CES Innovation Awards(CESイノベーションアワード)、ドイツのIF Design Award(IFデザイン賞)、Red Dot Product Design Award(レッドドット・デザイン賞)、フィンランドのKokoa Education Standard Certification(Kokoa教育標準認定)、韓国のK-Design Gold Award(Kデザイン賞・ゴールド)、日本のグッドデザイン賞などの9つの国際的賞を受賞している。

Makeblockは現在まで、米国、オランダ、日本、香港に500人の従業員と子会社を擁する多国籍企業になっている。同社は1600超のグローバルチャネルパートナーと協力し、140超の国・地域で事業および、マイクロソフトおよび、日本のソフトバンクC&Sなどの戦略的パートナーと協力を展開してきた。フランスの7000の中等学校と香港の中等学校の50%以上を含む世界中の2万以上の学校が、MakeblockのSTEAMソリューションから利益を得ている。Makeblockのメキシコ・ハリスコ州教育省とのロボット教室はギネス記録を更新し世界最大となっている。同社は南極大陸では、唯一選択されたロボットブランドとしてAntarctica Education & Research Program(AERP、南極教育研究プログラム)に参加した。アフリカでは、RobotsMali National Collaborative Robotics Education Centerの公式サプライヤーであり、NOSI(the Operational Nucleus of the Information Society)と協力し、カボベルデでSTEAM教育ギャップを埋めている。

www.makeblock.com

ソース:Makeblock


page top