グリーンな成長、グリーンな生活:徳州で開催されたSolar Decathlon China 2018 - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

グリーンな成長、グリーンな生活:徳州で開催されたSolar Decathlon China 2018

グリーンな成長、グリーンな生活:徳州で開催されたSolar Decathlon China 2018

AsiaNet 74916 (1490)

【徳州(中国)2018年8月30日新華社=共同通信JBN】あなたが夢の家はどんな家だろう。 SF、グリーンエネルギー、コネクティビティー技術、そんな未来の家が8月3日から17日まで中国山東省徳州で開催されたSolar Decathlon China 2018(SDC2018)でこのほどお目見えした。

Solar Decathlon(SD)は、大学間で学生チームが実物大のソーラー発電住宅の設計・建設を競う国際的な競技大会。世界をリードする研究開発チームの技術とイノベーションを用いて、太陽光エネルギー、省エネ、建築設計を新たな方法で統合し、快適で住みやすく、持続可能で完全に機能的なソーラー住宅を設計、建築するのがSDの目的だ。

SDC2018競技大会は、「グリーンな成長、グリーンな生活」をコンセプトに徳州市政府が開催した。8カ国・地域の34校から19チームが参加、恒久的に使用できる120-200平方メートルの1階または2階建てのソーラー住宅を建築するという課題に取り組んだ。それぞれの家には、ソーラーエネルギー機器だけで作動するテレビ、冷蔵庫、洗濯機、コンピュータなどすべての必須家電製品が備え付けられることとされた。

学生の設計は地方の再生戦略に価値のある参考材料を提供し、将来的な都市開発や高齢化の影響といった差し迫った社会的課題のソリューションを提示した。

Team SEU-TUBS(東南大学・ブラウンシュバイク工科大学)は、家の建築に使用したレンガに作物の茎を混ぜ混んだ(茎の混成率は65%)。それは通常のレンガよりも頑丈かつ軽量なレンガだった。Team THU(清華大学)は、集水・自浄システムを組み合わせ、雨水を効率的に飲料水に変換した。Team B&R(香港大学・北京建築大学)が設計した(S)LOW ハウスは、人々の自然とシンプルライフへの回帰を狙った。また、Team XJTU-WNEU-POLIMI(西安交通大学・ウエスタンニューイングランド大学・ミラノ工科大学)の設計したGenerationsは、高齢者向けビラ・コミュニティーとスマートホームのデザインに重点を置いた。

ソース:Dezhou Municipal Government

画像添付リンク:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=318358
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=318362
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=318365
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=318366
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=318367



page top