LONGi Solarのハーフカット単結晶PERCモジュールが360Wを超え、世界新記録を樹立 - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

LONGi Solarのハーフカット単結晶PERCモジュールが360Wを超え、世界新記録を樹立

LONGi Solarのハーフカット単結晶PERCモジュールが360Wを超え、世界新記録を樹立

AsiaNet 73234

【西安(中国)2018年4月25日PR Newswire】 LONGi Solar(ロンジ・ソーラー)は24日、同社の120セル・ハーフカット単結晶PERCモジュールが、テュフズード(TUV-SUD)の認証において、360W(ワット)を超えたと発表した。これは、120セル・ハーフカット単結晶PERCモジュールの最大出力の世界新記録であり、LONGiとしては60セル単結晶PERCモジュールによる出力と変換効率の世界記録に次ぐものである。

LONGiのPERC技術への並外れた注力は、LCOE(Levelized Cost of Electricity、均等化発電原価)を大幅に引き下げ、それによって太陽光発電(PV)のグリッドパリティを前進させ、技術的な水準を引き上げている。PERCは、特に中国の「トップランナー」プロジェクトにおいて、中心的な技術ポイントとして浮上してきた。専門家は、PERCが2020年までに、年間生産能力65GW、出荷の約40%を占めると予測している。

LONGi Solar副社長のジュン・リー博士は「LONGi Solarの120セル・ハーフカット単結晶PERCモジュールは、当社の代表的なPERC技術を応用している。平均的なセル効率は22%に達し、初年度の劣化は2%以下、年間0.55%未満で安定化する。PERCは低照度条件下での発電性能の向上が実証されており、また、 ハーフカットセルにしたことでホットスポットへの耐性も良くなっている」と説明した。

LONGiは、同社の太陽電池生産ラインの改良を加速しており、年内にPERCへの移行を完了する見込みである。同時に、戦略的な協力関係を通じて、8GWのPERCセルの供給能力は、高効率製品に対するマーケット需要に完全に応えられるであろう。同社は段階的に世界記録を達成した単結晶製品の量産態勢に入っていく。

LONGiは、ワールドクラスの技術志向PVメーカーであることの誇りを持ち、そして、単結晶産業チェーン全体にわたる強力なR&D投資を通して、イノベーションをコミットしている。R&D支出は過去5年に23億8000万人民元(約380億円)、2017年単年では11億800万人民元(約177億円)となる。太陽光発電のR&Dにおいて世界最高の投資をするメーカーとしてLONGiは業界で認識され、そして注目されている。

LONGi Solarの李文学社長は「LONGiは高出力と高効率との間の良好なバランスを達成し、その両方に注力し、先導している。高効率かつ高品質な製品の推進者そして先駆者として、当社のPERCモジュールは、顧客に高い価値と投資収益率(ROI)をもたらし、よりクリーンな電力を生み出し、そして、グリッドパリティと世界的なクリーンエネルギーの持続可能な開発を効率的に前進させている。」と語った。


(日本語リリース:クライアント提供)


page top