味の素アルテアがサンディエゴで創業20周年と新施設の開設を祝う - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

味の素アルテアがサンディエゴで創業20周年と新施設の開設を祝う

味の素アルテアがサンディエゴで創業20周年と新施設の開設を祝う

AsiaNet 74896 (1479)

【サンディエゴ2018年8月27日PR Newswire=共同通信JBN】契約開発・製造企業大手の味の素アルテア社(Ajinomoto Althea, Inc.、以下「アルテア」)は創業20周年を祝い、サンディエゴのライフサイエンス業界の真のアンカー役となった。同時に、アルテアは既存のキャンパス近くの6175 Lusk Blvdに位置する新しい最先端のAntibody Drug Conjugate(ADC、抗体薬物複合体)およびHighly Potent Fill and Finish(極めて強力なフィル・アンド・フィニッシュ)の施設の開設式を行った。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/171352/ajinomoto_althea_inc_logo.jpg

この製造施設には、バイオコンジュゲーション、製剤、精製、品質管理および凍結乾燥を含む無菌フィル・アンド・フィニッシュ(充填および最終製剤化)のためのそれぞれ専用の区域が含まれている。この5万7000平方フィートの施設により、アルテアは顧客に対し、米国の単一の場所から簡略化された製造サプライチェーンサービスを提供することが可能となる。このことは急速に成長しているバイオ医薬品市場のセグメントを安全に製造するニーズに対処する重要なステップを意味している。ADCおよびHPAPI(高薬理活性原薬)を製造するには、これらの強力な治療法の安全な取り扱いを保証する特殊な施設やインフラストラクチャーが必要である。この施設は、商業的に承認、認可されたプログラムを通じて早期臨床段階に適合することができる。

イベントでは、アルテアの20年間にわたるサンディエゴでのバイオテクノロジー開発および製造サービスを祝い、味の素株式会社社長やアルテア社長兼最高経営責任者(CEO)、サンディエゴのケビン・フォルコナー市長を迎えてリボンカット式などの祝典を行った。

フォルコナー市長はあいさつで「20年間でアルテアは当市とその地域で成功し、有名になった。アルテアは市の経済推進に役立っているし、その従業員はボランティア活動で地域社会に還元している。また、アルテアは味の素のようなグローバルパートナーを引き付け、サンディエゴ地域にさらに多くの投資を行った。これは1つの成功物語であり、この新しい施設により、それはさらに素晴らしいものとなろう」と述べた。

アルテアのJ・デビッド・エンロー・ジュニア社長兼CEOは「サンディエゴで20周年を祝うのに、新しい施設を開設することよりも良い方法は考えることができなかった。われわれは、過去20年間にわたり当社が経験した成長発展を大変誇りに思うとともに、この新しい施設の開設により次の成長の段階に入ることに興奮している。これらの施設は全て、世界中の患者に入手可能な最先端の治療法を提供するという当社の最終目標に寄与するものだ。私はまた、この施設を可能な限り最も環境的に持続可能な手段で運営するために複数の戦略を組み込むことができたことをうれしく思う」とコメントした。

▽味の素アルテア社(Ajinomoto Althea, Inc.)について
アルテアは、カリフォルニア州サンディエゴにある完全統合された契約開発・製造企業で、臨床・商用製品開発・製造サービスを提供している。アルテアは、小瓶充填、注射器充填の両方のcGMP製剤と、微生物由来の組み換えタンパク質、プラスミドDNAを製造している。これらの製造事業に関連し、アルテアは上流・下流プロセス開発、分析開発、複雑な配合、製品リリース、ICH準拠の安定性試験など、包括的な開発サービスを提供している。アルテアの製剤技術プラットフォームには、高濃度あるいは徐放性製剤として納品しなければならない大分子製品向け製剤ソリューションを提供する独自技術Crystalomics(R)が含まれる。アルテアはまた、Corynex(R)技術と呼ばれる革新的で実績のある組換えタンパク質発現技術を保有している。詳しい情報は、www.altheaCMO.com を参照。

ソース:Ajinomoto Althea, Inc.

▽問い合わせ先
info@AltheaCMO.com

page top